ANAアメックスとANA VISA一般カード、マイルを貯めるならどっちが得か?比較してみた

  • 「クレジットカードで買い物をしてANAマイルを貯めたい!」
  • 「ANAマイルを貯めるならANAカードがよさそうだ」
  • 「ANAカードはいろんな種類があるけど、どれを選べばいいの…?」

ANAマイルが貯まりやすいANAカードを探していると必ずと言っていいほど目にするANA VISAカード

でも、日常生活のカード決済で貯めたANAマイルを家族旅行でまとめて使いたいと考えているなら、ANAアメックスがオススメです。

ANA VISAカードは、年会費が実質約1,000円と低い上、数あるANAカードの中でもっともマイル還元率が高いため、もっとも効率よくマイルが貯められるカードです。

それにも関わらず管理人が年会費7,000円+税のANAアメックスをオススメする理由は、無期限にマイルが貯められるから。

飛行機を利用する機会が年1〜2回の家族旅行だけだという方にとっては、どれだけマイル還元率が高いかよりも、マイルの有効期限の方が重要になります。

どれだけマイル還元率が高くても、有効期限までにマイルを特典航空券として活用できなければまったく意味がありませんから。

そこでこのページでは、ANAアメックスとANA VISA一般カードのちがいから、マイルを貯めるときの重要な点とANAアメックスが優れている点について紹介しています。

ANAアメックスとANA VISAカード、どちらでANAマイルを貯めようか…? 悩んでいる方は必見の内容です。

年会費 7,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、最大10,000マイルのボーナスマイルが!

ANA VISA一般カードANA VISA一般カードは、ANAアメックスよりもはるかに低い年会費2,000円+税。

少ないコストでANAマイルが貯められるのが大きな魅力。

ただ、日常生活での買い物メインでマイルを貯めるには、3年というポイント有効期限は意外と苦しいものがあります。

そのため、ANA VISA一般カードを選ぶなら、ポイント有効期限内に目指しているだけのマイルが貯められるか?要チェックです。

年会費 2,000円+税(初年度年会費無料)
家族カード年会費 1,000円+税
入会資格 満18歳以上(高校生は除く)
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ポイントプログラム Vポイント
200円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
発行日数 2〜3週間

ANAアメックスとANA VISA一般カード最大のちがいはポイント有効期限

ANAアメックスとANA VISA一般カードの大きなちがいは、主に以下の3つです。

ANAアメックスとANA VISA一般のカードの主なちがい
  1. 年会費
  2. マイル還元率
  3. ポイント有効期限

2枚のカードのどちらを選ぶか? もっとも大きなポイントとなるのはポイント有効期限なんです。一体どういうことなのか、ここからくわしく説明します。

ANA VISA一般カードは、もっともマイルを貯めやすいANAカード

ANA VISA一般カードはマイル還元率1〜約1.5%と、ANAアメックスの1%よりも高くなっています。

それでいてANA VISAカードの年会費は実質1,025円+税と低いため、少ないコストで効率よくマイルを貯めることができるわけです。一方ANAアメックスは年会費7,000円+税と、ANA VISAカードの約7倍(汗)

なお、ANA VISA一般カードは日常のカード利用に関して言うと、もっともANAマイルを貯めやすいカードです。

ANAアメックスはポイント有効期限が無期限

ここまでの内容だと、誰がどう見てもANA VISA一般カードの方がお得です。それにも関わらずANAアメックスをオススメするのは、冒頭でも説明したとおりポイント有効期限が無期限だから。

ANAアメックスは基本的にはポイント有効期限が最高3年なんですが、ポイント移行コース(年6,000円+税)に登録すればポイントを無期限に貯めることができるという大きな特徴があります。

一方、ANA VISA一般カードはポイント有効期限が2年間と固定で、ANAアメックスのようにポイント有効期限が無期限になったり延長できるようなしくみは存在しません。

このANA VISA一般カードのポイント有効期限が意外と曲者で、いくらマイル還元率が高くても、有効期限内に特典航空券と交換できないという事故が多発します。

実は、管理人も過去にANAマイルを貯めようと思ってANA VISA一般カードを作ったことがありますが、ポイントは全部有効期限切れになりました(汗)

