ANAアメックスとJALアメックスの最大のちがいはポイント有効期限!そのしくみをくわしく解説

「これからマイルを貯めて、無料で旅行に行きたい!けど、ANAとJAL、どっちがいいんだろ…?」

そういった場合、お得にマイルが貯まる航空会社のクレジットカードを選んでマイルを貯めようという人もいるのでは?

ANAとJALはどちらも日本の航空会社。ハッキリ言って料金やサービス、特典航空券の必要マイルはけっこう似ていますからね。

クレジットカードを基準にANAとJAL、どちらのマイルを貯めるのか決めるのも、管理人は全然アリだと思います。

では、ANAアメックスとJALアメックス、飛行機に乗らずに普段の生活だけでマイルを貯めるならどちらがいいのかというと、断言します、ANAアメックスです!

理由は、ANAアメックスならクレジットカードのポイント有効期限をまったく気にせずにマイルが貯められるから。

一方JALアメックスは、3年という有効期限に縛られてしまいます…。

飛行機に乗らずにマイルを貯める場合、多くの人にとって3年は意外と短い期間。せっかくマイルを貯めたのに、有効期限切れで失効してしまうことが多いんです(泣)

そこでここでは、ANAアメックスとJALアメックスの2つのカードを、飛行機に乗らずにクレジットカードの利用だけでマイルを貯めるという視点から比較してみたいと思います。

このページを最後まで読めば、ANAとJAL、どちらのマイルを貯めようか悩んでいるなら「ANAアメックスでANAマイル貯めよ!」と感じていただけるはず。

ANAアメックスは有効期限無期限にANAマイルを貯められる希少なカード。そのため、日常生活のカード利用だけで着実にマイルを貯めるのにピッタリです。

ANAカードはANA VISAカードやANA JCBカードなど、ほかのカード会社からも発行されています。

でもANAアメックス以外のANAカードだと、マイルを貯められる有効期限がキッチリ決められているのが大きな欠点なんです。

このページで比較するJALアメックスも、カード利用で獲得したJALマイルの有効期限はキッチリ3年…。これだと、マイルを特典航空券に交換することなく失効してしまう危険性が高いわけです。

この点、ANAアメックスならマイルが失効してしまう危険性はゼロ。絶対にいつかは特典航空券を手に入れることができるのが最大のメリットです。

年会費 7,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、最大10,000マイルのボーナスマイルが!

JALアメリカン・エキスプレス・カードJALアメックスは、JALマイルが直接貯まるカード。

100円のカード利用につき1マイルが貯まるほか、JAL特約店やJAL航空券の購入で獲得マイルがアップ、JAL便に搭乗すると10%ボーナスマイルが得られるなど、ANAアメックスと共通している点がたくさんあります。

ただ、このJALアメックスがANAアメックスと大きくちがうのは、獲得したマイルはカード利用から3年で失効してしまうこと。

カード利用だけでマイルを貯めるとなると、3年っていうのは結構絶妙な期間。特に海外旅行の特典航空券になると、交換できるだけのマイルが貯まるのは有効期限が切れる直前になることが結構あります…。

また、マイルが十分に貯まったとしても、仕事や家庭の都合でマイルを使えずに失効させてしまう恐れも十分にありますからね。

ただ、JALマイルは国際線の片道だけでも特典航空券と交換できるというメリットがあります。ANAの国際線特典航空券は往復でないと交換できません。

なので、「往復でも片道でもいいから、早くマイルを特典航空券と交換したい!」という人にとってはANAアメックスよりもJALアメックスがオススメです。

年会費 6,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高3,000万円(一部利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム JALマイレージバンク
100円=1マイル(※)
マイル移行可能な
航空会社
JAL
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い
・リボ払い・分割払い
発行日数 2〜3週間

※100円=1マイルを獲得するには、ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円+税)の登録が必要
登録しない場合だと100円=0.5マイル

