10分でわかるマリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方!SPGアメックスを活用する5つの方法を解説

アメックスから直接発行されているカードの中でもっともポイント還元率が高いスターウッド・プリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(通称「SPGアメックス」)。

このカードはマイル還元率1.25%。しかもANAやJALといった特定の航空会社のマイルではなく、ポイントを提携40社ものマイルに移行できる柔軟さが大きな魅力です。

この1.25%という還元率、ANAやJALなど航空会社がクレジットカード会社と提携して発行しているクレジットカードとくらべても引けをとりません。

どれくらい引けを取らないのかというと、マイルを貯めやすいANAカードやJALカードの還元率は以下のとおり。

ANAカードやJALカードのマイル還元率
  • ANA VISAワイドゴールドカード・・・マイル還元率1~1.6%
  • JALカード・・・マイル還元率1%

航空会社ANAが提携しているクレジットカードですら、マイル還元率は最高で1.6%、JALマイルに至ってはJALカードよりもこのSPGアメックスの方がマイルを貯めやすいという現象すら起こっています。

そして、SPGアメックスの最大の特徴は、ポイントをANAとJAL両方のマイルに移行できる希少なカードであること。

旅行の行き先や日程によってANA便とJAL便を使い分けたいとき、ポイントをどちらのマイルにでも移行することができるわけです。

ただ、SPGアメックスのポイントプログラムは「マリオット・ボンヴォイ・ポイント」。ほかのアメックスとまったく異なります。

これは、世界一のホテルグループであるマリオット・インターナショナルのポイントプログラムで、SPGアメックスの決済だけでなく、ホテル(マリオット・インターナショナル)の宿泊でも貯まるほか、何とポイントの購入までできてしまうポイント・プログラムなんです。

このマリオット・ボンヴォイ・ポイントは、貯め方さえわかれば効率的にポイントを貯めることができるのですが、いろいろな貯め方があってやや分かりにくいのが難点…。

そこでここでは、SPGアメックスのポイント・プログラムであるマリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方についてくわしく説明します。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントについて理解すれば、アメックスの中でもっともポイント還元率が高いSPGアメックスをフル活用できることは間違いありません。

年会費 31,000円+税
家族カード年会費 15,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム Marriott Bonvoy
100円=3ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA・JALなど40社以上
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込み&3か月間の利用金額で最高30,000ポイントプレゼント!

マリオット・ボンヴォイ・ポイントの特徴3つ

マリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方を説明する前に、一体このポイント・プログラムは一体なんなんだ?という点について説明したいと思います。

冒頭でも少し触れましたが、このポイントは世界一大規模な(=ホテル数が多い)ホテルグループである「マリオット・インターナショナル」のポイント・プログラムです。

日本で「マリオット」というとあまり聞き慣れませんが、「ザ・リッツ・カールトン」や「都ホテル」などがマリオットのグループに所属しています。特にリッツ・カールトンは国内でもトップクラスの高級ホテルなので、名前を知らない人はまずいないのではないでしょうか?

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは、基本的にはマリオットグループのホテルに宿泊することにより貯まり、貯めたポイントはホテル宿泊やマイル移行で活用できます。

ここでは、そんなマリオット・ボンヴォイ・ポイントの大きな特徴を3つ紹介します。

特徴その1:ホテル宿泊だけでなく高レートでマイル移行できる

ANAとJALを含む40社もの航空会社のマイルに移行できる!