ANA VISA一般カードがいくらマイルが貯めやすいといっても、特典航空券を手に入れることができなければ意味がありませんからね。

その点、ANAアメックスはポイントの有効期限が切れてしまう危険性がゼロなので、絶対にいつかは特典航空券を手に入れることができるというわけです。

ポイント移行コースは3年目に登録すればOK

ポイント有効期限を無期限にできるANAアメックス。ただ、ポイント有効期限を無期限にできるポイント移行費コースは、年間6,000円+税の登録費が必要です。

「ANAアメックスはただでさえ年会費が高いのに、ポイントを無期限にするために毎年6,000円+税も支払うの…?」

と考える方も多いはず。

でもポイント移行コースは、ANAアメックスに入会後2年間は登録する必要はありません

ANAアメックスのポイント有効期限は、ポイントを獲得してから2年後の年度末までとなっています。そのため、この間はポイント移行コースに登録する必要はまったくないわけです。

アメックスのポイントは、年度単位で失効するしくみです

登録費がかかるとはいえポイント有効期限が無期限になるANAカードは希少です。ここで説明しているANAアメックスとANAダイナースの2枚だけですからね。

ANAダイナースはポイント移行コースのような年会費とは別のプログラムに登録することなくポイント有効期限が無期限なのですが、そもそも年会費が27,000円+税と高額です(汗)

そのため、ANAアメックスはもっとも少ないコストでマイルを無期限に貯めることができるカードになります。このメリットを活かすことにより、ヨーロッパ旅行やビジネスクラス、ファーストクラスといった必要マイルが多い特典航空券も、時間さえかければ必ず手に入れることができるわけですね。

ポイント有効期限が短いANA VISA一般カードでヨーロッパ行きやビジネスクラス、ファーストクラスの特典航空券を手に入れるのは、かなり難しいですよ(汗)

ANAアメックスは入会ボーナスで年会費を節約できる

ANAアメックスは年会費が高額ではあるものの、入会ボーナスで入会後2年分の年会費は実質無料になります。

ANAアメックスで得られる入会ボーナスは、最高10,000マイル

10,000マイルと言えば、一般的に1マイル=1.5円の価値があると言われていることを考えると15,000円分。

そのため、入会後2年間の年会費は実質無料だと考えることができますね。

一方、年会費1,025円+税のANA VISA一般カードの入会ボーナスは1,000マイル。入会1年目の年会費は実質無料だと言えますが、入会ボーナスのお得度で言うと、ANAアメックスの方が優れています。

このように、ANA VISA一般カードは一見マイルが貯めやすく優秀に思えますが、マイルを確実に特典航空券に交換することを考えると、ANAアメックスの方が最終的にはメリットが大きいカードだと言えます。

ここまで説明したANAアメックスとANA VISA一般カードのちがいについて、以下のとおり表にまとめました。

ANAアメックス ANA VISA
一般カード
年会費(税抜) 7,000円 実質1,025円(※1)
(家族カード) 2,500円 実質475円(※1)
ポイントプログラム メンバーシップ
・リワード
Vポイント
ポイント還元率 1% 1〜約1.5%(※2)
マイル移行手数料 6,000円+税
(ポイント移行コース
の登録費)
6,000円+税
ポイント有効期限 無期限(※3) 2年
入会ボーナスマイル 33,000マイル 1,000マイル

※1 実質的に金利手数料ゼロで使えるリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録した場合。

※2 ANA VISA一般カードは5マイルコースと10マイルコースの2つがある。10マイルコースは基本的には還元率1%。さらに「マイ・ペイすリボ」で少額の金利手数料を発生させると約1.5%までアップ。

※3 ANAアメックスのポイント有効期限は基本的には2〜3年(具体的には、ポイントを獲得した2年後の年度末まで)。年間登録費6,000円+税の「ポイント移行コース」に登録することにより無期限に。

ANAマイルとカードのポイント、2つの有効期限がある

ここまでANAアメックスとANA VISA一般カードの大きなちがいは、ポイント有効期限だと説明しました。

実はANAカードは、カードを利用すると直接ANAマイルが貯まるわけではありません。カードを利用することによりそれぞれのカード独自のポイントが貯まり、そのポイントをANAマイルに移行して利用するしくみになっています。

そのため、ANAアメックスとANA VISA一般カード、どちらもカード利用ポイントの有効期限+ANAマイルの有効期限(36ヶ月間)、この期間にマイルを特典航空券に交換する必要があるというわけです。

