アメックスの手荷物無料宅配サービスは出発時も利用可能

海外旅行といえばお約束のようにスーツケースを持ち運びます。ただ、スーツケースは現地のホテルの部屋に着くまで開けることはないので、本当に持ち運ぶだけです。

アメックスは、そんな持ち運ぶだけのスーツケースを出発時は自宅から空港まで、帰国時は空港から自宅まで宅配業者が送料無料で届けてくれるサービスが付帯しています。

つまり、アメックスがあれば行きは自宅から空港まで、帰りは空港から自宅まで、スーツケースを持つことなくほぼ手ぶらで移動できるわけです。

ここではアメックスの付帯サービスである手荷物無料配送サービスについて、くわしいサービス内容と利用方法を説明します。

手荷物無料配送サービスは多くの海外旅行者にとって使い勝手がよく、それでいてお得度が高くなっています。ですから、ぜひこの機会にアメックスを手に入れて活用していただきたいサービスです。

すべてのアメックスに手荷物無料宅配サービスが付帯

グリーンとゴールドだけは出発時と羽田空港でも利用できる!

手荷物無料配送サービスの内容をくわしく説明する前に、このサービスが付帯したアメックスを紹介します。

手荷物無料配送サービスは、アメックスが直接発行しているカードすべてに付帯しています。ただし、出発時にこのサービスを利用できるのはグリーンとゴールドの2種類だけです。ほかのアメックスだと帰国時しか手荷物無料配送サービスを利用できないことに注意しましょう。

また、手荷物無料配送サービスが利用できる空港も、グリーン・ゴールドとそれ以外のアメックスで異なります。グリーン・ゴールドの2種類は成田、羽田、関空、中部と4空港で利用できますが、ほかのアメックスは羽田を除いた3つの空港でのみ利用可能です。

なので、羽田空港で手荷物無料配送サービスを利用するなら、グリーンかゴールドを持つ必要があります。

ここまでの内容をわかりやすく表にすると、以下のとおりです。

手荷物無料配送サービスが利用できるアメックスとサービス内容

手荷物無料配送サービスが
付帯するアメックス
対象の空港 サービス内容
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
出発時と帰国時
スーツケース1個を無料配送
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
帰国時のみ
スーツケース1個を無料配送

上記の表のとおり、グリーンとゴールドの2種類は、羽田空港でもサービスを利用できる上に出発時も対応してもらえるという点で、ほかのアメックスよりも優れています。

なので、以下のような方はグリーンかゴールド、どちらのカードを選ぶ必要があります。

グリーン・ゴールドの手荷物無料配送サービスが必要な人
  • 羽田空港をよく使う
  • 出発のときに手荷物無料配送サービスを利用したい

一方、羽田空港には無縁で「手荷物無料配送サービスは帰りだけ利用できたら十分!」という方なら、どのアメックスを選んでも大丈夫です。

先ほど説明した羽田空港と出発時にサービスを利用できるかどうか以外は、どのカードもまったく同じサービス内容となっています。

ここまででアメックスの手荷物無料配送サービスは、カードの種類によって利用できる空港と出発時に利用できる・できないが異なることをご理解いただけたかと思います。

以下では、手荷物無料配送サービスのくわしい内容について説明していきます!

手荷物無料宅配サービスとは?

自宅と空港のカウンターの間でスーツケース1個を無料配送!

先ほどまで説明したとおり、手荷物無料宅配サービスは旅行の行き・帰りにスーツケースを自宅から空港まで無料で配送してくれます。

具体的には、海外への出発前にスーツケースを空港まで送り届けてカウンターで受け取り、そのままチェックインできます。

また、帰国したときは空港で受け取ったスーツケースをすぐにカウンターで預けることにより、手ぶらで帰宅できます。預けたスーツケースは、翌日には自宅に届きます。

このサービスは手軽に利用しやすくて便利です。自宅と空港の移動でスーツケースをコロコロと引っ張る手間がまったくないわけですからね。

スーツケースって、小さいサイズでも持ち運びが面倒なんですよね…。

自宅から空港までの道中でスーツケースを持っていると、周囲の人に「これから海外旅行だよ!」とアピールできる効果はあります。(管理人だけか?)