ANAアメックスとJALアメックスはちがう会社のカード

まずはじめに知っておいて欲しいのは、ANAアメックスとJALアメックスは発行しているクレジットカード会社が以下のようにちがうということ。

ANAアメックスとJALアメックスの発行会社
  • ANAアメックス…アメリカン・エキスプレス
  • JALアメックス…三菱UFJニコス

ANAアメックスは、アメリカン・エキスプレスがANAと提携して直接発行。

そしてJALアメックスは、三菱UFJニコスがJALとアメリカン・エキスプレス、2つの会社と提携して発行しています。

つまり、三菱UFJニコスが国際ブランド・アメックスを使わせてもらっているということですね。

ANAアメックスとJALアメックスの発行会社のちがい

そのため、カードの発行や利用代金の支払い、問い合わせ窓口などはANAアメックスとJALアメックスとで別々の会社になります。

けど、共通点はかなり多い

とは言え、2つのカードは航空会社がANAとJALだという点以外は、共通点はわりとたくさんあります。

どちらのカードも年会費は6,000円~7,000円、カード利用金額100円につき1マイルが貯まり、飛行機に搭乗すればボーナスマイル10%が貯まるという基本的な部分は同じ。

そのため、マイルの貯めやすさはほぼ同じだと考えてもらってOKです。

また、どちらのカードもANAやJALと提携しているアメックスブランドの中では低い年会費。そのため、少ないコストでマイルを貯めることができるわけです。

ANAアメックスとJALアメックスのカードランク比較

このことから、ANAアメックス・JALアメックスともに、普段飛行機に乗らない人が日常のカード利用でマイルを貯めるのに適していると言えます。

また、飛行機に搭乗すれば10%のボーナスマイルが得られることから、ANAやJALの国内線を利用する機会がある人にとってもメリットがありますね。

国際線を利用するならどちらもゴールドカードがオススメ

ANAアメックス・JALアメックスともに搭乗によるボーナスマイルが得られます。

でも、ゴールドカードだと年会費が高額になる代わりにこのボーナスもアップするんです。

具体的には、、、

  • ANAアメックス・ゴールド…年会費31,000円+税
  • JALアメックス CLUB-Aゴールドカード…年会費19,000円+税

このように、どちらのカードも年会費がアップする代わり、フライトによるボーナスマイルは25%に大幅アップ。

そのため、もしも国際線を利用する機会があるなら高額な年会費を支払ってでもゴールドカードでフライトボーナスをもらった方が、結果的にお得になります。

国際線だと飛行距離が長いので貯まるマイルが多いですからね。ボーナスでもらえるマイルが段違いに増えるわけです。

ここまで説明した内容を踏まえ、ANAアメックスとJALアメックスでマイルが貯まるしくみ、付帯サービスについて以下のとおり表にまとめました。


ANA
アメックス
JALアメリカン・エキスプレス・カード
JAL
アメックス
年会費 本カード 7,000円 6,000円
家族カード 2,500円 2,500円
ETCカード 無料
(発行手数料850円+税)
無料
銀聯カード 無料
(発行手数料1,000円+税)
ボーナスマイル 入会 もれなく
1,000マイル
もれなく
1,000マイル
継続 1,000マイル ×
毎年の
初回搭乗ボーナス
× 1,000マイル
ポイント・マイル ポイントプログラム メンバーシップ・リワード JALマイレージバンク
ポイント有効期限 無期限
(ポイント移行コースの
登録が必要)
3年
マイル還元率 1% 1%
ショッピングマイル
・プレミアム登録時
ボーナスマイル ANAマイルプラス
加盟店で1.5〜2%
JALカード
特約店で2倍
ショッピングモール ANAマイレージモール JALマイレージモール
航空券購入ボーナス ANA航空券2.5% JAL航空券2%
移行可能マイル ANAマイル JALマイル
(直接貯まる)
マイル移行手数料 6,000円
(ポイント移行コース)
無料
マイル移行上限 なし
フライトボーナス ANA便で+10% JAL便で+10%
カード特典
  • ANA機内販売10%OFF
  • ANA FESTA 10%OFF
  • A-style 7%OFF
  • 旅行商品5%OFF
  • JAL機内販売10%OFF
  • 空港免税店5〜10%OFF
  • JALパック5%OFF
海外旅行保険 最高3,000万円 最高2,000万円
国内旅行保険 最高2,000万円 最高2,000万円
ショッピング保険 最高200万円
国内旅行で
使えるサービス
空港ラウンジサービス 国内+ハワイで利用可
同伴者1名無料
ANA・JALラウンジ 利用不可
海外旅行
サービス
日本語電話サポート グローバル・ホットライン ハローデスク
手荷物無料宅配サービス
(帰国時のみ)
×

