アメックス・ゴールドのオーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインの違いは緊急支援サービス

アメックスの大きな特徴の1つとして、海外旅行のサービスが充実していることが挙げられます。

日本だとアメックスと言えばクレジットカード会社のイメージが強いですが、実は世界最大の旅行代理店でもあります。そのため、海外旅行サービスはお手の物です。ですから、アメックスは定期的に海外旅行に行く方はぜひとも持つべきクレジットカードです。

海外旅行に関する具体的なサービスの1つとして、海外旅行先からの電話による日本語サポートがあります。

アメックスの日本語サポートでは、海外旅行中にわからないことや困ったことがあれば、スマホやホテルの電話からアメックスのコールセンターに電話すれば、日本語でどのように対応すればよいのかを教えてくれます。

ただ、アメックスには、「オーバーシーズ・アシスト」と「グローバル・ホットライン」という2つの日本語サポートがあります。 オーバーシーズ・アシストはアメックス・ゴールドに、グローバル・ホットラインはアメックス・グリーンにそれぞれ付帯するサービスなのですが、この2つのサービスは、アメックス公式サイトを見てもイマイチちがいがよく分かりません…。

オーバーシーズ・アシストの説明ページ

https://www.americanexpress.com/jp/content/benefits/product/travel/overseas_assist.html

(アメックス公式サイト – 海外旅行先での日本語サポート)

グローバル・ホットラインの説明ページ

https://www.americanexpress.com/jp/content/benefits/product/travel/global_hotline.html

(アメックス公式サイト – 海外旅行先での日本語サポート)

アメックス公式サイトでは、オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインの2つのサービスを、別のページなのに同じタイトルで説明しています。しかも、どちらのページも電話番号しか書かれておらず、サービス内容を何も教えてくれないという不親切なものです。

ここでは、アメックスの2つの海外旅行サポートサービスであるオーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインのちがいについて、くわしく説明します。2つの海外旅行サポートサービスのちがいが分かれば、自分にピッタリのアメックスを選ぶことができます。なので、ぜひとも最後まで読んでください。

オーバーシーズ・アシストはグローバル・ホットラインの上位互換サービス

グローバル・ホットラインは、海外旅行情報サービスを受けることができます。そして、オーバーシーズ・アシストはグローバル・ホットラインの海外旅行情報サービスに「メディカルサービス」と「リーガルアシストサービス」という2つがプラスされたサービスです。

オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインのちがいを、以下のとおり表にまとめました。

オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインのちがい

オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン
海外旅行情報サービス
メディカルサービス ×
リーガルアシストサービス ×

つまり、オーバーシーズ・アシストは、グローバル・ホットラインの上位互換サービスだと言えます。

なので、オーバーシーズ・アシストが付帯したアメックス・ゴールドとグローバル・ホットラインが付帯したアメックス・グリーンを選ぶ基準は、メディカルサービスとリーガルアシストサービスが必要かどうかになります。

どちらのサービスも家族なら利用できる
オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインに共通して注目すべき点は、「自分がアメックスを持っていれば、家族も利用できる」ことです。多くのクレジットカードでは、家族カードを持っている場合に限りサービスを利用できます。しかし、アメックスのオーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインは、カード会員と一緒に旅行している家族なら家族カードを持っていなくても利用できます。

ここでいう家族とは、「配偶者・子どもなど生計を共にする親族」です。分かりやすく説明すると、社会保険や税金で扶養になっている家族のことです。

ですから、家族での海外旅行の機会が多く、そのためにアメックスを持ちたいと考えているなら、自分1人だけが入会するだけで旅行中の家族全員がサービスを利用できます。

ただし、友達や彼女などのように親族でない方との海外旅行は、残念ながらこのサービスは利用できません。ですので、友達や彼女に自慢して後でガッカリさせないように注意しましょう。

ここからは、オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインに共通して付帯している海外旅行情報サービスと、オーバーシーズ・アシストだけに付帯するメディカルサービスとリーガルアシストサービスについて、順番にくわしく説明します。

オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインに共通の海外旅行情報サービス

まず始めに、海外旅行情報サービスについて説明します。先ほども説明したとおり、このサービスはオーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインに共通のサービスです。ですから、アメックス・ゴールドとグリーンのどちらでも利用することができます。

この海外旅行情報サービスだけでも、海外旅行中の要望やトラブルに幅広く対応してくれる充実した内容となっています。海外旅行中のほとんどの疑問や悩みは、この海外旅行情報サービスだけで解決できます。

以下では海外旅行情報サービスの21個の内容を、1つずつ説明します。

1.航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更

海外旅行情報サービスに含まれる1つ目のサービスは、航空券の予約や発券、確認や変更の手配です。

冒頭でも説明したとおり、アメックスは世界最大の旅行代理店でもあるので、海外旅行へ行くための航空券の予約や発券も受け付けてくれます。

ただ、航空券の予約や発券、出発前の予約変更は別にアメックスでなくても、JTBやHISのような旅行代理店でも受け付けてもらえます。また、インターネットで格安航空券を予約できることを考えると、特に際立ったサービスではありません。

このサービスの便利なところは、海外旅行中に航空券の予約変更に対応してもらえるところです。帰りの飛行機に乗るために現地の空港へ向かう途中にタクシーが交通渋滞に巻き込まれたり、空港までの電車に乗り遅れたりして航空機の出発時間に間に合わないときでも、日本語で航空券の予約が変更できます。

出発前なら旅行代理店に連絡すれば予約を変更できますが、慣れない海外旅行中だとどこに連絡すればよいのかまったく分かりません。そのような状況であっても、カードの裏面に書かれたところに電話をすれば、日本語で予約変更に対応してくれます。

ですから、予定していた帰りの飛行機に乗り遅れてしまったとしても、次の便などで帰国することができ、次の日から予定どおり会社に出勤できます。

ただし、ゴールデンウィークや年末年始のような混雑期だと、飛行機の予約が埋まってしまっていて帰国予定日の便に乗ることができない恐れがあります。

そうは言っても、海外旅行中に日本語で航空券の予約が変更できるのは心強いと言えます。

2.ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消

海外旅行情報サービスに含まれる2つ目のサービスは、ホテルなどの宿泊施設の紹介、予約、取消です。

このサービスは、上記で説明した航空機と同じように、海外旅行中にホテルのような宿泊施設の紹介や予約、取消をアメックスが行ってくれるサービスです。

旅行前にインターネットで調べて安くてよさそうだと思って予約したホテル。しかし実際に着くと水道が使えずトイレが流せなかったりボロボロだったりしたとき、アメックスに電話すれば代わりのホテルを紹介してくれます。また、旅行中に当初の予定よりも離れた場所を観光したくなったときに、新たなホテルを探すときも便利です。

海外旅行中に現地のホテルを予約しようと思うと、英語や現地の言葉がかなり話せる必要があります。そのような場面で日本語でホテルの予約ができると、不快なホテルを変更したり思いつきで観光ができたり、より思い出に残る旅行にすることができます。

海外旅行のたびに頻繁に利用するサービスではありませんが、いつでもホテルを変更できるという安心感があるのは大きいものです。

3.レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消

海外旅行情報サービスに含まれる3つ目のサービスは、レンタカーやリムジンバスの案内や予約、取消です。場合によっては、現地でレンタカーやリムジンバスを利用することもあります。これらを日本語による電話でレンタカーやリムジンバスを案内してくれ、予約や取消ができます。

当初はこれらを利用する予定で予約したものの、実際にはほかの場所へ行きたくなったり、逆に現地に着いてからレンタカーやリムジンバスを利用したいと思ったとき、手軽に予約して利用することができます。

4.ローカル・ツアーの案内、予約、取消

海外旅行情報サービスに含まれる4つ目のサービスは、ローカル・ツアーの案内や予約、取消です。ローカル・ツアーとはオプショナルツアーとも呼ばれ、1日や半日などの時間で現地の世界遺産やダイビング、クルーズができるツアーのことです。

少人数での海外旅行だと、前もって予約するのは航空機とホテルだけというパターンがほとんどです。そのため、現地に着いてからオプショナルツアーに参加して観光やクルーズをしてみたいと思うことがよくあります。