ANA VISA一般カードは、カードのポイント有効期限が2年です。そのため、マイル有効期限と合わせて最大で5年間ANAマイルを貯め続けることができます。

一方ANAアメックスは、カードのポイントを保有している限りは有効期限無期限です。そしてANAマイルに移行すれば有効期限が3年となります。なので、ANAアメックスは特典航空券と交換できるだけのポイントが貯まるまでは、ポイントをANAマイルに移行せずにポイントとして貯めるといいですね。

ただ、ANAアメックスとANA VISA一般カードを比較するには、ANAマイルとカードのポイント有効期限、両方について知っておく必要があります。

そこでここからは、ANAマイルの有効期限、そしてANAアメックスとANA VISA一般カードのポイント有効期限について、それぞれ説明します。

ANAマイルの有効期限は3年

まずANAマイルの有効期限について。ANAマイルの有効期限は基本的に3年です。正確に言うと、マイルを獲得した月から数えて36ヶ月後の末日までになります。

ANAマイルの有効期限

たとえば2019年4月15日に1,000マイル獲得したら、その1,000マイルの有効期限は2022年4月30日となります。

ANAマイルの有効期限を無期限にする方法もあるにはありますが、ANAヘビーユーザーでない限り不可能です。そのため、ANAマイルの有効期限は3年と考えて問題ありません。

ANAマイルの有効期限を無期限する方法はハードルがかなり高い

ちなみに、ANAマイルの有効期限が無期限となる方法は2つあります。ただ、どちらも条件を満たすのはかなり難しいのが現状です。

その2つの方法とは、ANAのダイヤモンドサービス会員ミリオンマイラープログラムのどちらかになること。

ダイヤモンドサービス会員は、ANA便やスターアライアンス便を年間10万マイル貯まるだけ利用すれば、次の年の1年間は資格を得ることができます。

ちなみに、管理人が日本からタイまでの往復のフライトで貯まるANAマイルが約5,000マイルなので、1年間で20回タイを往復すればいいわけですね(汗) もはや旅行という頻度ではありませんw

しかも、ダイヤモンドサービス会員をキープするには、毎年このペースで飛行機を利用しなければなりません。かなりハードルが高いですね。

また、ミリオンマイラープログラムは人生通算のフライトで100万マイルを獲得すれば資格か得られます。こちらは1年間という条件がない上、1度条件を満たせばその後はずっと会員資格が得られるため、ダイヤモンド会員よりハードルは低いと言えます。

とは言え、年に1〜2回の旅行でANAやスターアライアンス便を利用したい方にとっては、どちらも厳しい条件であることは間違いありません。

クレジットカードのポイント有効期限はカードによって異なる

カードのポイント有効期限は、ANAカードの種類によって異なります。

冒頭でも比較したとおり、ANAアメックスは有料会員になれば無期限、ANA VISA一般カードはポイント有効期限が2年となっています。

つまり、ANAアメックスなら特典航空券に交換できるだけのマイルが貯まるまで、カードのポイントをマイルに交換しなければ、半永久的にマイルを貯め続けることができるわけです。

一方、ANA VISA一般カードのポイント有効期限は2年と決まっているので、ANA VISA一般カード利用して貯めたポイントは、2年で失効するまでにANAマイルに移行する必要があります。

つまりANA VISA一般カードは最大で、ポイント有効期限2年+ANAマイルの有効期限3年=5年以内に特典航空券を取得しなければいけないということですね。

マイルは一般的に「貯めれば無料で飛行機に乗れる」という魅力がありますが、実際には有効期限内に特典航空券を手に入れることができず、失効してしまうというケースは少なくありません。

実は管理人も若いときにやらかした経験あり(苦笑)。

そのため、マイルの有効期限とカードのポイント有効期限は、マイルを貯めて特典航空券を取得する上で非常に重要なポイントなわけです。

有効期限内に特典航空券を手に入れるための5つのチェック項目

ここまで、ANAマイルとANAカードの有効期限について説明しました。ANA VISA一般カードはカード利用から5年以内に特典航空券を手に入れる必要があります。一方ANAアメックスはポイントが無期限なので、急いで特典航空券を手に入れる必要はありません。

また冒頭でも説明したとおり、ANA VISA一般カードはANAアメックスよりもマイネ還元率が高いカードです。

つまり、もしも5年以内に特典航空券を手に入れることができるならANA VISA一般カードを持つだと言えます。そして5年で特典航空券を手に入れるのが難しいなら、ANAアメックスならマイル還元率は低いものの有効期限を気にせず確実に特典航空券を手に入れることができるわけです。

