SPGアメックスは実質年会費無料でANA・JALマイル還元率1.25%!しかもポイント無期限

SPGアメックスは、アメリカン・エキスプレスが発行しているカードの中でも最強と言えるクレジットカードです。

何が最強なのかというと、実質年会費無料マイル還元率1.25%という強力なコスパの高さ!

アメックスが発行しているカードの中でも、実質年会費無料で持てるのはこのカードだけです。

しかも、ポイント移行できるマイルは日本の大手航空会社であるANAとJALの両方をはじめ何と40社。

マイルが貯まるクレジットカードの中でも、ANAとJALの両方にマイル移行できるものは希少な上、1.25%という高還元率なのは魅力です。

さらに言うとポイント有効期限はないに等しいので、普段は飛行機をまったく利用しない陸マイラーにもピッタリのマイルカード。

ただ、このカードを年会費「実質」無料で持つためには、年1回マリオット・インターナショナルで宿泊することが絶対条件。

マリオットにまったく興味がないなら、31,000円+税という高額な年会費をモロに負担しなければならないことに要注意です。

とは言え、ANA・JALマイルを無期限に、1.25%という高還元率で貯められるお得さは注目です。

年会費 31,000円+税
家族カード年会費 15,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム Marriott Bonvoyポイント
100円=3ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA・JALなど40社以上
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイト経由からのお申し込みなら入会から3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で30,000Marriott Bonvoyポイントプレゼント!

キタ

このカードでマイルを貯めるには、年1回の無料宿泊特典を上手いこと活用してこの高額な年会費を実質無料にできるかどうかがポイントやな。

もしも実質年会費無料にできたら最強のクレジットカード♪

けど、無料宿泊特典を使われへんだら、せっかくのマイル還元率も高額な年会費で意味が薄れてしまうわけよ…(悲)

せやから、無料宿泊特典を活用できるかどうか?このページの内容を読んで判断して欲しいな。

無期限にANA・JALマイルが貯められるしくみ

まずは、SPGアメックスでもっとも気になるマイルが貯まるしくみ。これを説明していきたいと思います。

日常生活のカード決済でマイルを貯めるなら、SPGアメックスは最強のマイルカードと言ってしまっていいレベルですよ(喜)

マイル還元率はトップクラスの1.25%

冒頭でも説明したとおり、SPGアメックスのマイル還元率は1.25%。

このしくみについて説明していきましょう。

SPGアメックスのポイントプログラムはマリオット・ボンヴォイ・ポイント

このマリオット・ボンヴォイ・ポイントのマイル還元率が1.25%と高いわけです。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントって何?

マリオット・ボンヴォイ・ポイントというのは、世界最大のホテルグループであるマリオット・インターナショナルのポイントプログラム。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは、SPGアメックスでの決済以外にも、以下の方法で貯めることができます。

  • 世界中のマリオット・インターナショナルのホテルで宿泊
  • お金でポイントを購入

ポイントをお金で買えるあたりは、いかにも外資系らしいですね(笑)

SPGアメックスでの決済100円につき、マリオット・ボンヴォイ・ポイント3ポイントが貯まります。

そして、マリオット・ボンヴォイ・ポイントは3ポイント=1マイルのレートで移行できるというわけです。

SPGアメックスは、基本的にはマイル還元率1%

これでマイル還元率は1%。

残りの0.25%はというと、マリオット・ボンヴォイ・ポイントを6万ポイント(2万マイル)まとめてマイルに移行すると、5,000マイルがボーナスとして加算されるしくみなんです。

SPGアメックスは6万ポイント(2万マイル)移行するごとに得られる5,000マイルが重要

このボーナスマイルを獲得することによって、マイル還元率1.25%という驚異的なマイル還元率が実現するわけです。

マリオット・インターナショナルで決済するとポイント2倍!

ちなみにですが、SPGアメックスをマリオット・インターナショナルの宿泊や食事で決済すると、ポイントが通常の2倍、つまり100円につき6ポイントが貯まります。

そのため、このカードはマリオット・インターナショナルを利用する機会が多ければ多いほどお得なカードだと言えますね。

6万ポイント単位でのマイル移行必須!