ただ、スーツケースはけっこう大きくて邪魔ですし、階段は持って運ばないといけなかったりと移動に結構なストレスになります。さらに、

  • 行き先の国が冬
  • 長期間の旅行
  • 女の人
  • お子さん連れの海外旅行
こんな感じの旅行だと、大きなサイズのスーツケースを持ち運ばなければならないのでは?

管理人は男かつ1人旅なので機内に持ち込みができるサイズのスーツケースを使っていますが、自宅から関西空港まで向かう道中は自家用車→電車→リムジンバスと乗り換えがあるので、スーツケースを持って駐車場から駅で電車はかなり面倒に感じていました。

特に帰りは、長時間飛行機に乗った後にスーツケースを持って電車に乗るのは勘弁して欲しいです…。

なので、管理人は今ではアメックスの手荷物無料配送サービスを利用しています。無料で利用できるこのサービスは、アメックスの旅行サービスの中でも利用価値が高いと感じています。

海外旅行だけのサービス

このサービスは、アメックスの公式サイトでは以下のとおり海外旅行限定だと説明されています。

海外旅行の際、ご出発時にご自宅から空港まで、ご帰国時に空港からご自宅まで、カード会員1名様につきスーツケース1個を無料で配送いたします。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード公式サイト「手荷物無料宅配サービス」より)

空港のカウンターで手荷物を受け取るときに航空券やイーチケットを提示しないといけないので、国内旅行では利用しないようにしましょう。

無料で送れる手荷物のサイズと種類

手荷物無料配送サービスで取り扱ってもらえるのは、縦・横・高さの合計が160cm以内で重さ30kgまでのスーツケースやゴルフバッグ1個です。

なお、「カード会員1人につき手荷物1個」なので、本会員はもちろん家族カード会員でもこのサービスを利用できます。

海外でゴルフをするためにスーツケースとゴルフバッグを用意している場合、両方とも無料配送してもらうことができないので注意しましょう。海外でゴルフをするときは、ゴルフバッグだけを無料配送してもらって、スーツケースは持ち運んでも十分楽ですけどね。

また、縦・横・高さの合計が160cm以内というのは、ほとんどのスーツケースに対応しています。ANAや海外のほとんどの航空会社で飛行機に積んでもらえる手荷物のサイズは158cm以内なので、スーツケースもそれに合わせたサイズで作って販売されているからです。

ですから、いつも飛行機の手荷物として預かってもらっているスーツケースならアメックスの手荷物無料配送サービスの対象だと考えて問題ありません。

JALは203cmの手荷物でも扱ってくれる
上記で説明したとおり、ほとんどの航空会社が取り扱ってくれるスーツケースなら、アメックスの手荷物無料配送サービスを利用できます。

ただ、いつもJALを利用している方は注意が必要です。JALだけは縦・横・高さの合計が203cmまでの大きな手荷物でも飛行機に積んでもらえます。

そのため、JAL便での海外旅行で大きなスーツケースを使っている方だと、このサービスが利用できないかもしれません。

それから、海外でスキーやスノーボード、サーフィンを楽しむ方には残念なお知らせです。手荷物無料配送サービスでは、スキーやスノーボード、サーフボードは対象外となっています。

もしスキー・スノーボードやサーフボードを持っていきたい場合、有料の配送サービスを利用するか自宅から空港まで自力で運ぶしかありません。

何度でも利用できるのが大きなメリット

この手荷物無料宅配サービスは、上記で説明したとおり1度で配送できる手荷物は1個だけです。

ただ、このサービスは1年のうちに何度でも利用できるのが大きなメリットです。ですから、飛行機に乗る機会が多い人であるほどお得なサービスですね。

自宅と空港の手荷物配送は、スーツケースの大きさや自宅と空港の距離にもよりますが、管理人の場合だと通常料金で4,860円かかります。

(この4,860円は、奈良県から関西空港まで縦・横・高さの合計が160cmのスーツケース1つを往復で、JALエービーシーを使って配送してもらう場合の料金です)