そのようなとき、現地で思い立ったときにローカル・ツアーに参加することができます。

また、旅行前に予約していたローカル・ツアーを取り消すこともできるため、ほかのツアーに参加したくなった場合も気軽に予定を変更することができます。

ローカル・ツアーに参加したり変更したり手軽にできれば、自由な気分で旅行を楽しむことができます。

5.レストランの案内、予約、取消

海外旅行情報サービスに含まれる5つ目のサービスは、レストランの案内や予約、取消です。海外旅行では、食事も大きな楽しみの1つです。しかし、現地で期待どおりのレストランを見つけることはなかなか難しいものです。せっかくの旅行で、ハズレのレストランに当ってしまうほどショックか大きいことはありません。

そんなときも、日本語による電話で現地のレストランを案内してもらえ、予約や取消ができます。レストランまで行く方法が分からないときも、教えてもらうことができます。

ですから、前もってレストランを予約していない海外旅行でも、食事に困ることはありません。

6.ゴルフ・コースの案内、予約、取消

海外旅行情報サービスに含まれる6つ目のサービスは、ゴルフ・コースの案内や予約、取消です。ゴルフをする予定で海外に行った場合、現地に着いてからコースを変更することもできます。

また、ゴルフの準備をせずに海外に行ったものの、現地に着いてからゴルフをしたいと思ったときでも、思いつきでゴルフ・コースを案内してもらって予約し、レンタルの道具でゴルフができます。現地に着いてからゴルフ・コースに行くことが決まる旅行というのはあまりないとは思いますが。

このように、ゴルフ・コースの案内や予約、取消にも対応してもらえます。

7.主要都市でのミュージカル等のチケットの案内

海外旅行情報サービスに含まれる7つ目のサービスは、主要都市でのミュージカルなどのチケット案内です。アメリカやヨーロッパのような世界の主要都市への旅行であれば、ミュージカルやショー、オペラのチケットを案内してもらえます。

旅行代理店によってはミュージカル鑑賞ツアーを用意しているほどですが、現地に着いてからチケットを案内してもらうことができます。

ただ、注意が必要なのは、ミュージカル等のチケットは案内だけだということです。ここまで説明した航空券やホテル、レストラン、ゴルフ・コースは日本語による電話で予約かできますが、ミュージカルやショーのチケットは予約ができません。ですから、電話で案内してもらったチケットを、自分で購入する必要があります。

しかし、海外旅行中にチケットの案内が受けられるだけでも、十分便利だと言えます。

8.天気予報

海外旅行情報サービスに含まれる8つ目のサービスは、天気予報です。海外旅行の目的がゴルフやスキューバ・ダイビング、サーフィンのようなスポーツだと、天気はとても重要です。

そのような天気が気になるとき、電話で現地の天気予報を教えてもらうことができます。ただ、スマホで検索すれば、現地の天気予報を日本語で知ることもできるので、海外でスマホのインターネットを使いたくない方や、万一スマホを持っていない方なら活用できるサービスかねしれません。

このように現地の天気予報を教えてもらえるサービスもありますが、正直活用できる場面は少ないように感じます。

9.パスポート、査証、予防接種等についての案内

海外旅行情報サービスに含まれる9個目のサービスは、パスポートや査証、予防接種などの案内です。査証とはビザのことで、海外旅行先の国によってはパスポートとは別に必要となります。また、国によっては入国する際に黄熱や肝炎の予防接種証明書が必要だったり、その国で滞在している間は予防接種証明書をつねに持っていないといけなかったりします。

このように入国や出国で重要なパスポートや査証、予防接種証明書は、なくしたり盗難に遭ってしまうと帰りの飛行機に乗ることができません。出国審査にパスできないからです。これはかなりの大ごとです。

そこで、そんな大ごとに見舞われたとき、具体的にどのように対処すればよいのかを電話で教えてもらうことができます。

パスポートや査証、予防接種証明書はないと帰れない上、新しいものを簡単に手に入れることはできません。ですから、対処法を電話で案内してもらえるのはとても価値が高いサービスです。