5年以内に特典航空券を手に入れられるかどうかを考えるとき、具体的な行き先や座席クラス、飛行機に乗る時期などをはっきりさせないといけません。

具体的には、以下の5つのポイントです。

ANA VISA一般カードが得なのかどうかを判断するポイント5つ
  1. 利用する航空会社(ANAなのか、ANA以外の航空会社なのか?)
  2. 行き先となる国や地域
  3. 利用したい座席クラス
  4. 利用したい時期
  5. 利用したい人数

この5つをはっきりさせることで、ANA VISA一般カードで特典航空券を5年以内で取得できるかがわかります。以下では上記の5つのポイントについて、くわしく説明していきますね。

1.特典航空券を使って利用する航空会社

ANAマイルを貯める方の多くは、ANAの特典航空券が目当てだと思います。でも実は、ANAマイルはANAの国際線・国内線に加えて、ANAが提携する航空会社42社の特典航空券と交換することもできます。

そしてANAと提携航空会社、どちらの特典航空券を手に入れるかによって必要なマイルが少し変わります。

たとえばハワイ往復のエコノミークラス。提携航空会社の特典航空券だと4万マイルが必要ですが、ANA国際線だと35,000〜43,000マイル(搭乗する時期により異なる)となります。

提携航空会社の特典航空券は、シーズンに関係なく同じ必要マイルなのが特徴です

ここで言う提携航空会社というのは、シンガポール航空やユナイテッド航空など、航空連盟「スターアライアンス」に加盟している30社と、スターアライアンスには加盟していないけどANAが独自に提携している航空会社12社のこと。

スターアライアンスは、世界でもっとも多くの航空会社が加盟しています ANAは、アジアの航空会社を中心に独自に提携もしています

スターアライアンスというのは、わかりやすく言うとTポイント加盟店やPontaポイント加盟店のような、世界中の航空会社のグループみたいなものです。この航空会社のグループのことを航空連盟といい、全世界で以下の3つが存在します。

世界の航空連盟3つ
  1. スターアライアンス
  2. ワンワールド
  3. スカイチーム

世界中のほとんどの航空会社はこの3つの航空連盟のどれかに所属していて、マイルは同じ航空連盟の航空会社で共有できるしくみとなっているわけです。

正しくTポイントやPontaポイントみたいなものですよね(笑)

つまり、ANAマイルはスターアライアンスに加盟している航空会社や提携している航空会社の特典航空券も手に入れることができるわけです。

なお、JALはスターアライアンスとは別のワンワールドに所属しています。そのため、ANAマイルを使ってJALの特典航空券を手に入れることはできません。

2.行き先となる国や地域

ANAマイルで交換できる航空会社がわかったら、次は肝心な行き先です。利用したい特典航空券が国内線なのか国際線なのか、もっと言うと国内の地域や海外でも国を決める必要があります。

特典航空券の交換に必要なマイルは、ザックリ言うと飛行機に搭乗する距離に比例します。国内線でも東京―大阪よりも東京―沖縄の方が必要マイルは多いですし、韓国よりもシンガポール、シンガポールよりもヨーロッパの方が必要マイルは多くなります。

とは言え、国や地域ごとの必要マイルは、かなり大雑把です。どれくらい大雑把なのかと言うと、国際線の必要マイルはたったの10とおり。全世界を10個のゾーンに分け、どのゾーンまで行くかによって必要マイル数が変わるわけです。

必要マイルは、だいたいですが大陸ごとに区切られています

また、国内線も移動する距離によって必要マイル数が4段階で変わります。

国内線の必要マイルは4つの区間に分けられています

ここまで説明したとおり特典航空券を手に入れるための必要マイルはANAの国際線と国内線のどちらなのか? また国際線の場合、ANAと提携航空会社のどちらなのか? こういった条件により変わってきます。

行き先が決まればザックリとした必要マイル数がわかるものの、あくまでザックリです。特典航空券を手に入れるときに利用する座席クラスと搭乗する時期によっても必要マイルは異なるため、いつ、どんな座席クラスを利用したいのかもあらかじめ決めておく必要があるわけです。

3.利用したい座席クラス

飛行機には、座席クラスがあります。エコノミーとかビジネスクラスとかファーストクラスとか呼ばれるものですね。

行き先が同じだったとしても、座席グレードによって必要マイル数は上下します。そのため、利用したい座席クラスを決めておく必要があります。国際線の座席クラスは、以下の4つがあります。