先ほども説明したとおり、SPGアメックスでマイル還元率1.25%という最高のパフォーマンスを引き出すためには、5,000マイルのボーナスマイルを獲得することが必須です。

このしくみについて、少し説明したいと思います。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントをマイルに移行できるのは3,000ポイント=1,000マイルから。

とは言え1,000マイルだけ移行したところで特典航空券には交換できないので、特典航空券に交換できるマイル分のポイントを移行することになります。

そこで意識して欲しいのが、ポイントをマイルに移行するときは6万ポイント=2万マイルの倍数にするということ。

仮に35,000マイルの特典航空券を手に入れるためにキッチリ9万ポイントをマイル移行すると、マイル還元率は1.16%と、1.25%よりも低くなってしまいます。

5,000マイルのボーナスは6万ポイントを移行するごとに獲得できるので、SPGアメックスのマイル還元率を1.25%にするためには6万ポイントや12万ポイントなど、6万ポイントの倍数をマイル移行する必要があるわけです。

とは言え、マイル還元率が1%を下回ることは絶対にありません

SPGアメックスはマイル移行手数料は不要!
マリオット・ボンヴォイ・ポイントをマイルに移行するとき、手数料のようなコストはまったくかかりません。

そのため、数年かけて普段のカード決済でマイルを貯める陸マイラーの人なら、特典航空券を手に入れるために必要なマイルをキッチリ移行しても十分お得ですね。

キタ

SPGアメックスでマイル還元率1.25%を実現するためには、6万ポイント=2万マイルの倍数で移行せんとあかんってこと。

これはぜひとも覚えといてや!

ANA・JAL両方のマイルに移行できる

SPGアメックスはANA・JAL両方のマイルが高還元で貯まる希少カード!

SPGアメックスは、ここまで説明したとおりマイル還元率1.25%と驚異的にお得なのが最大の特徴。

しかも、日本の2大航空会社であるANAとJAL、どちらのマイルにも還元率1.25%で移行できるのも注目すべき点です。

多くのクレジットカードは、ANAとJALどちらかのマイルにしかポイント移行できないことがほとんど。

このことから、このカードはとても貴重な存在だと言えます。

SPGアメックスのANAマイル還元率1.25%というのは、ANA VISAワイドゴールド(ANAマイル還元率1.6%以上)に次ぐ還元率の高さ。

そしてJALマイルに至っては、もっともJALマイルが貯まるはずのJALカード(マイル還元率1%)を上回る還元率となっています。

このカードは別に航空会社と提携しているわけでもないのに、航空会社が提携して発行しているカードと変わらない、もしくはそれ以上のマイル還元率なんです。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントをマイル移行できる航空会社は、ANAやJALをはじめ何と40社!

日本人にとってはマイナーな航空会社が多いですが、移行するメリットがありそうな航空会社として、、、

マリオット・ボンヴォイ・ポイントを移行できる主な航空会社5つ
  • ANA
  • JAL
  • ユナイテッド航空
  • ブリティッシュ・エア
  • デルタ航空

この5つが挙げられるかな?と思います。

ユナイテッド航空だけはほかの航空会社よりもマイル移行レートが高くなっているため、還元率は1.35%にまでアップします。

ユナイテッド航空はアメリカの航空会社ですが、ANAと同じスターアライアンス。

そのため、ANA便の特典航空券を手に入れることができます。

ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンス

また、ブリティッシュ・エアはイギリスの航空会社ですが、JALと同じワンワールド。

時期や路線によっては、JALよりもブリティッシュ・エアの方がJAL国内線の必要マイルが少ないことがあります。

ブリティッシュ・エアはJALよりもJAL国内線の必要マイルが少ないケースも!

最後のデルタ航空は、アメリカ最大の航空会社で、航空連盟「スカイチーム」所属。

スカイチームはインドネシア航空やベトナム航空、大韓航空といったアジアの航空会社が所属しているので、東南アジアへの旅行でデルタマイルが活用できる可能性大です。

このように、マリオット・ボンヴォイ・ポイントは特典航空券を手に入れたい路線や時期に合わせて、もっとも得な使い方ができるというわけですね。

最大限お得にポイントを活用できるところも、SPFGアメックスの大きな魅力です。

なお、マリオット・ボンヴォイ・ポイントをマイル移行できる航空会社と移行レートは、マリオット公式サイト「ポイントをマイルに移行」のページですべて確認できます。

キタ

俺みたいに関西国際空港からタイへ行くことが多い人も、SPGアメックスでマイルを貯めたら便利やで。

関空からのバンコク行きの便は、フルキャリアやとタイ国際航空・JALの2つ。

SPGアメックスで貯めたポイントやったら、出発時間とか必要マイルに合わせていろんな航空会社のマイルに移行できるってわけよ(幸)

ポイント有効期限は無期限だと考えてOK

ここまで説明したとおり、SPGアメックスはANA・JALをはじめとする40社以上の航空会社のマイルに、還元率1.25%という高レートで移行できる優良カード。

これだけでも、SPGアメックスでマイルを貯める理由としては十分ですね。

それに加えて、このカードの利用で貯まるマリオット・ボンヴォイ・ポイントは有効期限が実質無期限という大きな特徴があります。

この「実質」の部分が気になる人が多いと思うので、くわしく説明したいと思います。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントの有効期限は、基本的には24か月(=2年)。

でも、この2年以内にポイントを獲得・利用すると、ポイント有効期限はそこから2年に延長されるというしくみです。

SPGアメックスを普段から使っていれば、毎月必ずポイントを獲得できます。

なので、永遠にポイント有効期限が切れることはないというわけです。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは毎月有効期限が延長され続ける

そのため、マリオット・ボンヴォイ・ポイントの有効期限は無期限だと思ってもらって大丈夫です。

このことから、SPGアメックスは無期限にANA・JALマイルを貯められるクレジットカードだと言えます。

ANA・JALマイルを無期限に貯められるカードは希少!