細かい点でちがいはたくさんありますが、最大のちがいはマイルを貯められる期間ですね。

ANAアメックスはポイント有効期限が無期限で、JALマイルは3年。

日常生活のカード利用でマイルを貯めたい方にとっては、この有効期限がカード選びのポイントになります。

JALアメックスの年会費は実質9,000円

JALアメックスは、ANAアメックスと同じ100円=1マイルを貯めるためにショッピングマイル・プレミアムに登録する必要があります。

このショッピングマイル・プレミアム、カードの年会費6,000円+税とは別に毎年3,000円+税の年会費がかかってしまいますが、JALアメックスを持つなら絶対に登録することをオススメします。

もしショッピングマイル・プレミアムに登録しないと、カード利用で貯まるマイルは半分の200円=1マイルに…。これだとJALアメックスを持つ意味がなくなってしまいます。

JALアメックスの特徴は100円=1マイルという高い水準でマイルをお得に貯められることですからね。

なお、ANAアメックスはこういったコストをかけることなく、100円の利用で1マイルを貯めることができます。

キタ

ANAアメックスもJALアメックスも、発行してるカード会社はちがうけど、普段飛行機に乗らん人 or 国内線の利用がメインって人にピッタリって点では共通しとるな。

しかも、カードを使って貯まるマイルとかボーナスマイル、もっというと海外旅行保険の金額まで似とるで(笑)

最大のちがいはマイルが貯められる有効期限!ANAアメックスが圧倒的に有利

ANAアメックスとJALアメックス、それぞれの航空会社のマイルが貯まるという点ではほとんど同じ。でも決定的にちがうのは、冒頭でも書いたとおりマイルが貯められる有効期限なんです。

ANAアメックスはポイント失効を気にすることなく無期限にマイルを貯めることができるカード!

クレジットカードの利用だけでマイルを貯めて無料で旅行に行きたい人にとっては、この有効期限はかなり重要。せっかく貯めたポイント(マイル)が有効期限切れで失効しまうことって、けっこう多いんです…。

失効してしまえば、カードの年会費を支払ってまでマイルを貯めていた意味がなくなってしまいます(泣)

でもANAアメックスなら、そういったことは一切ありません。この無期限にマイルを貯められることが、ANAアメックスをオススメする最大の理由です。

一方のJALアメックスは、マイルの有効期限がキッチリ3年と限られているのが気になるところ。なので、マイルの有効期限切れに注意しながら計画的にマイルを貯めるという工夫が必要です。

ここからは、ANAアメックスとJALアメックスのポイント(マイル)有効期限のしくみについて、くわしく説明しますね。

ANAマイル・JALマイルともに有効期限は3年

まず始めに、ANAマイルとJALマイルはどちらも有効期限は3年とまったく同じ。マイルを獲得してから36か月後の月末で失効します。

ANA・JALマイルともに3年後の月末に失効

この3年という有効期限は、ANAやJALを利用する機会が多い上級会員(厳密にいうとダイヤモンド会員)になれば無期限になるという特典があります。

ただ、ダイヤモンド会員はANA・JALの便に搭乗して1年間に10万ポイントを貯めなければならないという難易度の高さがネック。

ちなみに、日本からタイのバンコクまでANAやJALで往復してもらえるのが5,000ポイント。つまり、1年間で20回タイへ行けばダイヤモンド会員になれるわけですね(泣)

ANA・JALのダイヤモンド会員

ANAアメックスやJALアメックスは飛行機に乗らずに、または乗ったとしても国内線でマイルを貯める人向けのカードなので、マイルの有効期限を無期限にするのは不可能だということです。

なお、ANAとJALは上級会員のしくみまで似ています(笑)