マリオット・ボンヴォイ・ポイントのもっとも大きな特徴は、先ほども少し触れたようにマイルにも移行できること。

ホテルグループのポイント・プログラムなのでホテル宿泊に利用できるのは当然なんですが、世界中の40社もの航空会社のマイルに高レートで移行できるのは大きな魅力です。

さらに、マイル移行できる航空会社に日本のANAとJALの両方が含まれているのも注目すべき点。

また、ほかにもアメリカ最大のデルタ航空やどのアライアンスにも加盟していないハワイアン航空など、世界中の多くの航空会社が含まれています。

マイレージプログラム1マイルを得るために
必要なポイント数
ANAマイレージクラブ(全日空)3
日本航空(JAL)マイレージバンク3
エーゲ航空3
アエロメヒコクラブプレミア3
アエロプラン/エアカナダ航空3
エアベルリン3
中国国際航空コンパニオン3
ニュージーランド航空&エアポインツ195
アラスカ航空マイレージプラン3
アリタリア航空ミッレミリア3
アメリカン航空アドバンテージ3
エアアジアマイル3
アシアナ航空3
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ3
中国東方航空3
中国南方航空スカイパールクラブ3
デルタ航空スカイマイル3
エミレイツスカイワーズ3
エティハド航空3
フライングブルー3
Golスマイル6
海南航空3
ハワイアン航空3
ラン航空ランパスキロメートル2.25
ジェットエアウェイズ3
大韓航空3
マイルズ&モア3
カタール航空3
サウジアラビア航空3
シンガポール航空クリスフライヤー3
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス3
ユナイテッドマイレージプラス6
フライングクラブ(ヴァージンアトランティック航空)3
ヴァージンオーストラリア3

これだけの航空会社のマイルに移行できれば、数少ない海外旅行の機会で航空会社に縛られることなくポイントを活用できますね。

ANAマイルやJALマイルなど決まったマイルを貯めていると、マイルを活用するために旅行の日程をマイルで予約できる便に無理やり合わせなければならない場面もでてきます。たいていの場合、海外旅行に合わせて仕事の休みを取らなければなりません。これはかなり窮屈ですよね…。

その点、マリオット・ボンヴォイ・ポイントなら複数の航空会社から旅行の日程にあった便を選んでマイル移行できるわけです。

マイルを貯めるのはフライトよりも日常生活でのカード利用が主だという方にとっては、マリオット・ボンヴォイ・ポイントは実用的だと言えます。

特徴その2:ポイント有効期限は実質無期限

そして、マリオット・ボンヴォイ・ポイントの2つ目の大きな特徴、それは有効期限が実質無期限だということ。

「実質」という言葉が気になる方が多いと思いますが、このポイントは有効期限が無期限だと思って問題ありません。マリオット・ボンヴォイ・ポイントの有効期限は「最後にポイントの増減があってから1年間」。

つまりTポイントやPontaポイント、楽天スーバーポイントなどと同じしくみなんです。

SPGアメックスでたった100円決済するだけでマリオット・ボンヴォイ・ポイントが加算され、ポイント有効期限が1年間延長されます。そのため、SPGアメックスをメインカードとして使っていれば、有効期限は絶対に切れません

SPGアメックスはマイルが無期限に貯められる希少カード

ここまで説明したとおり、マリオット・ボンヴォイ・ポイントは有効期限がないと言ってしまってもいいポイントプログラム。

このポイントは先ほども説明したとおり40社もの航空会社のマイルに移行できることから、SPGアメックスは無期限にマイルを貯めることができるクレジットカードだと言えます。

普段飛行機で旅行に行く機会がなく、クレジットカードの利用だけでマイルを貯める方にとっては有効期限は重要です。せっかく特典航空券を手に入れることができるだけのマイルを貯めても、旅行に行く時間が取れずに失効…。

これって、「あるある」なんです。

その点、SPGアメックスは有効期限を気にせずにいつかは必ずマイルを特典航空券に交換できるのが大きな魅力です。

なお、マイル還元率が1%と高い上にANA・JALマイルを無期限に貯められるクレジットカードって、意外とありません。

SPGアメックス以外でANAマイルを有効期限無期限に貯められるのはANAアメックスANAダイナースカードくらいです。

また、JALマイルが無期限に貯まるカードは、実質的にありません。(1種類だけ「JALカードnavi」があるにはあるが、このカードは学生専用です…)

そのため、日常生活だけでANAマイルやJALマイルを貯めるなら、SPGアメックスがもっとも適している、というかSPGアメックスしか選択肢がないと言えます。

特徴その3:1ポイント=約0.3~0.5円の価値

ここまで説明したとおり、マリオット・ボンヴォイ・ポイントは有効期限を気にせずマイル移行できる、とてもメリットの大きいポイント・プログラムです。ただ、このポイントは1ポイントの価値がわかりにくいという、ちょっとしたデメリットがあります。

結論から言うと、マリオット・ボンヴォイ・ポイントの価値は使いみちによって変わります。具体的には以下のとおり。

マリオット・ボンヴォイ・ポイント1ポイントの価値
  • マリオット・インターナショナルの宿泊に利用…1ポイント約0.5円〜1円
  • マイル移行…1ポイント約0.4円
キタ
SPGアメックスの特徴は、マリオットの宿泊に使ったら還元率が何と3%!さらに無期限でANA・JAL両方のマイルを還元率1.25%っていうことの2つ。

SPGアメックスはマリオットに興味がある人はもちろん、そうでなくてもマイルを貯めるのにホンマに最強のカードやね!