ユナイテッド航空やデルタ航空のような外資系の航空会社のマイルだと、有効期限が無期限ということが多くあります。

でも、ANAやJALのマイルを無期限に貯めるとなるとかなり選択肢が少なくなります。

ANAマイルを無期限に貯められるクレジットカードは、このカード以外だとアメックスとダイナースが発行している数種類だけ。

代表的なカードをいくつか挙げると、、、

  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAダイナースカード

たったこれだけしかありません。

そしてJALマイルを無期限に貯めることができるカードは、SPGアメックスだけと言ってしまってもいいくらいなんです。

このようにSPGアメックスはマイル還元率が高いことに加え、ANA・JALマイルを無期限に貯められるという点でも優れています。

普段飛行機に乗る機会がない陸マイラーの人にとっては、ポイント有効期限がないのは大きな魅力ですね。

自分が行きたい国や利用したい座席グレード(ビジネスクラスやファーストクラス)に必要なマイルが貯まるまで、いつまでもポイントを貯め続けることができます。

キタ

JAL派の人やったら、JALカードよりもこのSPGアメックスでマイルを貯めた方が絶対に得やで。

JALカードはマイル還元率が1%で、カード利用で直接JALマイルが貯まるから有効期限は3年って決められてるから。

それよりも、SPGアメックスでポイントを貯めた方が還元率は高いし、ポイント有効期限も無期限なしで、ええことだらけ(笑)

ここまで説明したとおり、SPGアメックスはANA・JALマイルを還元率1.25%というクレジットカード全体でみても高いレートで、しかも無期限に貯められるという優秀なマイルカードです。

「無料宿泊特典」で年会費を実質無料にできる

ここまでの内容だと、SPGアメックスはマイルを貯めるのにいいことづくめに見えますよね。

ただ、このカードは年会費が31,000円+税…。マイルを貯めるためだけに持つにはコストが大きすぎるんです(悲)

いくらマイル還元率が高いと言っても、高額な年会費を支払っていてはトータルで見ると損になってしまう危険性もありますからね。

でも、SPGアメックスは年に1度無料宿泊特典がプレゼントされるという特典があります。

無料宿泊特典というのは、世界中(海外・日本ともに対象)のマリオット・インターナショナルに1泊2日、2名までが無料で宿泊できる特典のこと。

マリオットというと、日本だと以下のようなところが有名です。

  • 東京マリオットホテル
  • 大阪マリオット都ホテル
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • 軽井沢マリオットホテル

そして、以下のようなホテルグループもマリオット・インターナショナルに加わっています。

  • シェラトン
  • ウェスティン
  • モクシー
  • コートヤード
  • ルネッサンス
  • セントレジスホテル
  • ザ・リッツ・カールトン
マリオット・インターナショナルは世界中に30ものホテルブランドが

中でもザ・リッツ・カールトンは国内トップクラスの高級ホテルとして知られていますね。

こういった海外・国内のマリオット・インターナショナルに、年1回無料で宿泊できるというわけです。

この無料宿泊特典を高級なホテルで利用すれば、31,000円+税の年会費を実質的に無料、場合によっては年会費以上に得ができるというしくみ。

マイル還元率1.25%でポイント有効期限が無期限、しかも年会費が実質無料(それ以上?)となれば、SPGアメックスは神カード

そこでここからは、SPGアメックスを神カードに昇華させるために無料宿泊特典を活用する方法について説明していきたいと思います。

無料宿泊できるホテル

マリオット・インターナショナルは、先ほど説明したとおり世界中にさまざまなホテルブランドを展開しています。

その数は世界約7,000、国内だけでも約30。

ただ、SPGアメックスの無料宿泊特典はマリオット・インターナショナルすべてで使えるわけではありません。

対象となるのは、マリオット・ボンヴォイ・ポイントの必要ポイントが5万ポイント以下のホテルと決められているんです。

ここから、マリオット・インターナショナルの必要ポイントについて、順を追ってくわしく説明していきますね。

マリオットのホテルは「カテゴリー」と「シーズン」で分かれている

マリオット・インターナショナルのホテルは、SPGアメックスで貯めたマリオット・ボンヴォイ・ポイントを使って宿泊することも可能です。

このとき必要となるポイントは、ホテルのカテゴリーシーズンによって固定されているんです。

「カテゴリー」と「シーズン」について

カテゴリーというのはホテルのランクのようなもので1から8まで分けられており、数字が大きくなるほど高級になります。

なお、日本国内にはカテゴリー1〜3のホテルはありません。

そしてシーズンというのは、1年を以下の3種類で分けています。

  1. スタンダード…通常期
  2. ピーク…繁忙期。年末年始やゴールデンウィーク、お盆、そしてホテルによって桜の時期や紅葉の時期
  3. オフピーク…閑散期。2月や11月など