管理人の場合だと、年4回このサービスを利用するだけでアメックス・グリーンの年会費19,000円+税の元が取れてしまいます。

ですから、海外へ行く機会が多い方なら、手荷物無料配送サービスのためだけにアメックスを持っても十分に価値があります。

また、海外へ行くのは年1~2回程度だったとしても、手荷物無料配送サービスにプラスしてアメックスの海外旅行サービスほ活用すれば、コストパフォーマンスが高いと言えます。

アメックスならではのメリット

ここまで説明してきた手荷物無料配送サービス。このサービスはアメックスだけでなく、他社のゴールドカードやプラチナカードにも付帯しているサービスです。

「じゃあ、手荷物無料配送サービスを利用するだけなら、ほかのカードでもいいんじゃね?」と思われる方も多いと思いますので、アメックスの手荷物無料配送サービスがほかのカードよりも優れている点を説明します。

アメックスの手荷物無料配送サービスは、海外旅行の出発時に利用できるのが特徴です。

出発・帰国の両方で手荷物無料配送サービスが利用できるクレジットカードは、他社だとプラチナカードになります。アメックスではもっともスタンダードなグリーンであっても出発時にこのサービスが利用できるわけです。

このことからも、やはりアメックスの旅行サービスは充実していると言えますね。

ちなみに、アメックスと同じように旅行サービスをウリにしているダイナースクラブカードやJCBゴールドに付帯している手荷物無料配送サービスは、以下のようになっています。

ダイナースやJCBの手荷物無料配送サービスの内容
  • ダイナースクラブカード … 帰国時のみ、1人につき1個の手荷物を無料配送
  • JCBゴールド … 帰国時のみ、しかもJCBのトラベルデスクで旅行の予約をすると無料配送

ダイナースクラブカードは年会費22,000円+税と、アメックスと並んで付帯サービスが充実したカートです。それでも、手荷物無料配送サービスに関しては帰国時しか利用できません。

また、国内では知名度が高く、審査が比較的厳しいと言われているJCBコールドも、帰国時しか利用できない上に、JCBのトラベルデスクで予約した旅行でないと無料配送してくれないという、何とも使い勝手の悪いサービス内容です。

このことから、アメックスの手荷物無料配送サービスは、プラチナカードでなくても出発時と帰国時の両方で利用できるという点で手厚いと言えます。

ですから、「海外旅行の出発のときこそ手荷物無料配送サービスを利用したい!」という方には、アメックスが適しています。

出発時に手荷物無料配送サービスが利用できるのはグリーンとゴールドのみ
冒頭の方でも説明しましたが、出発時に手荷物無料配送サービスが利用できるのは、アメックス・グリーンとゴールドの2種類だけです。

ほかのアメックスだと他社のクレジットカードと同じように帰国時しかサービスを利用できないことに注意しましょう。

出発時は3日前までにネットでの予約が必要

それではいよいよ、実際にアメックスの手荷物無料配送サービスを利用する方法について説明しますね。

出国時は荷物をまとめたスーツケースやゴルフバッグを引き取りに来てもらわなければなりません。ここでは出国前に必要な配送の予約から、出国時に空港で手荷物を受け取る方法を紹介します。

1.出発7日前までに会員サイトから配送の予約

必ずアメックス公式サイトを経由して手荷物の引き取りを依頼しましょう

手荷物無料配送サービスを利用するには、海外旅行に出発する7日前までにネットからの予約が必要です。

まずは以下のアメックス会員専用サイトから手荷物の引き取りを申し込みましょう。

アメックス公式サイト – 手荷物無料配送サービス(出国時)

アメックスの手荷物無料配送サービスは、JALエービーシーという会社がアメックスと提携して行っています。JALエービーシーというのは名前からも分かるとおり航空会社のJALのグループ会社です。

手荷物無料配送サービスを利用するには、必ずアメックス公式サイトを経由しましょう。直接JALエービーシーのサイトから引き取りを申し込むと、配送料金がかかってしまいます。