なお、マリオット・ボンヴォイ・ポイントの活用方法については、別のページでくわしく説明しています。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方5つ

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは貯め方が豊富で購入もできる!

ここまでマリオット・ボンヴォイ・ポイントの特徴について説明しました。

このポイントはSPGアメックスの利用100円=3ポイントが貯まるんですが、実はほかにもポイントを手に入れる方法があります。

以下のようにホテル宿泊や提携航空会社の利用、さらには購入までできてしまうんです。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方5つ
  1. SPGアメックスで決済
  2. マリオット・ボンヴォイ参加ホテルに宿泊
  3. ポイントを直接購入
  4. マリオットと提携している航空会社に搭乗
  5. SPGアメックスの入会キャンペーン

カード決済やホテル宿泊はありがちですが、ポイントを直接購入できるのは外資系のポイント・プログラムならではですね。

「いや、クレジットカードを使えば無料でもらえるポイントをわざわざ買う意味がわからん(汗)」

という方も多いと思うので少しだけ説明します。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントがお金で買えるということは、間接的にマイルも買えるという意味です。

そのため、「特典航空券の交換に少しだけマイルが足りない!」というときにポイントを買い足すという選択肢が生まれるわけです。

これはかなり画期的です。マイルを特典航空券に交換したいと思ったのに、マイルが少しだけ足りない…という場面はけっこうよくあるんです。

でも、ANAやJALのような日本の航空会社だとマイルを買うという選択肢はありません。つまり、少しだけマイルが足りない場合、特典航空券を諦めて普通に航空券を購入しなければならないわけです。

これって、普段のカード利用でマイルを貯め、そのマイルを数少ない旅行で特典航空券として活用したい方にとっては意外と大きなダメージなんです。

ここからは、マリオット・ボンヴォイ・ポイントの具体的な貯め方5つをくわしく説明します。

貯め方その1:SPGアメックスでのカード決済

ここまで何度も説明していますが、マリオット・ボンヴォイ・ポイントを1番貯めやすいのは、SPGアメックスでの決済。

このカードを100円利用するごとに、マリオット・ボンヴォイ・ポイントが3ポイント貯まります。

SPGアメックスの還元率はマイル移行とマリオット・インターナショナルでの宿泊利用など使い方によって異なりますが、何をどうやっても還元率1%は簡単に超えます

特にマイルは1マイル=1.5円の価値となることがほとんどですし、国際線のビジネスクラスの特典航空券と交換すれば1マイル=2円以上の価値となることも珍しくありません。

そのことを思うと、普段の支出をできる限りSPGアメックスに集約し、積極的にポイントを貯めるべきだと言えますね。

もし仮に毎月の生活費10万円をこのカードで決済したとしたら、1,250マイル分のポイントが貯まる計算になります。このペースだと、1年で15,000マイル分。ANAだと関西空港から沖縄まで行けてしまいます(幸)

生活費が10万円以上のご家庭はけっこう多いと思いますし、家電の購入などイレギュラーな支出でもSPGアメックスを使えば、もっと多くのマイルが貯まりますね。

Apple Payの利用も100円につき3ポイント

SPGアメックスはApplePayでも利用できます!

SPGアメックスは、ApplePayに登録すればQUICPayとして利用でき、ApplePayで支払ったときももちろん通常のカード利用と同じようにポイントが貯まります。

SPGアメックスのように還元率が高いカードは、ありとあらゆる支出を集約することが重要。同じ支払うなら、SPGアメックスを使ってポイントを少しでも多く貯めたいところ。

そこで、ApplePayのように手軽に支払いができるしくみを利用できる上、ポイントが加算されるのは大きなメリットです。

  • コンビニやガソリンスタントで財布からカードを取り出すのが面倒
  • クレジットカードだと暗証番号の入力が面倒

そういった理由でApplePayを使っている方は多いのではないでしょうか?SPGアメックスなら、そういった方でもストレスなくApplePayでポイントを貯めることができるわけです。

なお、SPGアメックスを含んだアメックス全般のApplePayでの使い方については「アメックスはApplePayに登録できる!相性のいいカード3種類を紹介」でくわしく説明しています。