なお、シーズンの設定は固定の日付ではなくホテルごとに細かく設定されます。

繁忙期は通常よりも必要ポイントが多くなり、逆に閑散期だと必要ポイントが少なくなるというわけです。

SPGアメックスの無料宿泊特典が利用できるのは、マリオット・ボンヴォイ・ポイントを宿泊に使ったときの必要ポイントが5万ポイント以下のホテル。

無料宿泊特典が利用できるカテゴリーとシーズンを、以下のとおり表にまとめました。

マリオットインターナショナルの宿泊に必要なポイント数

カテゴリ スタン
ダード
オフピーク ピーク 国内のホテル
1 7,500 5,000 10,000 なし
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
  • フォーポイントバイシェラトン函館
5 35,000 30,000 40,000
  • キロロトリビュートポート
    フォリオホテル 北海道
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • シェラトン都ホテル大阪
  • 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ
  • ウェスティンホテル淡路
    リゾート&コンファレンス
  • コートヤード・マリオット
    銀座東武ホテル
  • モクシー東京錦糸町
  • コートヤード新大阪ステーション
  • モクシー大阪本町
  • 軽井沢マリオットホテル
  • 富士マリオット・ホテル山中湖
  • 伊豆マリオットホテル修善寺

ほか多数

6 50,000 40,000 60,000
  • シェラトン都ホテル東京
  • オキナワ マリオットリゾート&スパ
  • ルネッサンス・オキナワ・リゾート
  • 大阪マリオット都ホテル
  • ザ・プリンス さくらタワー東京
    オートグラフコレクション
  • 東京マリオットホテル
  • ウェスティンホテル東京
  • シェラトン・グランデ・
    トーキョーベイ・ホテル
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
7 60,000 50,000 70,000
  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄
  • ウェスティン ルスツリゾート
8 85,000 70,000 100,000
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • ザ・リッツ・カールトン京都
  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
    ラグジュアリーコレクションホテル
  • 翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都
  • セントレジスホテル大阪
上記の表では参考として国内ホテルだけを掲載していますが、無料宿泊特典は海外のマリオット・グループでも利用できます。

SPGアメックスの年会費31,000円+税を実質無料にすることを考えると、必要ポイントが限りなく5万ポイントに近いホテルで利用するのが理想的ですね。

1泊31,000円以上のホテルが無料=年会費実質無料

では、具体的にどういったホテルに宿泊すればSPGアメックスの年会費を実質無料にできるのか?紹介していきますね。

狙い目はオフピークのザ・リッツ・カールトン

SPGアメックスの年会費無料どころか年会費以上に得する国内のホテルとして挙げられるのが、ザ・リッツ・カールトン

国内でもトップクラスの高級ホテルとして有名ですね。

ザ・リッツ・カールトン大阪とザ・リッツ・カールトン沖縄の2つなら、オフシーズンに限っては無料宿泊特典で宿泊できます。

ザ・リッツ・カールトン大阪や沖縄のオフピークの料金は1泊3万円ちょっと

ザ・リッツ・カールトン大阪と沖縄のオフピークの宿泊代金

これらのホテルで無料宿泊特典を活用すれば、SPGアメックスの年会費31,000円+税以上の価値がありますね(嬉)

キタ

高いマイル還元率でANA・JALマイルを貯められる上に、年1回の無料宿泊特典でザ・リッツカールトンとかマリオットに泊まれるっていうところがSPGアメックスの大きな価値やで。

もしも、、、

  • 無料宿泊特典があってもマリオットには宿泊しない
  • 年会費を実質無料にするために無理してマリオットに泊まる

こういった人にとっては、SPGアメックスは年会費が高額で持つ価値が薄れてしまうことになるから注意。

無料宿泊特典を活用できない人のためのオススメマイルカード

もしもSPGアメックスの無料宿泊特典を活用できないなら、年会費が低いマイルが貯まるカードを持った方が、結果的にはお得になります。

ANA・JALマイルの両方を貯められる代替のカードは残念ながらありませんが、ANA・JALそれぞれにマイルが貯まりやすいカードを紹介します。

ANAマイルを貯めるなら、ANAアメックスがオススメ。

このカードはマイル還元率1%とSPGアメックスよりも劣るものの、年会費7,000円+税という低コストでANAマイルが貯まります。

そして、SPGアメックスと同じようにポイント有効期限を気にせずANAマイルを貯められるのが大きな特徴です。

これなら普段飛行機を利用しない陸マイラーの人であっても、せっかく貯めたポイントを失効させてしまう危険性はゼロです。

なお、ANAアメックスについては以下のページでくわしく解説しています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは陸マイラーにもっともオススメ!無期限にマイルが貯められる!

