アメックスのポイント有効期限は簡単に無期限になる!そのしくみをくわしく解説

クレジットカードのポイントと言えば、「どれだけ得か?」に目が行きがちです。しかし、意外と落とし穴なのがポイントの有効期限。クレジットカードを利用してどれだけ多くのポイントを貯めたとしても、ポイント有効期限切れで失効してしまうのは切ないものです。

なので、ポイント有効期限は長いにこしたことはありませんし、無期限なら何も言うことはありません。

そこで気になるアメックスのポイント有効期限は2〜3年と、平均的なクレジットカードよりも少し長い設定です。多くのクレジットカードはきっちり2年経つとポイントが失効してしまうのですが、アメックスはそれよりも少しだけ長くなっています。

また、アメックスの大きな特徴として、簡単な一定の条件を満たせば有効期限を無期限にできる点があります。

ポイント有効期限が無期限になれば、交換手続きを忘れて失効してしまうこともありません。また、数年という長い期間にわたってポイントを貯め続け、まとめてマイルや商品と交換することもできます。

このページでは、アメックスのポイント有効期限のしくみと、無条件にする方法についてくわしく説明します。クレジットカードに申し込むときはポイントを注意深くチェックするものの、いざカードを手に入れると有効期限切れで失効する人は意外と多いのが現実です。

なので、ぜひこの機会にアメックスのポイント有効期限についてくわしく知っていただき、ポイントを有効に活用していただけたらと思います。

アメックスの基本的なポイント有効期限は2〜3年

まず、アメックスの基本的なポイント有効期限について説明します。以下3種類のアメックスは、基本的なポイント有効期限は2〜3年です。

ポイント有効期限が2〜3年のアメックス3種類

なぜに「2〜3年」というアバウトな表現なのかというと、アメックスのポイント有効期限は、ポイントを獲得してから2年後の年度末までなんです。

もう少しくわしく説明しますと、たとえば2018年4月にポイントを獲得すると、有効期限は2年後の2020年の年度末、つまり2021年3月までになります。このときポイント有効期限は最長の3年となります。

そして、2018年3月にポイントを獲得したときの有効期限は、2年後の2020年3月までの2年となります。ポイントの獲得が3月と4月の1か月ちがうだけで、有効期限が1年も変わるしくみになっています。図にすると以下のようなイメージです。

アメックスのポイントは、年度単位で失効するしくみです

(参考:アメックス公式サイト「メンバーシップ・リワード・プラスについて」

多くのクレジットカードはアメックスとは異なり、ポイント獲得からきっちり2年で失効するものがほとんどです。そう考えると、アメックスは他社クレジットカードよりもポイント有効期限が長くなる場合もあるため、良心的だと言えます。

無条件でポイント無期限のアメックスもある

上記では、アメックス・グリーンとゴールド、ANAアメックスの3種類のポイント有効期限について説明しました。

そして、アメックスの中にはポイント有効期限が無期限のものもあります。つまり、カードを利用して獲得したポイントはいつまでも貯め続け、気が向いたときに交換手続きをして活用できるわけですね。

ポイント有効期限が無期限のアメックスは、以下の5種類になります。

上記5種類は、どれもマイルを貯めやすいアメックスです。クレジットカードを利用してマイルを貯めるには、意外と多くの利用金額が必要です。そのためマイルを特典航空券と交換するには数年かかることも珍しくありません

管理人自身、過去にANA VISAカード(ポイント有効期限2年)を作ってANAマイラーを目指そうとしたものの、結局ANAマイルに移行できずに失効したという苦い経験があります(苦笑)

その点、上記5種類のアメックスは有効期限がないため、どれだけカード利用金額が少なかったとしても、またビジネスクラスやヨーロッパ往復のような多くのマイルが必要な行き先だったとしても、いつかはマイルを貯めて特典航空券を手に入れることができます。

なお、ANAマイルが貯まるANAアメックス・ゴールドは、他社が発行しているANAカードの中でも無期限にマイルを貯めることができる希少なカードです。

デルタ・アメックスはマイルが直接貯まるカード
デルタ・アメックスとデルタ・アメックス・ゴールドは、どちらも直接デルタ航空のスカイマイルが貯まるカードです。デルタ航空のマイルには、有効期限がありません。