電子マネーチャージはポイント付与対象外

ApplePayに関連した内容として、電子マネーチャージについて。

SPGアメックスはSuicaやICOCAといった電子マネーにチャージできますが、一切ポイントがつかないことに注意しましょう。

Suicaチャージがポイント付与対象外なのは、通勤で電車を使っている方にとっては残念です。ただ、定期券の代金を駅の窓口でSPGアメックスを使って決済すればポイントは付与されます

ですので、電車通勤の方は定期券のカード決済をオススメします。

公共料金や税金はポイント半分orゼロ

また、公共料金や税金の支払いは、ポイントがゼロもしくは半分となってしまいます。具体的には、主に以下のものがポイント半減の対象です。

SPGアメックスのポイントが半減 or ゼロとなる主な支払い
  • NHKの料金
  • ユニセフへの寄付金
  • 電気代・ガス代
  • 水道代
  • 国税や国民年金保険、住民税

こういった毎月の固定費にポイントがつかないのは大きな痛手です。とはいえ、SPGアメックスの還元率は1%以上と比較的高いので、たとえポイントが半分になるとしてもSPGアメックスで決済することをオススメします。

なお、公共料金や税金でポイント半減 or ゼロになるのは、このSPGアメックスだけでなくアメックスのカード全般に言えることです。

アメックス全般のこのポイント半減 or ゼロについては「アメックスの公共料金支払いはポイント半分 or ゼロ それでも決済に利用すべき理由を解説」でくわしく説明しています。

ここまでいろいろと書きましたが、まとめるとSPGアメックスは還元率が高いので、できるだけ支払いをこのカードにまとめてポイントを貯めましょう!ということです。

特にApplePayに登録できるのはメリットが大きいですね。

貯め方その2:マリオット・ボンヴォイ参加ホテルの宿泊

世界中のマリオットの宿泊代金5.5%がポイント還元!

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは、そもそも世界最大のホテルグループであるマリオット・インターナショナルのポイント・プログラムです。

そのため、世界中のマリオットグループのホテルに宿泊することによりポイントが貯まります。

どれだけのポイントが貯まるのかというと、SPGアメックスを持っていれば100円につき18.5ポイント。金額にすると約5.5円。つまり、マリオット・グループの宿泊料金の5.5%がポイントで還元されるというわけですね。

還元されるポイントの内訳は、以下のとおり。

  • 宿泊料金をSPGアメックスで決済すると100円につき6ポイント
  • 上級会員資格ゴールドエリートの特典として、1米ドルにつき12.5ポイント

上級会員資格「ゴールドエリート」というのは、マリオット・インターナショナルのVIP会員のことです。通常なら世界中のマリオット・インターナショナルを年間25泊以上利用することにより得られる資格ですが、SPGアメックスを持っているだけで自動的についてきます

ホテルで年間25泊って、出張が多い人か時間が余っている資産家なんでしょうか…?(汗)そんな普通だととてもなれる気がしない(笑)VIP会員に、SPGアメックスを持っているだけでなれるわけです。

話を戻すと、SPGアメックスを持っていれば、日本国内を含めた世界中のマリオット・インターナショナルを実質5.5%引きで利用できます

マリオット・グループのホテルだとリッツ・カールトン(1泊10万円)があまりに有名なので、高級なホテルしかないイメージを持たれる方は多いと思います。

でも、実際には国内で1泊1万円弱のホテルもあるので、この5.5%引きを踏まえて家族旅行の宿泊先として検討するのも現実的です。

貯め方その3:ポイント購入

不定期に開催されるポイントセールはぜひ買うべき!

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは、購入することもできるのが大きな特徴。このへんは外資系のポイント・プログラムならではといったところですね。

ポイント購入のメリットを活かせるのは、以下の2つの場面になります。

  • ポイントセール時
  • 特典と交換するときにポイントが少しだけ足りない時

マリオット・ボンヴォイ・ポイントの基本的な値段は1,000ポイントあたり12.5米ドル(約1,300円)。

でも、このポイントはホテルの無料宿泊に使ったとしても1ポイント=約1.3円の価値しかありません。なので、基本的にはポイントを購入するメリットはありません

ただ、不定期で開催されるポイントセールだと話が変わります。

過去にはポイントセールとして30%割引、つまり1,000ポイントあたり8.75米ドル(約900円)で購入できる期間がありました。この値段だと、ホテル代金を直接SPGアメックスで決済するよりも、ポイントを一旦購入して支払った方が結果的に安くなります