そしてJALマイルを貯めたいなら、セゾンゴールド・アメックスがオススメ。

セゾンゴールド・アメックス

このカードはJALマイル還元率が1.125%と、SPGアメックスに次ぐ還元率の高さ。JALカードの還元率1%よりもお得です。

そのため、陸マイラーの人にとっては効率よくJALマイルを貯められるというメリットがあります。

ただ、カードを利用すると直接JALマイルが貯まるのが大きなネック…。

JALマイルは有効期限が3年で基本的に延長はできないため、マイルを失効させてしまう危険性があることに注意が必要です。

なお、セゾンゴールド・アメックスでJALマイルを貯めるしくみは、以下のページでくわしく解説しています。

アメックス・グリーンとセゾンゴールド・アメックスのちがい!ANAマイルとJALマイル、どちらを貯めるか?

【注意】無料宿泊特典は2年目から

話をSPGアメックスの無料宿泊特典に戻します。

この無料宿泊特典は毎年利用できるものの、入会初年度だけはもらえないことに注意しましょう。

無料宿泊特典はカードの「継続」特典なので、入会してから1年がたたないともらえないんです…。

そのため、入会初年度の年会費31,000円+税は無料宿泊特典で実質無料にすることはできません。

ただ代わりと言っては何ですが、30,000ポイント(=1万マイル)の入会キャンペーンで実質的な年会費の負担を抑えることは可能です。

マリオット・インターナショナルでの特典も豊富

ここまで説明しているように、SPGアメックスは普段の支出をカード決済してマイルを貯めるのに適したカード。

ただ、このカードはそもそも、マリオット・インターナショナルとアメックスが提携して発行しています。

そのため、マリオット・インターナショナルでの特典が充実しているのも特徴です。

具体的には、、、

SPGアメックスに付帯するマリオット・インターナショナルでの主な特典3つ
  • マリオット・ボンヴォイ・ポイントはマリオットの宿泊に使える
  • マリオットで宿泊するときはいつでも上級会員としてのVIP待遇
  • ホテル内のレストランで15%OFF

こういった特典が。

これらの特典は先ほど説明した年1回の無料宿泊特典でも活用可能です。そのため、マリオットを年1回しか利用しない人であっても十分価値があります。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントはホテル宿泊にも使える

マリオット・ボンヴォイ・ポイントはマイル移行しても優れていますが、本来の使い道はマリオット・インターナショナルでの宿泊。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントは、先ほどSPGアメックスの無料宿泊特典のところで説明したように、ホテルのカテゴリーとシーズンに応じた必要ポイントで宿泊に利用することが可能です。

マリオット・ボンヴォイ・ポイントはマイル還元率1.25%と優秀ですが、ホテル宿泊に利用すると還元率は何と3%超え!(驚)

なので、年1回1泊の無料宿泊特典だけでは物足りないと感じるなら、無料宿泊特典1泊+ポイントを使っての宿泊で2泊以上してしまうのも有意義です。

なお、SPGアメックスで貯めたマリオット・ボンヴォイ・ポイントの使い方ごとの還元率は以下のページでくわしく解説しています。

10分でわかるマリオット・ボンヴォイ・ポイントの貯め方!SPGアメックスを活用する5つの方法を解説

上級会員として宿泊できる

初めてのマリオットでの宿泊でいきなり上級会員に!

SPGアメックスのマイル還元率と並んで価値が高い特典が、マリオット・インターナショナルでの上級会員資格(ゴールドエリート会員)。

このカードを持っているだけで、マリオットのゴールドエリート会員になれるのも大きなメリットです。

ゴールドエリート会員になるためには、本来なら世界中のマリオットで年間25泊以上の利用が必要。これって、海外出張が多い経営者とか時間・お金に余裕にある人でないと難しいですよね(汗)

SPGアメックスを持っていれば、このゴールドエリート会員に無条件でなれるわけです。

ゴールドエリート会員は具体的にどんな特典があるのかというと、、、

ゴールドエリート会員の主な特典4つ
  1. 空き部屋があれば部屋の無料アップグレード
  2. 本来なら午前11時や正午のチェックアウトが、追加料金なしで2時まで延長されるレイトチェックアウト
  3. 宿泊で貯まるポイントが25%アップ(ポイントでの宿泊も対象!)
  4. ウェルカムギフトとしてボーナスポイント