「それじゃ、ANAアメックスでANAマイルが無期限に貯まるって話は何だったんだ!(怒)」

という声が聞こえてきそうなので説明を続けると、ANAアメックスとJALアメックスは、カード利用でマイルが貯まるしくみが大きくちがうんです。

ANAアメックスとJALアメックスのマイルが貯まるしくみ

2つのカード、どのようにマイルが貯まるしくみがちがうのか、くわしく説明しますね。

JALアメックスは直接マイルが貯まる

まずマイルが貯まるしくみがわかりやすいJALアメックスから。

このカードは、カード利用金額100円につきJALマイル1マイルがもらえます。具体的に言うと、JALマイレージバンクに毎月JALマイルが貯まっていくわけです。

JALアメックスを使えばJALマイルが直接加算されます

そのため、JALアメックスだとカード利用でマイルを貯めてから3年以内に特典航空券と交換しなければならないということですね。

先ほども説明したとおり、カード利用だけでJALマイルを貯めたい人にとっては、マイル有効期限を3年以上に延長する方法はほぼありません。

なので、3年以内に特典航空券を手に入れることができないなら、JALアメックスでJALマイルを貯めるはおすすめしません。

このように、JALアメックスはカードを使えばJALマイルが貯まるという、シンプルでわかりやすいしくみ。

その反面、3年という有効期限に縛られてしまうという大きなデメリットがあります。

ANAアメックスは貯まったポイントをマイルに移行

そしてANAアメックスは、JALアメックスときはちがってマイルを貯めるしくみがちょっとだけ複雑になります。

ANAアメックスを利用して貯まるのは、ANAマイルではなくメンバーシップ・リワードというアメックスのポイント。100円のカード利用につき1ポイントが貯まります。

そして、メンバーシップ・リワードのポイントを1,000ポイント=1,000マイルのANAマイルに移行するというしくみ。

ANAアメックスはメンバーシップ・リワードのポイントをマイルに移行

このように、ANAアメックスだとJALアメックスにはなかった、ポイントをマイルに移行するという手間が発生します。

しかも、ANAアメックスはポイントをマイルに移行するとき、ポイント移行コース(年間登録費6,000円+税)への登録が必須です。

ただ、ポイント移行コースは1年単位で登録・解除ができるので、ポイントが貯まってマイルに移行したいときだけ登録し、すぐに解除してしまえばOK。

つまり、ポイント移行コースの登録費はマイル移行手数料みたいなものですね。

ANAアメックスはポイント移行コースへの登録が必須

ANAアメックスはカード利用で貯まるポイントをマイルに移行するとき、JALアメックスだと不要なコストがかかってしまいます。これがANAアメックスのデメリットです。

でも、JALアメックスもマイル還元率を上げるためにショッピングマイル・プレミアムに登録し、年会費とは別に毎年3,000円+税のコストがかかることを考えると、引き分けってところでしょうか。

ANAアメックスのポイントは有効期限が無期限!

このように、ANAアメックスはANAマイルではなく一旦ポイントとして貯まるのがミソ

移行の手間やコストがかかるというデメリットはありますが、このポイント有効期限を無期限にできるという大きなメリットがあります!

ANAアメックスのポイントをANAマイルに移行すれば、有効期限は移行してからキッカリ3年。

でも、ポイントをANAマイルに移行せずに貯め続ければ、この3年という有効期限を気にする必要はまったくありません。

ANAアメックスのメンバーシップ・リワードは無期限にできる!つまり、移行しなければANAマイルの有効期限がいつまで経ってもスタートしない!

このポイント有効期限が無期限というところが、ANAアメックスを持つ最大のメリットになります。

キタ

ANAマイルが貯まるANAカードは、このページで紹介しとるANAアメックス以外にもいっぱい種類があるで。

たとえば、、、

  • ANA VISA一般カード(年会費2,000円+税)
  • ANA MasterCard一般カード(年会費2,000円+税)
  • ANA JCBカード(年会費2,000円+税)

こういったANAカードやったら、ANAアメックスと同じマイル還元率やのに、ハッキリ言ってANAアメックスよりもはるかに少ない年会費でANAマイルが貯められるんよ。

けど、どのカードもポイント有効期限は2年って限られてるから、結局はポイントをマイルに移行できんと失効してしまうのがオチやで。

俺も昔、ANA VISA一般カードでANAマイルを貯めようと思って頑張ってんけど、結局ポイント失効して1マイルももらえんかったからな…。

やから、もしも飛行機に乗らんとANAマイルを貯めるんやったら、ほかのANAカードよりも年会費は高いけどANAアメックスを強くオススメしたい!