また、マイルの価値を考えても普通に航空券を買うよりもポイントセールで買ったポイントをマイル移行して特典航空券と交換した方が得ですね。ポイントセールだと1ポイント1円以下で買えるのに、マイル移行すれば1ポイントの価値は1.5円以上にはなりますから。

つまり、ポイントセールはマリオット・グループの宿泊代金を抑えることができるイベントなのです。

また、間接的にマイルを購入できるのは画期的です。

マイルを貯めていざ特典航空券に交換しようとしたとき、よくあるのが「少しだけマイルが足りない…」という事態。

外資系の航空会社ならマイルを購入できるところもありますが、ANAやJALはマイルを直接購入することはできません。そのため、特典航空券との交換に少しでもマイルが足りないと、次回までお預けとなってしまうわけです。

旅行の機会が少ない方にとっては、マイルを活用できる機会がかなり後伸ばしになってしまいます。

そんなとき、1ポイントの価値は少々割高だったとしても、特典航空券との交換に足りない分のポイントを購入してマイル移行するという選択肢が生まれます。

このように、マリオット・ボンヴォイ・ポイントはポイントセールでホテル代を節約したり、特典航空券の交換に不足しているマイルを補うなど、柔軟な使い方ができます。

貯め方その4:マリオットとの提携航空会社に搭乗

これはかなり活用しづらいのですが、マリオット・ボンヴォイ・ポイントはマリオットと提携している航空会社の便に搭乗することによってもボーナスポイントが貯まります。

何が利用しづらいのかというと、このボーナスポイントは提携航空会社の上級会員である必要があるんです…。つまり、提携している航空会社を利用する機会が多い方でないと、ボーナスポイントはもらえません(泣)

しかも、対象となる航空会社が日本人にとってはややマイナーなのもデメリット。対象となる航空会社とボーナスポイントの条件などは、以下のとおり。

航空会社 デルタ航空 エミレーツ航空 中国東方航空
マイルプログラム スカイマイル スカイワーズ イースタンマイルズ
マリオット・ボンヴォイ・
ポイントが貯まる条件
マリオット・ゴールドエリート以上(※)

航空会社のシルバー会員以上
貯まるマリオット・
ボンヴォイ・ポイント
航空券1米ドルにつき
3ポイント
航空券1米ドルにつき
3ポイント
4マイルにつき
3ポイント

(※)SPGアメックスを持っているだけで「マリオット・ゴールドエリート」の会員資格は得られる。

SPGアメックスを持っていて上記の条件を満たせば、マリオット・ボンヴォイ・ポイントと航空会社のフライトマイルを二重取りできます。

ただ正直、このボーナスポイントはハードルが高すぎますね・・・。活用できる人はあまり多くない気がします。

貯め方その5:SPGアメックスの入会キャンペーン

そしてマリオット・ボンヴォイ・ポイントを貯める方法として最後に紹介するのが、SPGアメックスの入会キャンペーン。最大3万ポイントがもらえます。

3万ポイントといえば、ホテル宿泊やマイル移行など活用方法によって異なるものの、9,000円〜15,000円相当の価値があります。

この3万ポイントが得られる条件は、SPGアメックスに入会後3か月以内に10万円決済すること。これは達成しやすいですね。

3ヶ月で10万円=1ヶ月で約3万円程度の決済なので、あらゆる生活費をSPGアメックスで決済するだけで簡単にクリアできます。

入会キャンペーンを活用できるのは、カードを手に入れた1度きりなのが欠点ですが、その分大量のポイントを得ることができるわけです。

SPGアメックスを入会キャンペーンだけのために持つのは損

ホテル宿泊やマイル移行のために、SPGアメックスでマリオット・ボンヴォイ・ポイントを貯めるのはお得なのでオススメです。

ただ、SPGアメックスを入会キャンペーンだけが目当てで持つことは、おすすめできません

SPGアメックスの年会費は31,000円+税。しかも初年度無料のような特典はないので、入会キャンペーンだけで年会費をペイすることができないんです。

SPGアメックスの還元率が発揮されるのは、カードを手に入れてから1年以上経ってからになります。

入会2年目からは「無料宿泊特典」で実質年会費無料

先ほども説明したとおり、SPGアメックスの年会費は31,000円+税。年会費がこれだけ高額だと、いくら還元率が高いといってもトータルでみると本当に得になるのか?心配になる方も多いのでは?