国際線の座席クラス4つ
  1. エコノミークラス(Y)
  2. プレミアムエコノミークラス(PY)
  3. ビジネスクラス(C)
  4. ファーストクラス(F)

エコノミーが普通の座席で、ファーストクラスが最上級の座席クラスです。必要マイルが一番少なくて家族旅行などだと一般的なのはエコノミークラスになります。

ビジネスクラスやファーストクラスとランクが上がるにつれて、座席シートの大きさや食事などのサービスが豪華になっていきます。ビジネスクラスでもエコノミークラスの数倍の料金なので、普通に利用するのはかなりハードルが高いですね(汗)

ただ、マイルを特典航空券に交換するとき、座席クラスが上がるにつれて1マイルの価値が大きくなるという特徴があります。つまり、高い座席グレードの特典航空券を手に入れた方が、お得度は上がるというわけです。

くわしく説明すると、エコノミークラスでのハワイ往復時に必要マイルは、レギュラーシーズンで4万マイル。

仮にこの航空券を、2019年9月のレギュラーシーズンに搭乗するためにANA公式サイトで購入したとすると、往復で88,910円になります。つまり、この場合だと1マイル=約2.2円の価値があることになります。

一方で、ビジネスクラスの必要マイルは6.5万マイルと、エコノミーの約1.5倍。当然ビジネスクラスはエコノミークラスよりも座席グレードか高いため必要マイルも増えるわけです。

ただ、ハワイ往復のビジネスクラスの特典航空券を2019年9月に搭乗するためANA公式サイトで購入しようとすると、なんと258,910円(驚)。エコノミークラスの約3倍もの料金となります。

ビジネスクラスはエコノミークラスよりも必要マイルは多いものの、1マイルの価値は3.98円と、エコノミークラスのときの約1.5倍にアップします。

ちなみに同じ条件でファーストクラスも計算すると、必要マイルは12万マイルであるのに対して、購入代金は491,910円です。一体どんな人がファーストクラスに乗るんでしょうね…(汗)

このとき、1マイルの価値は約4円です。ハワイ往復に関しては、1マイルあたりの価値はビジネスクラスとファーストクラスでほぼ変わりませんね。

このように、座席クラスが上がれば1マイルあたりの価値はアップします。そのため、ビジネスクラスのようなグレードの高い座席クラスの航空券は普通にお金を払って購入するよりも、マイルで交換した方がお得だということです。

そのためマイルを使っての特典航空券については、1マイルの価値が高いビジネスクラスを視野に入れるのも1つの選択肢です。

4.利用したい時期

特典航空券を手に入れるための必要マイルは、利用する時期によっても上下します。具体的には、以下の3つのシーズンによって必要マイルが変わります。

シーズンの区分
  1. ローシーズン(閑散期)
  2. レギュラーシーズン(通常期)
  3. ハイシーズン(繁忙期)

ローシーズンだと飛行機に乗る人が少ないため、特典航空券の必要マイルは少なくなります。また逆に、ハイシーズンは利用者が多いため、必要マイル数が多くなるしくみです。

3つのシーズンは毎年変動し、具体的な日付はANA公式サイトで向こう3年まで確認できます。

このシーズンをざっくり説明すると、

  • 年末年始・GW・夏休み=ハイシーズン
  • 冬場・GW明け=ローシーズン
  • それ以外=レギュラーシーズン

このような分け方になっています。

家族旅行のために特典航空券を手に入れたいと考えている方の多くは、GWや年末年始に飛行機を利用したいと考えておられることだと思います。この場合は必要マイルが多くなることは言うまでもありませんが、特典航空券が取得できない期間があることに注意しましょう。

5.利用したい人数

最後に、特典航空券を手に入れたい人数も要チェックです。

ここまで説明した必要マイルは、全て1人分です。家族旅行のためにマイルを貯めるのであれば、人数分に応じてマイルをいくら貯める必要があるのか考えなければいけません。

ただ、自分の分だけはマイルを使い、奥さんやお子さんの分は普通に航空券を購入するという方法もあります。そのため、無理に家族全員分のマイルを貯める必要はありません。

ANA VISA一般カードで5年以内に特典航空券を手に入れるなら、多くの方にとって海外旅行だと1人分、国内だと1〜2人分が現実的なように感じます。

なお、お子さん連れの家族旅行の場合、特典航空券だと子ども割引が適用されないことに注意が必要です。マイルでお子さん分の特典航空券を手に入れることはできますが、大人と同じだけのマイルが必要です。