ポイント有効期限が無期限やから、絶対にいつかは無料で航空券と交換できるだけのマイルは貯まるで。

ANAアメックスのポイント有効期限は基本的に2~3年

ここまで、ANAアメックスは無期限にポイントを貯められる希少なカードだと説明しました。

ただ、ANAアメックスのポイント有効期限は「最初は」2~3年なんです。具体的に説明すると、ポイントを獲得して3年後の年度末で失効するしくみ。

メンバーシップ・リワードの有効期限はポイント獲得してから3年後の年度末

ところが、ポイント移行コースに登録することにより、ポイント有効期限が無期限になります。

ポイント移行コースというのは、先ほど説明したポイントをANAマイルに移行するときに登録が必要な、毎年6,000円+税がかかるというサービス。

「結局は、ポイント移行コースは登録し続けないといけないってことだから、ANAアメックスは年会費7,000円+ポイント移行コース6,000円=13,000円+税がかかるカードってことね…(ガッカリ)」

と感じたかもしれません。

でも、ポイント移行コースに登録するのは、ポイント有効期限が切れてしまいそうな3年目からポイントをANAマイルに移行するまでの間だけでOK

先ほども説明したとおり、ポイント移行コースは1年単位で自由に登録・解除ができるので、いらないときは解除してしまえば余分なコストを抑えることができます。

もっとも効率のよいポイント移行コースの登録方法

ポイント有効期限を無期限にするためにコストがかかってしまうことにガッカリされる人は多いと思います。でも、多くのANAカードは何をどうやってもポイント有効期限を延長することはできません。

そのことを思うと、ANAアメックスはコストをかければポイント有効期限を延長できるという選択肢が用意されているのは、かなり大きな魅力です。

キタ

たとえばANA VISA一般カードやと、

「あとちょっとでポイントをマイルに移行できるのに失効してまう…(悲)」

っていうとき、どうすることにもできんねん。

ポイントを貯めてマイル移行したいからってカードで無駄遣いするのも、何か目的からズレてるし。

その点、ANAアメックスやったら、

「あとちょっとでポイント有効期限の3年が経ってまう…。ポイント移行コースに登録しよ!」

ってだけで解決してしまうわけ。

これって、ANAマイルを貯めるのにかなり大きいで。

ここまで、ANAアメックスのポイント有効期限を中心に、ANAアメックスとJALアメックスの有効期限について、くわしく説明しました。

ここまでの内容をまとめると、JALアメックスは直接JALマイルが貯まり、有効期限は3年。たったこれだけのわかりやすいしくみです。

そしてANAアメックスは、ANAマイルではなくメンバーシップ・リワードのポイントが貯まり、そのポイントをANAマイルに移行する形になります。

ANAマイルもJALマイルと同じ有効期限3年ですが、ANAアメックスのポイントはポイント移行コースに登録している限り無期限。これで、ANAアメックスは有効期限を気にせずANAマイルを貯めることができるというわけです。

普段のカード利用だけで特典航空券を手に入れたいなら、この有効期限が無期限だというのはかなり大きなメリットだと言えます。

SPGアメックスならANA・JAL両方のマイルを無期限に貯められる!

ANAアメックスはポイント有効期限が無期限にできるものの、ポイント移行コースへの登録にしなければならない…。

JALアメックスはマイル還元率を1%に引き上げるために、ショッピングマイル・プレミアムに登録しなければならない…。しかもマイルの有効期限が3年しかない…。

このようなANAアメックスとJALアメックス、どちらも年会費以外にもコストがかかってしまうところに引っかかっている人もいるのでは?