なお、スカイ・トラベラー・カードとスカイ・トラベラー・プレミア・カード、ANAアメックス・ゴールドの3種類は、アメックスのポイントを貯めた上で、各航空会社への移行手続きが必要です。移行した後のマイルは航空会社によって有効期限が決められているので注意しましょう。

ポイント有効期限を無期限にする3つの条件

ここまで、アメックスの基本的なポイント有効期限について説明しました。アメックスの中には有効期限が決まっているカードがありますが、実はすべてのカードは条件を満たすことにより、ポイント有効期限を無期限にすることができます

ですから、どのアメックスを選んでも、ポイント有効期限が無期限のカードとして使うことができるわけです。

ポイントを無期限にする方法はアメックスの種類により異なるものの、以下の3つがあります。

アメックスのポイントを無期限にする方法3つ
  1. カードを利用して有効期限を延長する
    (定期的にカードを利用すれば実質無期限)
  2. カードを手に入れてから1度でもポイントを何かに交換する
    (それ以降はずっと無期限)
  3. 有料プログラムに登録する

カードによって、上記3つのどれかの方法でポイント有効期限を無期限にすることができます。どれも簡単に条件を満たすことができるものばかりなので、ぜひ活用したいところです。

1.カード利用で有効期限が延長

アメックスの中には、ポイント有効期限が最後にポイントを獲得してからというカードがあります。つまり、ポイント有効期限が切れるまでに1度でもカードを利用してポイントを獲得すれば、永遠にポイントの有効期限が訪れないってことです。

これなら、有効期限なしと同じだと考えてOKですね。

ここで説明したようにポイント有効期限が永遠に延長されるアメックスは、SPGアメックスがあります。

対象となるアメックス
  • SPGアメックス

このカードを利用して貯まるSPG/マリオット・リワードのポイントは、有効期限が「最後にポイントを獲得してから2年」と決まっています。

SPG/マリオット・リワードというのは、世界規模のホテルグループであるマリオット・インターナショナルのポイントブログラムです。貯めたポイントは、日本はもちろん、世界中のマリオット・インターナショナルのグループホテルで利用できるほか、32社もの航空会社のマイルに高レートで移行できるのが魅力です。

ポイントをホテルの無料宿泊やマイルへの移行するためには、カードの利用金額が少なければ数年という長い期間が必要なので、このカードのようにポイント有効期限が実質的に無期限なのは大きなメリットです。

2.1度でもポイント交換すれば無期限になる

アメックスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードのポイント有効期限は、先ほども説明したとおり2〜3年です。ただ、メンバーシップ・リワードはカードを手に入れてから1度だけでもいいのでポイントを何かに交換すれば、その後は永遠に有効期限が無期限になるという特徴があります。

メンバーシップ・リワードのアメックスは、アメックス・グリーンとゴールドの2種類があります。

1度でもポイント交換すれば有効期限がなくなるアメックス2種類
  • アメックス・グリーン
  • アメックス・ゴールド

メンバーシップ・リワードのポイントは3,000ポイントから交換できます。なので、ポイント有効期限である2〜3年以内にカード利用で3,000ポイントを貯めて交換さえすれば、その後はポイント有効期限を気にする必要は一切なくなります。

ちなみに、3,000ポイントを貯めるには30万円のカード利用が必要です。仮にポイント有効期限がもっとも短い2年だと考えても、毎月1万円ちょっとアメックスを利用し続ければ達成できる計算になります。これって結構現実的に可能なのではないでしょうか?

また、旅行代や家電の支払いでアメックスを使えば、場合によっては1度の決済だけで3,000ポイント以上が手に入ります。このポイントをすぐに交換してしまうのも1つの方法です。

3.有料プログラムに登録すれば無期限

上記でアメックス・グリーンとアメックス・ゴールドはポイントを1度でも交換すればその後ずっと有効期限が無期限になると説明しました。

ただ、中には「アメックスは海外旅行や付帯サービスを活用するために持ちたいから、2年で30万円使うのは厳しい…」という方もいらっしゃるのでは?