なお、公式サイトでは「出発の7日前までに」と案内されていますが、3日前でも普通に利用できることがほとんどです。年末年始やゴールデンウィーク、夏休みのような繁忙期だと7日前でないと難しいかもしれませんが、少なくとも管理人が7月や9月の海外旅行で利用したときは、3日前でも普通に予約できました。

ただ、早いに越したことはないので、前もって荷物をまとめて予約しておきましょう。スーツケースやゴルフバッグは特に梱包する必要はありません。

なお、手荷物の集荷日はもちろん、集荷時間帯や業者も選ぶことができます。

2.配送業者が手荷物を引き取りに来てくれる

ネットの会員サイトから手荷物の配送を予約すると、宅配業者が引取に来てくれます。このとき受け取る宅配伝票控えは、空港で自分の手荷物を受け取るために必要なので捨てたりなくさないようにしましょう。

3.空港のカウンターで受け取り

配送業者に預けた手荷物は、私たちよりも一足先に空港に到着しています。手荷物を受け取るには、空港で次の3つを提示しなければなりません。

手荷物無料配送サービスの受け取りに必要なもの3つ(出国時)
  • アメックスのカード
  • 配送業者から受け取った宅配伝票
  • 搭乗券や予約確認書

海外旅行へ行くので搭乗券や予約確認書は必ず持っていると思いますが、先ほども説明したとおり、宅配伝票が必要です。

宅配伝票がないと、他人の荷物と間違えて受け取ってしまう可能性があります。海外に着いてスーツケースを開けると知らないオッチャンのパンツが出てきた日には、びっくりするしかありませんからね。

また、アメックスのカードを日頃財布に入れて使っていない人は、忘れないように注意しましょう。アメックスのカードがないと料金がかかってしまう恐れがあります。

アメックスは、「出かけるときは、忘れずに!」です。

そして、肝心の手荷物の受け取り場所ですが、空港内の決められた以下のカウンターです。

手荷物の引き取りカウンター一覧

空港 カウンターの名前 場所 営業時間
成田国際空港 第1ターミナル JALエービーシー
カウンター
北・南4階(出発階) 7:00~21:00
第2ターミナル 南3階(出発階)
羽田空港 宅配手荷物カウンター
(JALエービーシー)
国際線ターミナル3階
(出発階)
24時間
中部国際空港 手荷物サービスカウンター 3階(出発階) 6:30~21:30
関西国際空港 JALエービーシーカウンター 4階南(出発階) 6:30~22:30

上記のとおり、どの空港も国際線の出発階のカウンターで手荷物を受け取ることができます。

このとき、カウンターの営業時間に気をつけましょう。羽田空港は24時間対応なので問題ありませんが、ほかの空港で深夜便などに搭乗する場合、カウンターが閉まっていると手荷物が受け取れません。

その場合、カウンターが開いている時間帯に空港に着くようにするか、手荷物無料配送サービスの利用は諦めるか、何らかの工夫が必要です。

空港で受け取った手荷物は、そのままチェックインカウンターで預けるだけでOKです。海外への出発時に手荷物を持ち歩くのは、出発階の手荷物受け取りカウンターとチェックインカウンターの間だけです。

帰国時は空港のカウンターに荷物を預ければOK

次に帰国時の手荷物無料配送サービスの利用方法も説明します。

帰国時は出発時とは異なり、前もっての予約などは一切不要です。ですから、そのときの気分で利用することもできます。

具体的に言うと、帰国してすぐに空港内のカウンターで預けるだけで、翌日には自宅に手荷物が届けられるわけです。出発時とくらべると簡単ですね。

1.空港のカウンターに手荷物を預ける

まず、帰国時の手荷物無料配送サービスで必要になるのは、

  • アメックスのカード
  • 航空券の半券

この2つです。これらを提示して、以下のカウンターで手荷物を預ければOKです。

手荷物を預けるカウンター一覧

空港 カウンターの名前 場所 営業時間
成田国際空港 第1ターミナル JALエービーシー
カウンター
北・南1階(到着階) 6:00~最終便
第2ターミナル 本館1階(到着階)
羽田空港(※) 宅配手荷物カウンター
(JALエービーシー)
国際線ターミナル2階
(到着階)
24時間
中部国際空港 手荷物サービスカウンター 2階(到着階) 7:00~22:00
関西国際空港 JALエービーシーカウンター 1階南(到着階) 6:15~22:30