ANAアメックスとJALアメックスを比較するという趣旨から少しだけ外れてしまうのですが、もしも年に1度はマリオット・インターナショナルに宿泊するという人なら、SPGアメックスでマイルを貯めるという選択肢もあります。

このカードのポイント・プログラムは、マリオット・ボンヴォイ・ポイント。これ、世界的なホテルグループであるマリオット・インターナショナルのポイントプログラムなんです。

このポイントは有効期限がほぼ無期限、しかもANAマイルやJALマイルなど、世界中の航空会社のマイルに移行できるところがメリット。しかもSPGアメックスのマイル還元率は1.25%と、ANAアメックスやJALアメックスを上回ります!

ただこのカード、年会費は31,000円+税とANAアメックスやJALアメックスよりもはるかに高額なのがネック。

でも、毎年もらえるホテルの無料宿泊特典を上手く活用すれば、実質年会費無料でマイルが貯められる優良カードなんです。

なので、もしも年に1度はマリオット・インターナショナルで無料宿泊できることに価値を感じるなら、ANAアメックスやJALアメックスよりもSPGアメックスの方が適していると言えます。

なお、SPGアメックスについては、以下のページでくわしく説明しています。

SPGアメックスは実質年会費無料でANA・JALマイル還元率1.25%!しかもポイント無期限

海外旅行サービスはANAアメックスがちょっとだけ優れている

貯めたマイルで海外旅行に行きたいという人は多いはず。また、ANAかJAL、どちらの国内線をメインで使おうか悩んでいる人もいるかもしれません。

そういった人にとっては、カードに付帯している海外・国内旅行サービスは気になるところ。

結論からいうと、2つのカードの旅行サービスは大差ありません

ANAアメックスとJALアメックス、発行しているカード会社はちがうので付帯サービスは少しずつちがいます。でも、カード選びの決定打になるほどのちがいはないですね。

強いてちがいを挙げるとすれば、ANAアメックスは海外旅行時の空港サービスが少しだけ優れていること。

2つのカードの旅行サービスのちがいを、以下のとおり表にまとめました。


ANA
アメックス
JALアメリカン・エキスプレス・カード
JAL
アメックス
海外旅行保険 死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高1,000万円(自動付帯)
最高2.000万円(利用付帯)
傷害・疾病 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円 最高2,000万円
携行品損害 最高30万円 最高50万円
救援者費用 最高200万円 最高100万円
付帯条件 利用付帯 自動付帯
キャッシュレス
診療
なし あり
国内旅行保険 死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高1,000万円(自動付帯)
最高2,000万円(利用付帯)
入院 なし 5,000円/日
通院 なし 2,000円/日
手術 なし 5,000円×10〜40倍
(手術の内容に応じて)
付帯条件 利用付帯 自動付帯
国内旅行で
使えるサービス
空港ラウンジ
サービス
国内+ハワイで利用可
同伴者1名無料
ANA・JAL
ラウンジ
利用不可
海外旅行
サービス
日本語
電話サポート
グローバル・ホットライン ハローデスク
手荷物無料
宅配サービス

(帰国時のみ)
×

どちらのカードも、国内旅行でも利用できる空港ラウンジが同伴者1名も対象だという点は、ほかのクレジットカードよりも優れているのが特徴ですね。

ここから、2つのカードの海外・国内旅行サービスのちがいを比較していきましょう。

空港ラウンジサービスはどちらも同伴者1名無料!

空港ラウンジ(主に国内)が同伴者1名まで無料

ANAアメックスとJALアメックスは、どちらも国内+ハワイ・ホノルルの空港ラウンジを無料で利用できます。この空港ラウンジサービスは、飛行機に乗る機会が多い人に人気のサービス。

国際線・国内線の両方で搭乗チェックインを済ませた後、搭乗時間までを空港ラウンジですごせます。

無料でフリードリンク、Wi-Fiや電源コンセントが利用できるので、飛行機に乗る前にジュースを飲みながらスマホを充電できるわけですね(嬉)