10.最寄りの日本大使館、領事館の案内

海外旅行情報サービスに含まれる10個目のサービスは、最寄りの日本大使館や領事館の案内です。大使館は日本が現地との外交のための施設で、領事館は現地に旅行や仕事で最大している日本人の保護や情報収集、広報を行う施設です。

海外旅行中に日本大使館や領事館を訪れることは滅多にありません。ただ、上記で説明したパスポートをなくしてしまったときや事件に巻き込まれたときに訪ねる必要があります。

万が一旅行中に大使館や領事館を訪れなくてはならなくなったとき、現在いる場所から最寄りの大使館や領事館を案内してくれます。

大使館や領事館を訪れることは滅多にありませんが、それだけに行かなければならなくなったときはどこにあるのか検討もつきません。ですから、緊急時には心強いサービスだと言えます。

11.アメリカン・エキスプレスのトラベル・サービス・オフィスの案内

海外旅行情報サービスに含まれる11個目のサービスは、アメックスのトラベル・サービス・オフィスの案内です。

トラベル・サービス・オフィスとは、世界各地にあるアメックスの旅行者向けのオフィスのことです。ここを訪れると、旅行の相談やパスポートやクレジットカードの紛失、施設やツアーなどの予約や割引など、旅行に関するあらゆることを引き受けてくれます。

このトラベル・サービス・オフィスの場所を、日本語による電話で教えてもらえるわけです。

旅行中に困ったことがあれば、トラベル・サービス・オフィスを訪れるとたいていのことは解決しますが、大きな難点があります。それは、英語か現地の言葉でしか対応してもらえないこと…。

ですから、英語か現地の言葉が分からないと、トラベル・サービス・オフィスを訪ねても活用できない可能性が高いと言えます。

12.カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き

海外旅行情報サービスに含まれる12個目のサービスは、カード紛失や盗難、再発行の手続きです。海外旅行中にクレジットカードをなくしたり盗難に遭ったりすると、悪用されるのを防ぐためにすぐに電話しましょう。

海外旅行中のクレジットカードの紛失、盗難での利用停止は、どこのカード会社でも行っているサービスです。ただ、アメックスは希望した場合、現地で緊急仮カードを発行してもらえるという大きなメリットがあります。

緊急仮カードは有効期限が発行日の翌月末までで、デザインが通常と異なります。また、4桁のセキュリティー番号がないため店舗によってはカードが利用できませんが、それでも海外旅行中に緊急でカードか再発行されると、ほかにクレジットカードを持っていない方にとっては便利です。

なお、海外旅行中にアメックスのカードをなくしてしまっても、ほかにクレジットカードを持っている場合は、緊急仮カードをしてもらわないという選択肢もあります。

13.T/Cの紛失・盗難の処理

海外旅行情報サービスに含まれる13個目のサービスは、T/Cの紛失、盗難の処理です。T/Cとはトラベラーズ・チェックのことで、旅行者向けの小切手のことです。

トラベラーズ・チェックは持ち主のサインがないと利用できず、紛失しても補償を受けることができるため安全なのですが、2014年3月31日で販売が終了しました。ですから、今後トラベラーズ・チェックを買うことはできません。

もし2014年3月31日までに買ったトラベラーズ・チェックが紛失、盗難に遭った場合には、補償などの対応をしてくれます。

14.パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート

海外旅行情報サービスに含まれる14個目のサービスは、パスポートや所持品の紛失、盗難時のサポートです。

上記でパスポートや査証、予防接種証明書をなくした場合について説明しましたが、パスポートや所持品が紛失や盗難に遭ったとき、どのように対処すればよいのかサポートしてくれます。

パスポートやクレジットカードは、紛失や盗難に遭うと利用を停止したり、新しいものを手に入れる必要があるものの、手続き方法は意外と分からないものです。しかし、電話により日本語でサポートしてもらえるので被害を最小限に食い止めることができます。

15.フラワー・デリバリー・サービスの手配

海外旅行情報サービスに含まれる15個目のサービスは、フラワー・デリバリー・サービスの手配です。海外旅行中に花や花束を贈る手配をしてくれます。

一緒に旅行している方が旅行中に誕生日を迎えたり、奥さんと結婚記念の旅行だったりするときに活用できそうなサービスです。

16.その他のカードに関する問い合わせ

海外旅行情報サービスに含まれる16個目のサービスは、その他のカードに関する問い合わせです。たとえばカードが利用できなくなったり、利用を拒否されたりしたときの原因と対処法を知ることができます。