この4つがあります。

特に部屋のアップグレードとレイトチェックアウトは、年1回のマリオットでの宿泊で嬉しい特典です。

なお、SPGアメックスの無料宿泊特典でマリオットに宿泊するときでも、これらの上級会員特典が利用できます。

キタ

俺もタイ・バンコクのマリオットに2泊したとき、アメックス・プラチナの特典(SPGアメックスと同じようにマリオットのゴールドエリート会員になれる)で自動的に部屋がアップグレードされたで。

1番宿泊料金が低い部屋を予約したのに、1ランク上の部屋が用意されててビックリしたわ(幸)

ホテル内のレストランで15%OFF

ホテルに宿泊するなら、ホテル内のレストランやラウンジを利用する機会が多いはず。

また、ホテルに宿泊しなくても、ランチやディナーだけを楽しむ機会もあるかもしれません。

ホテルのレストランやラウンジは高級な雰囲気が漂っていて、優雅な気分に浸れますからね。

SPGアメックスがあれば、ホテル直営レストランやラウンジの代金が15%オフに。

アルコールは対象外なのがやや残念ですが、十分にお得なサービスですね。

ただ、レストランやラウンジの15%オフは国内すべてのマリオット・インターナショナルが対象ではないことに注意しましょう。

この特典の対象となるのは、マリオットと統合する前のSPGグループホテルだけ。具体的には、以下のホテルのレストラン・ラウンジが対象です。

ホテル名 カテゴリー ホテルの場所
ウェスティン都ホテル京都 5 京都市
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 7 京都市
ウェスティンホテル仙台 5 仙台市
キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道 4 北海道余市郡
シェラトン北海道キロロリゾート 5 北海道余市郡
フォーポイントバイシェラトン函館 4 函館市
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町, 7 東京都千代田区
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6 沖縄県国頭郡
ウェスティンホテル大阪 5 大阪市
シェラトン都ホテル大阪 4 大阪市
セントレジスホテル大阪 7 大阪市
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5 宮崎市
フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港 4 愛知県常滑市
シェラトングランドホテル広島 5 広島市
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5 横浜市
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 6 浦安市
ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス 4 淡路市
シェラトン都ホテル東京 5 東京都港区
ウェスティンホテル東京 6 東京都目黒区
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 4 神戸市
ウェスティン ルスツリゾート 6 北海道虻田郡

ザ・リッツ・カールトンのような高級ホテルを含まれていませんが、シェラトンやウィンスティンで利用できるのはメリットです。

アメックスの手厚い旅行サービスが付帯

アメックスといえば海外旅行!サービスの手厚さはズバ抜けています

SPGアメックスは無料宿泊特典を活用すれば実質年会費無料で持てるカード。

でも元が年会費31,000円+税と高額なだけあって、旅行サービスがかなり充実しています。

年1回の無料宿泊特典を国内のマリオットで利用するときや、貯めたポイントをマイル移行しての海外旅行が快適になることは間違いありません。

主な付帯サービスとしては、以下のとおり。

同伴者1名無料の空港ラウンジサービス

空港ラウンジ(主に国内)が同伴者1名まで無料

空港ラウンジサービスで、チェックインから搭乗時間までの時間をくつろいですごすことができます。

対象空港は国内+ハワイ・ホノルルの空港。

空港ラウンジは、フリードリンク・無料Wi-Fiや電源コンセントが用意されていて、静かな空間でソファーに座ってゆっくりとすごすことができます。

搭乗前にスマホを充電できるのは、地味に嬉しいですね。

この空港ラウンジサービスは、別にSPGアメックスでなくても多くのゴールドカード・プラチナカードに付帯しているサービスです。

でも、このカードの空港ラウンジサービスは、カード会員だけでなく同伴者1名も対象だという点でほかのカードよりも優れています。

「同伴者」は家族はもちろん友だちや会社の同僚など、本当に誰でもOKなので、誰かと一緒に飛行機に乗る機会が多いなら便利なサービスです。

なお、アメックスの空港ラウンジサービスについては、以下のページでくわしく解説しています。

アメックスは使える空港ラウンジが多い上に同伴者1名が無料

プライオリティ・パスは付帯しない。。。

SPGアメックスは、マイル還元率が高く海外旅行サービスも充実したカード。

ところが残念なことに、プライオリティ・パスは付帯していません。

プライオリティ・パスというのは、世界約1,500のVIPラウンジを無料で利用できる会員制サービス。

本来なら約1万円〜3万円(会員ランクにより異なる)の年会費か必要なのですが、クレジットカードの中には年会費無料でプライオリティ・パスの会員になれるものがあるんです。