管理人も関西国際空港でタイ行きの飛行機を待つ時間、必ず空港ラウンジを利用しています。

飛行機に搭乗する直前のビールは、うまいっす!もちろん無料w

このサービスは国際線・国内線のどちらでも対象なので、国内線を利用する機会が多い人と貯めたマイルで海外旅行に行く人、どちらも活用可能です。

この空港ラウンジサービスが付帯するクレジットカードは、何もANAアメックスとJALアメックスでなくてもたくさんあります。

でも、たいていのカードはカード会員や家族カードを持っている人だけが対象。

ところがANAアメックスとJALアメックスは、カードを持っている人+同伴者1名も空港ラウンジを無料で利用できるというメリットがあります。

同伴者は家族はもちろん、友だちや仕事の同僚など、誰でもOK!

空港ラウンジサービスを同伴者も利用できるクレジットカードはかなり希少なんです。

なお、アメックスの空港ラウンジサービスについては、以下のページでくわしく説明しています。

アメックスは使える空港ラウンジが多い上に同伴者1名が無料

ANAラウンジ・JALサクララウンジは利用できない(泣)

ANAアメックスとJALアメックス、どちらも空港ラウンジを提携しているカードなので、ANAラウンジやJALサクララウンジを利用できるのでは?と期待している人もいるのでは?

ANAラウンジとJALサクララウンジは、どちらも航空会社が運営しているラウンジで、クレジットカードで無料利用できるラウンジよりも格段に豪華になります。

ただ残念ながら、ANAアメックスとJALアメックス、どちらもこういったVIPなラウンジを利用することはできません(泣)

国内旅行保険はJALアメックスが一応充実

国内線を利用する人に少しだけメリットがある国内旅行保険

国内旅行保険というのは、飛行機はもちろん、新幹線や電車を使っての国内旅行や宿泊付きの国内パッケージツアーの参加中の事故を補償してくれるというもの。

ただ、国内旅行なら万が一病気やケガで病院に行ったとしても、普段から加入している健康保険や生命保険が使えるので、国内旅行保険はそこまで重要ではありません

でも、せっかくカードのサービスとして付いているのなら、補償金額が多い方がいいに決まっていますね。

この国内旅行保険、JALアメックスの方がANAアメックスとくらべて少しだけ優れています。

何が優れているのかというと、ANAアメックスは国内旅行中の死亡・後遺障害しか補償されないのに対し、JALアメックスは入院や通院も補償される点。

わかりやすく表にすると、以下のとおりです。


ANA
アメックス
JALアメリカン・エキスプレス・カード
JAL
アメックス
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高1,000万円(自動付帯)
最高2,000万円(利用付帯)
入院 なし 5,000円/日
通院 なし 2,000円/日
手術 なし 5,000円×10〜40倍
(手術の内容に応じて)
付帯条件 利用付帯 自動付帯

そのため、JALアメックスに限っては、国内旅行中に旅行先の病院で治療を受けることがあれば、医療費が補償されるわけです。

ただ、先ほども説明したとおり国内旅行保険を活用する機会はほぼないので、国内旅行保険を理由にJALアメックスを選ぶほどの魅力はありません。

ANAアメックスだけは手荷物無料配送サービスが付帯

ANAアメックスは、JALアメックスにはない手荷物無料配送サービスが付帯します。

このサービスを利用できるのは国際線を利用するときだけなので、国内線を利用する機会がある人にとってはまったくメリットがないのが残念なところです。

手荷物無料配送サービスは、海外旅行から帰国したときに空港から自宅までスーツケースのような手荷物1個を無料で配送してくれるというもの。

電車やリムジンバスでスーツケースを持ち運ぶ必要はなくなります!

このサービスの使い方も簡単で、帰国したときに空港のカウンターでスーツケースを預けるだけでOK。前もって予約などする必要がなく、思いつきで利用できるのがメリットです。

国際空港のJALエービーシーでスーツケースなどを無料で預かってくれます

預けた手荷物は帰国した翌日には自宅に届けられるので、洗濯やお土産を配るのもまったく問題ないですね(笑)

ANAマイルを貯めての海外旅行で活用できるサービスです。

海外旅行保険はどちらも使えない…

海外旅行保険は使い物にならないレベル(泣)なので補完は必須!