ほかにも、カードのサービスや保険の内容など、カードに関する質問ならどのようなことでも受け付けてくれます。

17.電話による簡単な通訳サービス

海外旅行情報サービスに含まれる17個目のサービスは、電話による簡単な通訳サービスです。

タクシーで行き先を伝えたりホテルのフロントの受け答えをしたりするときに言葉が通じないとき、電話を使って簡単な通訳をしてくれます。また、相手の人が何を話しているのか分からないときも利用できます。

海外旅行中は言葉が通じずストレスを感じる場面は多いので、いざというときにはこの通訳サービスが活用できる機会は多そうです。

ただし、ビジネスでの商談のような本格的な通訳には対応していません。あくまで日常の会話だけのサービスです。

18.通訳派遣のアレンジメント

海外旅行情報サービスに含まれる18個目のサービスは、通訳派遣のアレンジメントです。上記で説明した電話による簡単な通訳サービスでは対応できない本格的な通訳が必要なときも、対応できる通訳を派遣してくれます。

商談を行いたいときや観光ガイドとしてつねに同行して欲しい場合などに活用できるサービスです。

ただし、通訳を派遣してもらうには別途料金が必要となることに注意しましょう。

19.緊急メッセージの伝言サービス

海外旅行情報サービスに含まれる19個目のサービスは、緊急メッセージの伝言サービスです。事故などのトラブルに巻き込まれたとき、緊急メッセージの伝言をお願いすることができるサービスです。

ただ、スマホがあれば日本の自宅や携帯電話、一緒に海外旅行中の方のスマホへ簡単に電話できるので、活用できる場面があるのかどうか謎なサービスです。

20.医師、歯科医、病院、弁護士の紹介

海外旅行情報サービスに含まれる20個目のサービスは、医師や歯科医、病院、弁護士の紹介です。海外旅行中に体調が悪くなって病院に行かなければならなくなったときや、事故に遭って弁護士に相談する必要が出てきたとき、現地の病院や弁護士を紹介してもらうことができます。

海外旅行中に体調が悪くなる可能性は十分に考えられますし、事故に遭うこともないとも限りません。そのような万一のときに、専門家を紹介してもらえるのし心強いサービスです。

21.カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

海外旅行情報サービスに含まれる21個目のサービスは、カードに付帯している海外旅行傷害保険の保険金請求のサポートです。

アメックスのカードには、海外旅行中の入院や通院費用、持ち物の損害などを補償してくれる保険が付いています。これらの保険金をカード会社に請求するときに、必要な書類などを教えてもらえます。

海外の病院で受け取らなければならない書類は、帰国してしまうと手に入れることがとても難しくなります。ですから、現地にいる間に必要な書類をすべて受け取ることができるサービスです。これにより、確実に保険金を受取ることができます。

以上のとおり、オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインに共通の海外旅行情報サービスは、ホテルやレストラン、レンタカー、ツアー、ゴルフコースなどの案内や予約、旅行中のトラブルへの対応といった幅広いサービスを、電話により日本語で受けることができます。

オーバーシーズ・アシストだけの2つの緊急支援サービス

ここまで、オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインに共通の海外旅行情報サービスについて説明しました。海外旅行情報だけでも十分に手厚く便利なサービスとなっていますが、オーバーシーズ・アシストは、さらに2つの緊急支援サービスである「メディカルサービス」と「リーガルアシストサービス」が追加されます。

メディカルサービスは、海外旅行中に病院へ行く必要が生じたときのサービスです。上記で説明した海外旅行情報サービスでも医師や歯科医、病院は紹介してくれますが、このメディカルサービスでは通院の手配や資金の立て替え、帰国手配も行ってくれます。

そしてリーガルアシストサービスは、弁護士に関連するサービスです。海外旅行情報サービスの弁護士の紹介に加え、弁護士費用の立て替えや通訳派遣の手配まで行ってくれます。