管理人自身、アメックスは海外旅行代や美容院、ブランドショップなど、見栄を張りたいときだけ使っています(恥)普段のコンビニやインターネットショッピングでは、ほかのカードで決済しているのが本音です。

ポイント有効期限を無期限にするために、無理してアメックスで決済するのも何かちがいますよね…。

そんな方にオススメなのが、メンバーシップ・リワード・プラスポイント移行コースへの登録です。

この2つは、年間参加費を支払うことによりポイント有効期限が無期限になるサービスです。メンバーシップ・リワード・プラスはアメックス・グリーンとゴールド、ポイント移行コースはANAアメックスで利用できます。

優良プログラム登録で無期限になるアメックス3種類
  • アメックス・グリーン(メンバーシップ・リワード・プラス)
  • アメックス・ゴールド(メンバーシップ・リワード・プラス)
  • ANAアメックス(ポイント移行コース)

メンバーシップ・リワード・プラスは年間登録費3,000円+税、ポイント移行コース(年間登録費6,000円+税)の有料プログラムに登録している間は、ポイントが失効することは絶対になくなります。

「ポイント有効期限を無期限にするためにお金取るの!?」とガッカリする方もいらっしゃるかもしれませんが、他社の多くのカードでは、問答無用でポイント有効期限が来れば失効しています。そこをお金で解決するという選択肢が用意されていると思うと、幅が広がります。

どちらの有料プログラムも、年単位で登録と解約を自由に繰り返すことができるので、次のような活用方法が考えられます。

有料プログラムの活用方法2つ
  • アメックス・グリーンとゴールドで、1度でもポイントを交換するまでのつなぎとしてメンバーシップ・リワード・プラスに登録
  • ANAアメックスで、ポイント移行の最少単位である1,000ポイント(10万円のカード利用)が貯まるまで有効期限を延長

アメックス・グリーンとゴールドなら、1度ポイントを交換すればメンバーシップ・リワード・プラスに登録している理由はなくなりますし、ANAアメックスも貯めたポイントをマイルに移行してからポイント移行コースを解約すれば、年間登録費のコストを抑えることができます。

有料プログラムはポイント交換では登録必須!

ここで説明したメンバーシップ・リワード・プラスとポイント移行コースの2つは、実際に貯めたポイントを交換・移行するときには登録がほぼ必須となります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録することにより、ポイントの交換レートが2倍程度にアップするという大きなメリットがあります。年間登録費3,000円+税を支払った方がポイントの価値か上がり、トータルで考えると得になるので、ポイント交換のときだけはメンバーシップ・リワード・プラスに登録することをオススメします。

また、メンバーシップ・リワード・プラスはポイント有効期限が無期限になる以外にも、AmazonやYahoo!ショッピングでの利用でポイント3倍となるボーナスポイントプログラムに参加できるという大きなメリットがあるため、AmazonやYahoo!ショッピングを利用する機会が多いなら、年間登録費以上のポイントを得ることも可能です。

そしてもANAアメックスのポイントをマイルに移行するには、絶対にポイント移行コースに登録しなければなりません。ポイント移行コースの年間登録費は6,000円+税とちょっと高い気がするので、ポイントをANAマイルに移行するときだけ登録するといった具合に活用したいところです。

ポイント有効期限から選ぶおすすめアメックス

ここまでアメックスのポイント有効期限について説明しました。

アメックスはカードごとにポイント有効期限が少しずつ異なるものの、結局のところすべてのカードで比較的簡単にポイント有効期限を無期限にできるのがメリットです。

他社カードの中には、「ポイントをウリにしているけど、実際に申し込んだらポイント有効期限が1年しかない…」といった落とし穴があることを思うと、アメックスはポイント有効期限という目立たない部分であっても良心的な対応だと言えます。

このようなアメックスをポイント有効期限という角度から選ぶなら、有効期限を無期限にできる条件がいかに甘いかがポイントになります。そこを基準にオススメカードを紹介しましょう。