年会費以上のポイントを獲得してはじめて、本当の意味で得になると言えますからね。

このSPGアメックス、実は2年目以降は年会費実質無料なんです。

年会費は負担する必要がありますが、年会費31,000円+税以上の価値がある無料宿泊特典が無条件で必ず得られますから。

SPGアメックスの無料宿泊特典は、50,000ポイント以内のマリオット・ボンヴォイ参加ホテルに1泊無料で泊まれるというもの。

50,000ポイントで泊まれる対象のホテルには、1泊40,000円を超えるような高級ホテルも含まれているので、利用するホテルによってはSPGアメックスの年会費31,000円+税をペイできるというわけです。

キタ
いろいろ説明したけど、早い話がSPGアメックスを持ったらカード本体とかApplePayで何もかも決済してポイントを貯めたらええってこと。

そしてポイントセールが開催されたら、買えるだけポイントを買った方がええね。ホテル宿泊でもマイル移行でもお得やから。

ちなみに、マリオットのホテルに宿泊したら、ボーナスポイントは勝手にもらえるから何も知らんでも損することはないで。

残念ながらポイントアップの特約店やオンラインサイトがない(泣)

還元率が高く、2年目以降は実質無料で持つことができるSPGアメックス。

日常的なあらゆる支払いを集約すれば、マリオット・ボンヴォイ・ポイントが貯まるスピードは加速します。

そんなときに気になるのが特約店や提携店ですが、残念ながらマリオット・ボンヴォイ・ポイントはポイントがアップする特約店や提携店はありません(泣)

多くのクレジットカードや共通ポイントは、特定の店舗やオンラインモールを経由すると獲得ポイントがアップするという特典が付帯しています。そのことを思うと、SPGアメックスには特約店・提携店がないことだけがデメリットと言えます。

そうはいっても、このポイントはSPGアメックスの決済やマリオット・インターナショナルの宿泊で貯めやすいので、十分許容できます。

キタ
ポイント還元率が上がる特約店とか提携店がないんは残念やけど、普段の買い物では特約店・提携店に縛られることがないっていうメリットとも言えるね。

無理して特約店・提携店で買い物する生活はけっこうしんどいから、長期的にポイントを貯めるにはむしろええことかもね。

SPGアメックスの・マリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方まとめ

ここまで。マリオット・ボンヴォイ・ポイントを貯める5つの方法を説明しました。その方法は、主に以下の5つ。

  1. SPGアメックスでのカード決済
  2. マリオット・ボンヴォイ参加ホテルの宿泊
  3. ポイントを直接購入
  4. マリオットとの提携航空会社に搭乗
  5. SPGアメックスの入会キャンペーン

マリオット・ボンヴォイ・ポイントを効率よく貯めるには、基本的にはあらゆるカード決済をSPGアメックスに集約すること。

普段の生活費などの支出をSPGアメックスで決済するだけなので、まったくコストがかかりません。

31,000円+税という高額な年会費も毎年の無料宿泊特典で実質無料なので、貯まったマリオット・ボンヴォイ・ポイントは純粋に得したことになります。

また、SPGアメックスを持っていれば、世界中のマリオット・インターナショナルで宿泊するとき、料金の5.5%がポイントとして還元されます。

そのため、家族旅行の宿泊ホテルを比較・検討するとき、マリオット・インター・ナショナルだけは宿泊料金から5.5%割引された金額で考えることができるわけです。

そして、ポイントを購入できるのもおもしろいところですね。このポイント購入は、特にマイル移行のための不足分を補えるのが大きな魅力だと思います。

ANAやJALのように正規ではマイルを購入できない場合でも、マリオット・ボンヴォイ・ポイントを購入して移行することにより活用の幅が広がりますから。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは、マリオット・インターナショナルの宿泊だけでなく、マイルを貯めたい方にとっても価値が高いポイント・プログラムです。

特にマイルを効率よく貯めたいという方は多いはずなので、ぜひこの機会にSPGアメックスを手に入れることをオススメします。

年会費 31,000円+税
家族カード年会費 15,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム Marriott Bonvoy
100円=3ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA・JALなど40社以上
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込み&3か月間の利用金額で最高30,000ポイントプレゼント!