以下では、メディカルサービスとリーガルアシストサービスについて、くわしく説明します。

1.メディカルサービス

メディカルサービスは、医療に関する緊急支援サービスです。現地で急に体調が悪くなったり、事故に遭ったりしてすぐにでも病院に行かなければならなくなったときの一連の手続きを、すべてサポートしてくれます。

ですから、初めて訪れる国でもスムーズに病院に行き、治療を受けることができます。

具体的には病院紹介と予約、日本語による簡単な通訳、医療機関への信用保証、医療費の立て替え、家族への連絡、必要に応じて緊急移送や帰国手配を行ってくれます。

以下でこれらのサービスについて説明します。

1.24時間電話医療相談、病院紹介

メディカルサービスの1つ目は、24時間の医療相談と病院紹介です。先ほど説明した海外旅行情報サービスでも医師や病院の紹介がありましたが、オーバーシーズ・アシストでは医療相談がプラスされています。

たとえば、海外旅行中に急にお腹が痛くなったときに専用の番号に電話すると、対処法を教えてくれます。そして病院に行った方がよい場合は、現在地から近い病院を予約してくれ、病院へ行くまでのタクシーなども手配してくれます。

勝手の分からない海外で、しかも体調が悪い中で病院に行くまでの手配をすべて行ってくれるのは、非常にありがたいサービスです。あとは病院に行って診察してもらうだけです。

2.病院の予約・入院手配

メディカルサービスの2つ目は、病院の予約と入院手配です。上記で病院の予約もしてくれることは説明しましたが、もし入院が必要となった場合、その手配も行ってくれます。

日本でも入院となると手続きが多くなります。増してや海外は、言葉だけでなく日本とは法律や医療制度が異なります。そのような中、病院の予約や入院手配を行ってくれるわけです。

3.電話での日本語アシスト

メディカルサービスの3つ目は、電話での日本語アシストです。ここまで説明したとおり、予約などの手配はすべてアメックス側で行ってくれます。しかし、それでも病院にたどり着き、診察が受けられるかどうか不安が残ります。

そこで、電話でどのようにすればよいのかを丁寧に教えてもらうことができます。病院の受け付けや診察でのやり取りも手助けしてもらえるので、つまずくところはまずありません。

4.医療機関への信用保証

メディカルサービスの4つ目は、医療機関への信用保証です。海外の病院では、日本とは異なり保証人がいないと治療を受けたり入院したりできないことがあります。病院としては、確実に医療費を受け取りたいからです。ですから、現地に住んでいる保証人が必要となります。

しかし、海外旅行中に保証人になってくれる現地の人を見つけることはほぼ不可能です。そこで、アメックスが保証人となってくれ、そのやり取りも直接病院と行ってくれるため、私たちは保証人を見つけて病院に伝えるという大きな問題を簡単に解決できます。

5.上限5,000USドル立替え資金援助

メディカルサービスの5つ目は、上限5,000USドルの立て替え資金援助です。海外旅行先の国や病院によっては、その場で医療費を支払わないと治療が受けられないことがあります。そのようなときに、アメックスが最大で5,000USドル、つまり日本円で約500万円までを立て替えて病院に支払ってくれます。

海外旅行で500万円もの大金を持って行く方はまずいません。また、日本のキャッシュカードを持っていたとしても海外では利用できないことがほとんどですし、そもそも500万円の預金がない方もいらっしゃるでしょう。

500万円というと大げさに聞こえるかも知れませんが、海外では日本とくらべると医療費が高額です。たとえば、アメリカで盲腸の手術を受けて数日入院しただけで、300万円以上の医療費か請求されます。ですから、病気やケガの内容によっては、500万円立て替えてくれるぐらいがちょうどよいと言えます。なお、アメックスが立て替えてくれた医療費は、後日請求した保険金で返還します。

このように、アメリカが病院の窓口で支払わなれけばならない医療費を立て替えてくれます。

6.家族への緊急連絡

メディカルサービスの6つ目は、家族への緊急連絡です。海外旅行中に急に入院しなければならなくなると、予定どおりの日程で帰国することができません。また、大きな病気やケガだと、家族に駆けつけてもらう必要も出てきます。