ANAアメックスとJALアメックスは、どちらも普段飛行機にまったく乗らない人か、国内線を利用する機会がそこそこある人に適したカード。

そのせいか、海外旅行保険はハッキリ言って大したことはありません

ないよりまし、というよりないのと変わらないレベルです(悲)

2つのカードの海外旅行保険をトータルで比較すると、JALアメックスの方が以下の2点で一応優れてはいます。

JALアメックスの海外旅行保険が優れている点2つ
  1. 海外旅行保険の付帯条件(JALアメックスは自動付帯、ANAアメックスは利用付帯)
  2. JALアメックスはキャッシュレス診療に対応。けどANAアメックスは対応していない

2つのカードの海外旅行保険のちがいは、以下の表のとおりです。


ANA
アメックス
JALアメリカン・エキスプレス・カード
JAL
アメックス
死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高1,000万円(自動付帯)
最高2,000万円(利用付帯)
傷害・疾病 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円 最高2,000万円
携行品損害 最高30万円 最高50万円
救援者費用 最高200万円 最高100万円
付帯条件 利用付帯 自動付帯
キャッシュレス
診療
なし あり

ただ、どちらのカードも海外旅行保険でもっとも利用する可能性が高い傷害・疾病費用補償、つまり海外での病気・ケガによる医療費の補償がたった100万円しかないという問題を抱えています。

日本よりも医療費が高額な海外だと、100万円の補償ではハッキリ言ってお話になりません。

なので、ANAアメックスとJALアメックス、どちらも貯めたマイルで海外旅行へ行くときは、ほかの海外旅行保険が充実したクレジットカードを持ったり有料の海外旅行保険に加入するなどの対策が必要です。

なお、アメックスの海外旅行保険については以下のページでくわしく説明しています。

アメックスの海外旅行保険は不十分!その理由と対策を解説

キタ

ANAアメックスとJALアメックスが共通して優れてるんは、同伴者1名も対象の空港ラウンジサービス。

これ、ほかの会社のクレジットカードやとゴールドカードはもちろん、プラチナカードでも同伴者1名は対象にならんから、かなり価値があるで。

それ以外の付帯サービスは、まぁ普通…(笑)

ANAアメックスとJALアメックスのちがいまとめ

ここまで、ANAアメックスとJALアメックスのちがいについてくわしく説明しました。

これからクレジットカードでマイルを貯めたい人、国内線をANAとJAL、どちらかに絞ってマイルを貯めたい人なら、絶対にANAアメックスがオススメ!

ANAアメックスはマイルを無期限に貯められる希少なカードですからね。

特に日常生活の支出でマイルを貯めて海外旅行に行きたい!という人にとっては、ポイントやマイルの有効期限はとても重要になります。

マイルを効率よく貯めるために還元率も大事ですが、有効期限切れでポイントやマイルが失効してしまっては、一体何がしたかったのかわかりません(泣)

その点ANAアメックスなら、ポイント移行コースというコストがかかってしまうものの、カード利用で貯めたポイントをいつまでも貯め続けることができます。

年会費 7,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、最大10,000マイルのボーナスマイルが!

JALアメリカン・エキスプレス・カード一方のJALアメックスは、カード利用で直接JALマイルが貯まるというわかりやすいしくみ

ただ、ポイント移行などの手間・コストはまったくかからない代わりに、貯めたマイルはきっちり3年で失効してしまうのが大きなデメリットです。特にマイルで海外旅行を目指すなら、3年はけっこう微妙な期間…。

また、もしも海外旅行に必要なマイルは貯められたとしても、家庭や仕事の事情でそもそも旅行に行けない危険性もあります。

そう考えると、JALアメックスだとせっかく貯めたマイルが活用できない恐れがあるわけです。

年会費 6,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高3,000万円(一部利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム JALマイレージバンク
100円=1マイル(※)
マイル移行可能な
航空会社
JAL
支払い方法 1回払い・2回払い・ボーナス一括払い
・リボ払い・分割払い
発行日数 2〜3週間

※100円=1マイルを獲得するには、ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円+税)の登録が必要
登録しない場合だと100円=0.5マイル