1.スカイ・トラベラー・カードは提携15社のマイルに移行できる

ポイント有効期限という角度から見れば、無条件でポイント有効期限がないアメックスがもっともオススメです。

スカイ・トラベラー・カードは、カードを手に入れたその日から、何かに登録したりポイントを交換したりといった条件が一切なく、ポイント有効期限が無期限です。

なので、1度貯めたポイントは絶対に失効しないという大きなメリットがあります。

このカードは提携している28社もの航空会社の航空券や日本旅行での支払いでボーナスポイントが得られる上、貯めたポイントは15社の航空会社のマイルに移行できます。

まさにマイルに特化したカードなわけです。

マイルが貯まるクレジットカードはたくさんありますが、どうしてもポイント有効期限がネックになってしまいます。特に普段飛行機を利用する機会がなく、日常生活でのカード利用でマイルを貯めたい方なら、マイルに移行できるだけのポイントが貯まらずに失効してしまうことがほとんどです。(管理人もANAマイルで挫折経験あり…)

しかし、スカイ・トラベラー・カードならポイント有効期限がまったくないので、いつまでもポイントを貯めることができ、いつかは絶対にマイルに移行することができます。

そのため、日常生活で貯めたマイルで海外・国内旅行を目指す方には、このカードは使い勝手がよいと言えますね。

年会費 10,000円+税
家族カード年会費 5,000円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど15社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイト経由のお申し込みでもれなく3,000ボーナスポイントプレゼント!

2.アメックス・グリーンはポイント交換先が多彩

続いてのオススメは、アメックス・グリーン。このカードは1度でもポイント交換をするだけでその後はポイント有効期限か無期限になるというお手軽さが魅力です。

そして、このカードはもっともオススメのスカイ・トラベラー・カードよりも優れているのは、ポイント交換先が多彩なことです。

スカイ・トラベラー・カードはポイントの使いみちが実質的にマイル移行しかないものの、アメックス・グリーンはマイルに加えて楽天ポイントやTポイント、商品券、クーポン券、カード利用金額への充当、さらには新車のベンツ(驚)と、恐ろしく多彩なポイント交換方法があります。

なので、マイルに興味がないという方であっても、必ず自分にとって魅力的なポイント交換先が見つかるはずです。

年会費 12,000円+税
家族カード年会費 6,000円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど15社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、入会から3ヶ月以内のカード利用で最大10,000ポイントプレゼント!

3.SPGアメックスはもっともマイルが貯まる

SPGアメックスは、最後にポイントを獲得してから有効期限2年のSPG/マリオット・リワードのポイントが貯まるカードです。つまり、カードを2年に1度利用し続ければ、ポイント有効期限がないのと同じですね。

このポイントは、国内はもちろん世界中のマリオット・インターナショナルのホテルで無料宿泊などに利用できます。また、マイル還元率は1.25%と、アメックスだけでなく他社カードを含めて見ても、もっともマイルが貯まるカードなのが特徴です。

実質的にポイント有効期限無期限でありながら、ANAやJALをはじめ32社という多くの航空会社のマイルに高レートで移行できるのは、ほかのカードにはない大きな魅力ですね。カード利用で貯めたポイントをANAとJAL、両方のマイルに移行できるのも希少です。

そのため、SPGアメックスはマリオット・インターナショナルを利用する機会がある人や日常生活の中でマイル還元率にこだわってマイルを貯めたい!と考えている方にはオススメのカードです。

一方で、このカードはマリオット・インターナショナルやマイルに魅力を感じなければ活用するのは難しくなります。そのような方には、上記で説明したポイント交換先が豊富なアメックス・グリーンをオススメします。

年会費 初年度 本人:31,000円+税
家族:15,500円+税
2年目以降 本人:31,000円+税
家族:15,500円+税
旅行保険 海外 最高1億円
国内 最高5,000万円
ショッピング保険 年間500万円
ポイント還元率 1.5〜3%
マイル還元率 提携32社:1.25%
ポイント有効期限 実質無期限
最短発行日数 7日