そこで、海外旅行中に入院や手術をすることになれば、アメリカから日本の家族に緊急連絡をしてくれます。家族に連絡ぐらい自分でできると思われるかもしれませんが、体調を崩している上に勝手の分からない海外の病院に行くとなると、家族に連絡をする余裕がないことがほとんどです。

ですから、家族家族への緊急連絡は気の利いたサービスです。

7.緊急移送、治療経過管理、帰国手配

メディカルサービスの7つ目は、緊急移送や治療経過管理、帰国手配です。1度は最寄りの病院に行ったものの、別の大きな病院でないと手術ができなかったり、医療設備が整った病院で検査を受ける必要が出てきたとき、その手配をアメックスが行ってくれます。

また、場合によっては緊急帰国し、日本の病院に行くことが望ましいと判断された場合、帰国する手配も整えてくれます。

海外の病院へ行くだけでも分からないことだらけなのに、その上別の病院に行くとなると、さらに勝手が分かりません。また、急に帰国するにしても、航空券やホテルの予約など、どのようにすれば思いつかないことがほとんどです。

このような大がかりな緊急移送や治療経過管理、帰国手配などの手続きを、アメックスが行ってくれます。

以上のとおり、メディカルサービスでは海外旅行中の医療に関することは、すべてアメックスが手配してくれます。ですから、万が一病気やケガになったとしても、大きな不安もなく治療に専念することができます。

2.リーガルアシストサービス

オーバーシーズ・アシストだけに用意されている2つ目のサービスは、リーガルアシストサービスです。これは、交通事故や警察に逮捕されるなどの法律トラベルをサポートしてくれます。

レンタカーを運転中に交通事故に遭ったり、現地の法律を知らなかったがために警察などの行政機関に身柄を拘束されたりしてしまったときに、弁護士や通訳を紹介してくれるだけでなく、必要な弁護士費用や保釈金を立て替えてくれるサービスです。

以下では、リーガルアシストサービスの内容についてくわしく説明します。

1.緊急時の弁護士紹介

リーガルアシストサービスの1つ目の内容は、緊急時の弁護士紹介です。これは上記で説明した海外旅行情報サービスとカブっていますが、近くの弁護士を紹介してくれるサービスです。

2.1件あたり上限1,000米ドルの弁護士費用立て替え

リーガルアシストサービスの2つ目の内容は、弁護士費用の立て替えです。弁護士に依頼すると、当然ですが費用がかかります。この費用を、医療費のときと同じようにアメックスが立て替えて支払ってくれます。

3.1件あたり上限1,000米ドルまで保釈金立て替え

リーガルアシストサービスの3つ目の内容は、保釈金の立て替えです。現地の法律が分からなかったために身柄を拘束されてしまった場合、保釈金が必要となる場合があります。海外旅行で保釈金として支払えるようなまとまった金額を用意することは難しいものですが、医療費と同じようにアメックスが立て替えて支払ってくれます。

高額なので手痛い出費ですが、保釈金を支払わなければ帰国できないため、実際に拘束されたときにはとても助かるサービスです。

4.日本語通訳派遣アレンジメント

リーガルアシストサービスの4つ目の内容は、日本語通訳の紹介です。事故などで弁護士に依頼したり身柄を拘束された場合、通訳が必要となることが十分考えられます。このようなとき、法律用語を理解した通訳を派遣してくれます。

通訳の費用は負担しなければなりませんが、弁護士に依頼したり身柄が拘束されている場面では、言葉が通じないとさらに大きなトラブルとなってしまう恐れがあります。ですから、通訳派遣は必要な場面ではぜひとも活用したいサービスです。

このように、リーガルアシストサービスでは、事故や身柄を拘束されるなど、法律に絡んだトラブルに見舞われたときに弁護士の紹介や費用の立て替え、通訳の派遣を行ってくれるサービスです。

海外旅行中に事故や拘束されることはまずありません。しかし、法律がほとんどわからない海外で法律に関連したトラブルに巻き込まれたときには欠かせない内容です。

カードに書かれた番号に電話すればOK

ここまで、オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインのちがいについて説明しました。実際にオーバーシーズ・アシストやグローバル・ホットラインのサービスを利用するには、カード裏面に書かれた番号に電話するだけでOKです。