もしも海外へ行く機会が多いなら、プライオリティ・パスが利用できるサブカードを持つことをオススメします。

なお、プライオリティ・パスについては以下のページでくわしく解説しています。

アメックスのプライオリティパスは年2回まで無料というオリジナル特典つき

24時間365日日本語で電話対応してくれるオーバーシーズ・アシスト

海外旅行中のトラブルに、現地スタッフが24時間365日いつでも電話で対応してくれます。

トラブルというのは、、、

オーバーシーズ・アシストで対応している主なトラブル
  • パスポートをなくした
  • 帰りの飛行機に乗り遅れた
  • ホテルや空港で言葉が通じないから電話で通訳して欲しい
  • レストランを電話で予約したいけど現地語がわからないから、代わりに予約して欲しい
  • ホテルの部屋が予想以上に悪いので、すぐに別のホテルに移りたい
  • ケガや体調不良で病院に行きたい

主にこういったもの。

アメリカン・エキスプレスは世界中に支社や事務所をもつ世界企業。なので、世界中のたいていの国で現地の事情にくわしい専任スタッフが素早く的確に対応してくれます。

海外旅行中に何かトラブルがあれば、とりあえずこのオーバーシーズ・アシストを利用すればOKです。

帰国時の手荷物無料宅配サービス

電車やリムジンバスでスーツケースを持ち運ぶ必要はなくなります!

海外旅行といえばほとんどの場合持ち歩くスーツケースのような手荷物。

この手荷物を、海外旅行からの帰国時に国際空港から自宅まで無料で配送してくれます。

空港からはほぼ手ぶらで帰宅でき、預けた手荷物は翌日には届くという便利なサービス。

多くのゴールドカードやプラチナカードに付帯しているのと、ほぼ同じサービスですね。

なお、アメックスの手荷物無料宅配サービスについては、以下のページでくわしく解説しています。

アメックスの手荷物無料宅配サービスは出発時も利用可能

空港での無料ポーターサービス

他社カードには付帯しない無料ポーターサービスは、国際空港の駐車場から最寄り駅・バス停などからチェックインカウンターまで専任スタッフが手荷物を運んでくれるサービス。

手荷物の個数に制限がないので、家族旅行やゴルフ・スキー・サーフィンなどの道具を持ち運ぶときは便利です。

なお、このサービスは事前に予約が必要です。

アメックスの無料ポーターサービスについては、以下のページでくわしく解説しています。

アメックスの無料ポーターサービスは荷物が多い家族旅行で便利

最高1億円の海外旅行保険

海外旅行と言えば必須とも言える海外旅行保険は、最高1億円の補償。

ただ、もっとも利用する可能性が高い疾病・傷害治療費用は最高300万円と、年会費1万円ほどのゴールドカードと同じレベルなので注意しましょう。

特典航空券で海外旅行へ行くときは、ほかの海外旅行保険が付帯しているクレジットカードで補償金額を保管することを忘れずに!

なお、アメックスの海外旅行保険については、以下のページでくわしく解説しています。

アメックスの海外旅行保険は不十分!その理由と対策を解説

京都観光ラウンジ

年1回の無料宿泊特典で京都のマリオットに宿泊するなら、京都観光ラウンジも活用できるかもしれません。

京都観光ラウンジというのは、京都市内の高台寺塔頭圓徳院(いんとくいん)の中に設置された純和風の休憩所。

SPGアメックスを持っていれば、この京都観光ラウンジを無料で利用できます。

畳の休憩所で日本庭園を眺めながらお茶をいただくという、京都観光の雰囲気にマッチしたラウンジ(?)です。

京都観光ラウンジは京都市内のほぼ中央という立地のよさ。そのため京都観光で利用しやすくなっています。

また、この場所を利用できるのはアメックス会員だけなので、京都の混雑を避けてゆっくりできるのも魅力。

なお、アメックスの京都観光ラウンジについては、以下のページでくわしく解説しています。

アメックス会員専用の京都特別観光ラウンジを徹底解説

キタ

アメックスならではのサービスは、空港ラウンジサービスとオーバーシーズ・アシスト、無料ポーターサービス、あとは国内旅行に限られるけど京都観光ラウンジ、この4つやな。

このサービスの中だけで言うと、1番価値が高いんはオーバーシーズ・アシスト。

世界中のいろんな場所で現地スタッフが日本語でトラブルに対応してくれるっていうサービスを用意できるカード会社は、アメックスだけとちがうかな?

