日本旅行を利用するためにアメックスを持つメリット

旅行や出張のときに日本旅行を活用する人は多いのでは?

日本旅行は日本で初めてできた旅行会社で、JR西日本の子会社ということもあって知名度が高く、国内旅行に強いことで有名です。

なので、家族での国内旅行や出張での新幹線やホテル予約などで日本旅行を利用する方は多くいらっしゃいます。

そのような国内旅行に強い日本旅行を利用する機会が多いなら、ぜひせびアメックスを持つことをオススメします。アメックスでは日本旅行に関する特典として、

アメックスの日本旅行での特典
  1. 貯めたポイントで旅行代金が支払える

このような特典が用意されています。日本旅行の代金を抑えることができるので、日本旅行ユーザーなら、普段からアメックスを利用することをオススメします。

このページでは、アメックスの日本旅行での3つの特典について、くわしく説明します。

日本旅行を利用する機会が多い方なら、今後は日本旅行をお得に活用してください!

1.貯めたポイントで旅行代金が支払える

アメックスの日本旅行での2つ目のメリットというと、貯めたポイントで日本旅行の代金が支払えることです。アメックスのカードの多くは、「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムの対象になっています。

メンバーシップ・リワードでは、アメックスの利用100円につき1ポイントが付与されます。そして、貯めたポイントはマイルやホテル宿泊券と交換したり、利用金額の支払いに充当したりできます。

ただ、クレジットカードを利用すればポイントが貯まるというのは別にアメックスに限ったことではありません。そんな中でアメックスのメンバーシップ・リワードが優れているのは、日本旅行の支払いにポイントを充当できることです。

メンバーシップ・リワードのポイント3,000ポイントで、日本旅行の代金2,400円または900円の支払いに利用できます。

ポイントの交換レートは「メンバーシップ・リワード・プラス」でアップする
アメックスのポイントの交換レートは、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しているかどうかで変動します。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入することにより、

  • 年会費3,300円(税込)が必要
  • ポイント交換レートをアップさせることができる
  • ポイント有効期限が無期限になる

このような特徴があります。

「カードの年会費と別に3,000円かかんのかよ!(怒)」って話ですが、このメンバーシップ・リワード・プラス、1年単位で簡単に登録・解除できるんです。

なので、ポイントを交換したい年だけメンバーシップ・リワード・プラスに登録し、ポイント交換が終わったらすぐに解除すれば、効率よくポイント交換レートを上げつつ、3,300円(税込)の年会費を節約することができます。

なお、メンバーシップ・リワード・プラスに登録している間はポイントの有効期限が無期限になるのですが、ポイント有効期限のために年会費3,300円(税込)を支払う必要はありません。

アメックスのポイント有効期限は基本的に3年ですが、入会してから1度でも何かに交換すればポイント有効期限が無期限になるからです。

メンバーシップ・リワードのポイントはできるだけたくさん貯めてから、交換するときだけメンバーシップ・リワード・プラスに登録! これが基本技です。

普段のカード利用でポイントを貯め、日本旅行の支払いに利用したいタイミングでメンバーシップ・リワード・プラスに登録することにより、3,000ポイント=2,400円として利用できます。

また、ポイントをたくさん貯めていれば、上限なく日本旅行の支払いができますし、逆に支払いの一部だけをポイントで、残りをアメックスで、ということも可能です。柔軟にポイントが利用できるところがいいですね。

アメックスのように、貯めたポイントを旅行会社の代金支払いに充当できるクレジットカードは稀少です。

このことからも、アメックスは旅行することが多い人にとって便利で使いやすいよう考えられたカードだと言えます。

アメックスのポイントがもっとも交換レートが高いのは「マイル」
上記で説明したとおり、アメックスのポイントは日本旅行の支払いで柔軟に活用できます。

ただ、ポイントの交換レートで言うと、日本旅行の支払いよりもマイルへの移行の方が優れています。

日本旅行での支払いが3,000ポイント=2,400円(メンバーシップ・リワード・プラス登録時)であるのに対し、マイルだと1,000ポイントで1,000マイル(ANAの場合)や1,250ポイントで1,000マイル(ANA以外の航空会社)で移行できます。

アメックスのポイントをマイルへ移行するときのレート(メンバーシップ・リワード・プラス登録時)

航空会社 交換レート 移行手数料(税込)
ANA 1,000ポイント=1,000マイル 5,500円
ANA以外の提携航空会社 1,250ポイント=1,000マイル 不要

マイルの価値は利用する路線や季節、座席グレードによって異なりますが、ザックリ言うと1マイル=1.5~2円になります。

なので、カード利用で貯めたポイントをもっともお得に活用したい!という方は航空会社へのマイルへの移行をオススメします。

まとめると、アメックスのポイントは「ホテルや旅館とセットで航空券も、いつも日本旅行で予約するよ!」という方にとってはお得なポイント活用方法です。

なお、アメックスのカードの中には、ポイントを日本旅行に支払いに利用できないものもあります。

具体的には、ANAアメックスとANAアメックス・ゴールド、デルタ・アメックスとデルタ・アメックス・ゴールド、SPGアメックスの5種類は、カード利用で貯めたポイントを日本旅行で使えないので注意しましょう。

日本旅行で特典が受けられるアメックス

ここまで、アメックスを持つことにより日本旅行で活用できる3つのメリットを紹介しました。

日本旅行を利用する機会が多い方であれば、ぜひともアメックスを持って活用していただきたいところですが、注意点があります。

それは、アメックスのカードの種類によって、上記の特典が利用できるものと利用できないものがあることです。

日本旅行をはじめ普段のカード利用で貯めたポイントを、日本旅行の支払いに利用できるアメックスは限られます。

貯めたポイントを日本旅行での支払いに利用できるアメックス4種類

デルタ・アメックスとSPGアメックスは、ポイントプログラムがメンバーシップ・リワードではなく、デルタマイルやSPG/マリオット・リワードというホテルのポイント。

そのため、ポイントで日本旅行の支払いはできません。

また、ANAアメックスはポイントプログラムがメンバーシップ・リワードであるにも関わらず、日本旅行の支払いの対象外です。なので、特に注意が必要です。

日本旅行を利用するためのおすすめアメックス

ここまでの内容を踏まえ、具体的にオススメのアメックスを紹介します。

1.アメックス・グリーン

日本旅行も利用するものの、H.I.S.やJTBなど、いろんな旅行会社を利用するという方や、日本旅行でのお得度よりも補償やサービスを重視したいという場合、アメックス・グリーンをおすすめします。

アメックス・グリーンは日本旅行を利用してもボーナスポイントは得られません。

しかし、日本旅行でのポイントの支払いは利用することができます。

アメックス・ゴールドも日本旅行でのポイント支払いができるのですが、今回紹介するアメックス・グリーンの方が年会費が少ないということで、オススメカードとさせていただきました。

年会費(税込) 13,200円
家族カード
年会費(税込)
6,600円
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど17社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、入会から3ヶ月以内のカード利用で最大20,000ポイントプレゼント!