※帰国時に羽田空港で手荷物無料配送サービスを利用できるのは、アメックス・グリーンとゴールドの2種類だけです。

なお、出発時に手荷物を受け取るカウンターは出発階でしたが、帰国時に手荷物を預けるカウンターはすべて到着階になります。

帰国時も、出発時と同じようにカウンターの営業時間があります。ただ、ほとんどの場合帰国は帰りの電車やバスが運行している時間になるので、さほど心配しなくてもよい気がします。

2.翌日には手荷物が届く

空港で預けた手荷物は、帰宅した翌日には自宅に届けられます。スーツケースの到着があまりに遅いと使いにくいサービスですが、帰国した翌日に届けてくるなら、洗濯やお土産配りにも大きな不都合はないのではないでしょうか?

以上のとおり、アメックスの手荷物無料配送サービスは出発時と帰国時、どちらも無料で利用できるのが特徴です。かさばるスーツケースを年何度でも無料で自宅・空港間を配送してくれるので、利用しやすく便利なサービスだと言えますね。

手荷物無料配送サービスにオススメのアメックス

ここまでくわしく説明してきた手荷物無料配送サービス。このサービスを活用するためにオススメのアメックスを紹介します。

1.アメックス・グリーン

手荷物無料配送サービスを活用するのにもっともオススメのアメックスは、アメックス・グリーンです。ここまで何度か説明したとおり、このグリーンとゴールドだけは出発時と羽田空港で手荷物無料配送サービスを利用できるのが大きな特徴です。

また、グリーンとゴールドの手荷物無料配送サービスのサービス内容はまったく同じなので、年会費が低いグリーンをもっともオススメとさせていただきました。

羽田空港からの国際線を利用する機会が多い方や、出発時の手荷物無料配送サービスも活用したいと考えているなら、アメックス・グリーンがオススメです。

年会費 12,000円+税
家族カード年会費 6,000円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど15社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、入会から3ヶ月以内のカード利用で最大10,000ポイントプレゼント!

2.アメックス・ゴールド

アメックス・ゴールドも、上記で紹介したグリーンと同じように出発時と羽田空港で手荷物無料配送サービスを利用できるカードです。

グリーンより年会費は高い代わりに、充実した海外旅行保険や海外サポートが付帯しています。

なので、海外へ行く機会が年数回あり、手荷物無料配送サービスだけでなくトータルで充実した海外サービスを求めたい方にはこのゴールドがオススメです。

また、1枚に限り無料で持つことができる家族カードがあれば、手荷物無料配送サービスで取り扱ってもらえる手荷物の数は2個に増えるのも大きなメリットです。

お子さん連れの家族旅行で手荷物無料配送サービスを利用するなら、2つのスーツケースを持ち運ぶ必要がないのは魅力的ではないでしょうか?

まとめると、年数回海外へ行く方や家族旅行で手荷物無料配送サービスを利用したいなら、グリーンよりもゴールドの方がオススメです。

年会費 29,000円+税
家族カード年会費 12,000円+税←1枚目は永年無料
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1億円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど15社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、入会から3ヶ月以内のカード利用で最大20,000ポイントプレゼント!

3.ANAアメックス

ANAアメックスは、手荷物無料宅配サービスが付帯しているもっとも年会費が低いアメックスカードです。

なので、とにかく少ないコストで手荷物無料配送サービスを利用したい!という方にはオススメできます。

ただし、手荷物を無料で配送してくれるのは帰りだけで、羽田空港では受け付けてくれません。

それでも「羽田空港は使うことがない」方や「帰国時さえ荷物を無料で送ってくれたら十分!」という方にはオススメです。

なお、このカードはANAマイルを貯めやすいカードなので、ANA便を使って海外旅行に行く機会が多い人なら、ANAマイルを貯めながら手荷物無料配送サービスが利用できるというメリットもあります。

年会費 7,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、最大10,000マイルのボーナスマイルが!