家族カードは「持たない」ことをオススメ

このページを読んでくれている人の中には、夫婦のような家族単位でマイルを貯めたい!そんなふうに考えている人も多いと思います。

普通、クレジットカードをご夫婦で持つ場合は「家族カード」を発行することを真っ先に思いつくはず。

でも、SPGアメックスに限っては家族カードは申し込まず、ご夫婦それぞれに本カードに申し込むことを強くオススメしたいです。

その理由はというと、家族カードは以下のような大きなデメリットがあるから。

  • 年1回の無料宿泊特典がないのに年会費15,500円+税
  • マリオット・インターナショナルでのゴールドエリート会員特典がない

このように、SPGアメックスのメインとも言える特典が省かれているんです。

これなら、ご夫婦それぞれに本カードを持ち、トータルで年2回の無料宿泊特典を受け取って2枚とも年会費を実質無料にした方が絶対に得です。

また、マリオット・ボンヴォイ・ポイントは他人に譲渡することができます。

なので、ご夫婦それぞれに持っているSPGアメックスで別々にポイントが貯まっても、「譲渡」してまとめることが可能なんです。

なお、SPGアメックスをご夫婦それぞれに本カードを持った方が得だという話については、以下のページでくわしく解説しています。

SPGアメックスの家族カードは微妙…夫婦で本カードを持つことを推奨する3つの理由

近い将来「マリオット・ボンヴォイ・アメックス」に変更

ここまで説明したとおり、SPGアメックスはマリオット・インターナショナルとアメックスが提携して発行しているクレジットカードです。

そのため中には、

「だったら、どうしてカードの名前はマリオット・アメックスとかじゃないわけ…?」

という疑問を持っている人も少なからずいるような気がしました。

このカードが発行開始された2013年当時、スターウッド・プリファード・ゲスト(略して「SPG」)は世界最大規模のホテルグループでした。

SPGアメックスは、スターウッド・プリファード・ゲストとアメックスが提携することにより発行されたんです。

そのSPGは2018年8月にリッツカールトンやマリオット・インターナショナルと完全統合し、現在ではこれらすべてまとめてマリオット・インターナショナルとなっています。

ちなみに、世界最大規模のホテルグループ3つが統合することによって、マリオット・インターナショナルは世界最大のホテルグループとなっています。

ところが、カードの名前だけはSPGのまま現在に至っているという状態。

すでにアメリカでは、2019年2月からマリオット・ボンヴォイ・アメリカン・エキスプレス・カードの発行が開始されていることから、日本でも近い将来カード名とサービス内容が変更されることが予想されます。

ただ、今からSPGアメックスを手に入れたとしても自動的にマリオット・ボンヴォイ・アメックスに継続されることは、ほぼ間違いないように思います。

何か動きがあれば、すぐに新しい情報に更新しますね。

まずは「マリオット・ボンヴォイ」会員に登録(無料)を

SPGアメックスを利用すると、直接「マリオット・ボンヴォイ・ポイント」が貯まります。

そのため、SPGアメックスとマリオット・ボンヴォイを紐付けるためにカード申し込みのタイミングで「マリオット・ボンヴォイ」の会員番号を入力する必要があるわけです。

なので、SPGアメックスに申し込む前にマリオット・ボンヴォイに登録(無料)しておきましょう。

マリオット・ボンヴォイは公式サイトの「Mariott Bonvoyに入会する」から無料で登録できます。

無料宿泊特典を活用できるなら絶対持つべき!

ここまで、SPGアメックスの陸マイラーにとってのメリットを中心に説明してきました。

このカードの特徴をもう1度まとめると、、、

  • マイル還元率1.25%と最高水準
  • ポイントはANA・JALをはじめ40社以上のマイルに移行できる
  • ポイント有効期限は実質無期限
  • 年1回の無料宿泊特典で年会費を実質無料にできる

このような感じ。

陸マイラーだけでなく、JAL派の人の普段使いのカードとしても適していますね。

このカードは日常のカード決済だとJALマイルがもっとも効率よく貯まるカードなのも、JAL派にとっては見逃せないポイントです。

このカードのマイル還元率を最大限に活かすには、31,000円+税という高額な年会費を無料宿泊特典で実質的に無料にできるかどうか?

ここにかかっています。

年1回、海外・国内のマリオット・インターナショナルに無料宿泊できることに魅力を感じるなら、絶対にこのカードを持つべきですね。

ただ、無料宿泊特典を活用できないなら、いくらマイル還元率が1.25%と高いと言っても年会費の負担が大きすぎる気がします。

とは言え、無期限にANA・JAL両方のマイルを貯められるクレジットカードは希少なので、存在価値は大きいカードです。

年会費 31,000円+税
家族カード年会費 15,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム Marriott Bonvoyポイント
100円=3ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA・JALなど40社以上
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイト経由からのお申し込みなら入会から3ヶ月以内に10万円以上のカード利用で30,000Marriott Bonvoyポイントプレゼント!