そのため、普通に購入すると子ども割引が適用されることを考えると、1マイルあたりの価値は下がってしまいます。

自分にとって必要なマイルを5年間で貯められるか?チェック

ここまでANAマイルで特典航空券を手に入れるための必要マイルについて、くわしく説明しました。

ANAマイルで特典航空券を手に入れるためにどれだけマイルを貯めればよいのかは、ここまで説明した以下5つのポイントを押さえて考える必要があります。

必要マイルを知るためのポイント5つ
  1. ANAマイルで交換できる特典航空券
  2. 行き先となる国や地域
  3. 利用したい座席クラス
  4. 利用したい時期
  5. 利用したい人数

そして、5年間で目標にしている特典航空券を手に入れられるなら、ANA VISA一般カードはANAアメックスよりも効率よくマイルが貯められるカードだと言えます。

仮に家族旅行でハワイ旅行に、ハイシーズンにエコノミークラスで行きたいと思った場合、1人あたりの必要マイルは43,000マイルです。

ANA VISA一般カードのマイル還元率は約1.5%なので、5年間で287万円=年間で57万円分カードを利用すれば1人分の特典航空券が手に入ります。

2人分ならその倍の574万円=年間114万円分カードを利用すればいいわけですね。年間で114万円ということは月に換算すると95,000円。

スーパーやコンビニの利用から食費・光熱費・家賃・ガソリン代・その他雑費をANA VISA一般カードの支払いにまとめれば、達成できるご家庭は多いことでしょう。

また、ハワイよりも距離が近い東南アジアや国内の特典航空券だと、毎月の利用金額が95,000円よりも少なくても手に入れることができますね。

「でも、冒頭でANAアメックスがオススメって言ってたよね?
これだと、ANA VISA一般カードがオススメなんじゃないの…?(汗)」

と感じている方は多いはず。実はANA VISA一般カードには、表面上の数字には見えない致命的な欠点があるんです。

マイルが貯まっても予定が取れなければ無意味

ANA VISA一般カードで特典航空券を手に入れるとき、「絶対に5年後に特典航空券を使わなければならない」という落とし穴があります。

もしもマイルか貯まった5年後の家族旅行で特典航空券を予約できなかったり、仕事や家庭の都合で飛行機を使わない家族旅行だったとき、貯めたマイルの一部が失効してしまいます。

これでは、結果的に「効率よく」マイルを貯めたとは言えません(泣)

マイルは特典航空券以外にも、楽天ポイントやTポイントに交換して活用することは可能です。そのため有効期限が切れてしまう前に移行すれば何かしら利用はできますが、還元率は約0.5%にまで下がってしまいます。

ただ、楽天ポイントが貯まる楽天カードやTポイントが貯まるYahoo!JAPANカードならポイント還元率は1%。もし貯めたマイルをこれらのポイントに移行して活用すると、何のためにマイルを貯めていたのか分からなくなってしまうわけです。

そのため、ANA VISA一般カードを活用できるのは、出張や帰省など、年1〜2回の家族旅行以外でもその気になれば飛行機を利用する機会がある方に限られます

そういった方は、かなりの少数派ではないでしょうか…?

そのため、飛行機を利用する機会が年1〜2回、または数年に1回という方でもマイルを失効させることなく確実に特典航空券を手に入れることができるANAアメックスがオススメだというわけです。

ANAアメックスは年会費が7,000円+税と高い上に日常生活でのマイル還元率は1%と、表面上のマイルを貯める効率はANA VISA一般カードに劣っています。

しかし、ポイント有効期限が無期限なので、飛行機に乗る機会が少なくてもマイルを有効活用できるわけです。

つまり、無期限でポイントを貯められるANAアメックスは、多くの方にとってANA VISA一般カードよりもANAマイルを貯めるのに適したカードだと言えますね。

年会費 7,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、最大10,000マイルのボーナスマイルが!

ANA VISA一般カードANA VISA一般カードの魅力は、何と言っても2,000円+税という低い年会費。

管理人としては、有効期限を気にせずマイルが貯められるANAアメックスをオススメしたいところではあります。

でも、ポイント有効期限の3年以内に必要なマイルを貯めることができ、さらにマイルを特典航空券と交換できるなら、こちら方が断然オススメ!

年会費 2,000円+税(初年度年会費無料)
家族カード年会費 1,000円+税
入会資格 満18歳以上(高校生は除く)
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ポイントプログラム Vポイント
1,000円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
発行日数 2〜3週間