自動的に旅行中の国や地域の担当センターにつないでくれ、日本語でサービスを利用することができます。

オーバーシーズ・アシストやグローバル・ホットラインを利用するときは、慌てていることがほとんどです。ですから、わざわざ電話番号を調べなくてもサービスを利用できるという点も、利用者への配慮が感じられます。

オーバーシーズ・アシストは少人数での海外旅行には必須

ここまで説明したとおり、オーバーシーズ・アシストはグローバル・ホットラインにメディカルサービスとリーガルアシストサービスの2つのサービスが追加されています。

では、実際の海外旅行ではオーバーシーズ・アシストが必要なのか、グローバル・ホットラインで十分なのかという疑問が沸いてきますが、少人数での海外旅行の機会が多いなら、オーバーシーズ・アシストが付帯したアメックス・ゴールドを持つことをぜひともオススメします。

個人旅行では、特に医療制度や法律について相談できる人が現地にいないことがほとんどです。そのような状況でオーバーシーズ・アシストがあれば、入院や法律トラブルなどの万一の場合に対処できます。

もしオーバーシーズ・アシストがなければ、自力で病院を予約して治療を受けたり、弁護士や通訳を探して依頼したりする手間がかかります。

一方、グローバル・ホットラインで十分なのは、ツアー旅行を利用する機会が多かったり、現地に仲のいい知り合いがいたりする場合です。また、現地にかなり詳しい人と一緒に海外旅行に行くことが決まってときも、グローバル・ホットラインで十分です。

ツアーや現地に詳しい人が一緒にいれば、医療や法律のような緊急のトラブル時に直接相談することにより手助けが受けられます。わざわざオーバーシーズ・アシストに電話する必要はないでしょう。

ただ、現地の医療や法律にくわしい知り合いでいくら仲がよかったとしても、高額な弁護士費用や保釈金を貸してくれるかというと、やや不安が残ります。

そのため、年数回など定期的に海外旅行に行くなら、オーバーシーズ・アシストが付帯したアメックス・ゴールドを持つことをオススメします。海外旅行に行く回数が多ければ多いほど、トラブルに巻き込まれる可能性が増えるからです。

オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットラインのちがいまとめ

このページでは、アメックス・ゴールドに付帯するオーバーシーズ・アシストと、アメックス・グリーンに付帯するグローバル・ホットラインのちがいについてくわしく説明しました。

オーバーシーズ・アシストとグローバル・ホットライン共に、海外情報サービスを利用することができます。このサービスだけでも旅行中の航空券やホテル、レストランの予約や予約変更ができたり、パスポートやクレジットカードの紛失、盗難の際にサポートを受けられたりします。

この海外情報サービスだけでも十分手厚い内容となっていますが、オーバーシーズ・アシストには、さらに緊急支援サービスとしてメディカルサービスとリーガルアシストサービスが追加されます。つまり、オーバーシーズ・アシストは、グローバル・ホットラインの上位互換サービスなのです。

オーバーシーズ・アシストに追加されている緊急支援サービスでは、病院に行く必要が生じたときの予約から費用の立て替えや、法律のトラブルに巻き込まれたときの弁護士や通訳の紹介や費用の立て替えが受けられます。

海外旅行中に病院に行ったり法律トラブルに巻き込まれる可能性はまずありませんが、現地で相談できる相手がいない方が定期的に海外旅行に行くのであれば、ぜひともオーバーシーズ・アシストが付帯したカードを持つことをオススメします。

一方のグローバル・ホットラインは、オーバーシーズ・アシストよりもサービスが少ない代わりに、カード年会費が安いというメリットがあります。もしも現地で病院や法律トラブルの対処法を相談できるガイドさんや知り合いが同行する旅行なら、グローバル・ホットラインで十分カバーできます。

ただ、たとえ現地で相談できる人がいたとしても、万が一のときに医療費や弁護士費用を立て替えてもらうためにオーバーシーズ・アシストが付帯したカードを持つという選択肢もあります。