アメックスでカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」に無料登録する方法

旅行や普段の生活で車を借りるとき、

「レンタカーを借りるほどじゃないのに、手続きが面倒だし金額も高いし…」

とストレスを感じることはないでしょうか?

管理人は普段は軽四(貨物w)に乗っていて、たまに遠出をするときは乗用車を借りています。車を借りると言えばレンタカーが真っ先に思い浮かびますが、ほかにカーシェアリングサービスという選択肢もあるんですよ。

カーシェアリングサービスは使い方によってはレンタカーよりも安い料金で、レンタカー会社の営業時間に関係なく手軽に借りることかできて便利です。しかも、アメックス会員なら申し込みのときの会員カード発行手数料が無料になるという特典があります。

もしレンタカーに不便を感じる場面があるなら、これからそこにプラスしてカーシェアリングサービスも使い分けることをオススメします。

カーシェアリングサービスとは?

カーシェアリングサービスは会員同士で車を共有するサービス

まずはカーシェアリングサービスって一体何なの?そんな疑問に答えていきます。

カーシェアリングサービスを一言で説明すると、会員同士で車を共有し、好きなときに車を借りることができるサービス

予約して車を利用するという点ではレンタカーと同じです。ただ、料金計算が15分単位と短いスパンなので、短時間の利用だとレンタカーよりも安くて利用しやすいという特徴があります。

そのため、カーシェアリングサービスは車を利用する機会が月に1~2回程度だったり、旅行先で少しだけ買い物をしたいときなどに便利に利用できるわけです。

「タイムズカーシェア」は有名なカーシェアリングサービス

タイムズカープラスは代表的なカーシェアリングサービスです

カーシェアリングサービスは、いろいろな会社がサービス提供をしています。主なものとして、以下の3つが有名です。

主なカーシェアリングサービス3つ
  • タイムズカーシェア(旧:タイムズカープラス・タイムズ24株式会社)
  • オリックスカーシェア(オリックス自動車株式会社)
  • Careco(三井物産グループ)

有名なカーシェアリングサービスの1つがタイムズカーシェアなんです。タイムズと言えば、駐車場やレンタカーのサービスを行っていることでも有名ですね。

なお、タイムズカーシェアは2019年4月末までは「タイムズカープラス」という名前でしたが、2019年5月1日から名前が変更されています。

アメックス会員は、このタイムズカーシェアに初期費用無料で入会できます。初期費用というのは、具体的にいうと会員カード発行手数料のことです。

タイムズカーシェアは車を利用するときに会員カードで解錠・施錠します。このカードの発行手数料として普通なら1,550円(税込)がかかりますが、アメックスを持っていればこのカード発行手数料が無料になるわけです。

「タイムズカーシェアは有名なカーシェアリングサービスなのはわかった。
それで、具体的にどんなサービスなのかくわしく教えて!」

そう感じている方が多いと思いますので、ここからはタイムズカーシェアがどんなサービスなのか?くわしく説明します。

全国6,000か所以上のタイムズで利用可能

タイムズカーシェアは、全国6,000か所以上のタイムズ駐車場で利用できます。タイムズ駐車場にカーシェアリングサービス用の車が用意されている(タイムズはステーションと呼んでいます)ので、会員カードを使って解錠して車を使い、また元の駐車場に返却すればOK。

もし自宅近くのタイムズでカーシェアリング用の車が用意されていれば、普段の買い物にも手軽に利用できますね。

ただ、全国6,000か所は多いのか少ないのかよく分からない数字です(汗)管理人の感覚としては、多いほうなんじゃないかな?と感じています。

管理人がよく訪れる奈良県の人口10万人程度の都市でも複数のステーションがあるぐらいですから。そのため、地方都市にお住まいの方でも比較的利用しやすいんではないかと思います。

なお、タイムズカーシェアのステーションはタイムズカープラス公式サイト「ステーションを探す」で検索できます。

PCやスマホから予約するだけで利用できる

スマホアプリで駐車場の検索や予約が簡単にできるのがメリット

タイムズカーシェアを利用するには、前もって予約が必要です。予約はPCやスマホから行うだけと簡単な上、車さえ空いていれば実際に車を利用する3分前までに予約すればOKです。

そのため、急に車で出かけなければならない用事ができたときでも便利です。

タイムズカープラスとレンタカーとのちがい

ここまでの内容だと、

「カーシェアリングサービスについては分かった。
けど、レンタカーとのちがいはわかったようなわからないような…」

確かにレンタカーの方がメジャーなサービスなので、カーシェアリングサービスがレンタカーと何がちがうのかを具体的に説明した方がわかりやすいですね。この2つのサービスで大きく異なるのは、主に次の3つのポイントです。

タイムズカーシェアとレンタカーの大きなちがい3つ
  1. 24時間いつでも利用可能
  2. 窓口での面倒な手続きが不要なのでスムーズ
  3. キャンセルは1分前まで無料でOK

先ほども説明したとおり、タイムズカーシェアはPCやスマホで予約すれば、あとは会員カードを使って車を解錠して利用し、利用が終わればもとの駐車場に返して施錠、これだけです。

1.24時間いつでも利用可能

レンタカーのように窓口で免許証を提示したり支払いを済ませる手間がかからないため、24時間いつでも利用できるのが大きなメリットです。レンタカーなら予約はインターネットでいつでもできるものの、車を借りたり返却するのは営業時間内に限られています

そのため、早朝や深夜でもサービスを利用できるというわけですね。

2.窓口での面倒な手続きが不要

また、レンタカーは車を借りる前に免許証の提示や料金支払いなどの手続きを済ませる必要があります。あの手続きは、意外と面倒に感じている人も多いのではないでしょうか?少なくとも管理人は面倒です(笑)

タイムズカーシェアなら、インターネットでの予約が済めば勝手に駐車場から車を借りてOKです。利用料金は登録しているクレジットカードから支払われます。

3.キャンセルは1分前でも無料でOK

また、キャンセルも予約時間の1分前までなら無料というのも魅力です。レンタカーならキャンセル料金が発生する場合があるのも気軽に利用しづらい理由の1つです。

その点タイムズカーシェアなら直前までキャンセル料がかからないため、

「もしかしたら使わないかもしれないけど、とりあえず予約しておこう!」

という軽いノリで予約することができます。予約しやすいのはとても活用しやすいサービスだと言えますね。

利用料金は15分単位と割安

さて、気になるタイムズカーシェアの利用料金。ここまで何度か説明したとおり15分単位という設定なので、短時間の利用ならレンタカーよりも大きく割安になります。

レンタカーなら6時間単位での料金設定なので、特に7〜8時間の利用だと割高になってしまいます。でも、タイムズカーシェアなら15分単位なのでそのようなことはありません。

基本的には15分単位のショート料金

具体的には、タイムズカーシェアは15分につき15分206円(車種によっては412円。どちらも税込)からの料金となっています。この料金さえ支払えば、以下のような料金を負担する必要は一切ありません。

タイムズカーシェアで支払わなくてもよい料金
ガソリン代 自動車保険代 駐車場代 整備費用 保険料

レンタカーはガソリン代を負担しなければならないことを考えると、細かい部分ではありますが割安感があります。

そのため、1時間の利用で824円、6時間なら4,944円になりますね。これなら日常的に手軽に利用しやすい金額ではないでしょうか?

6時間単位でのパック料金もあるけど。。。

また、レンタカーのように6時間や12時間単位でのパック料金もあります。ただ、12時間以上の利用だとレンタカーの方が安くなる場合があるので、料金を比較することをオススメします。

とりあえず6時間予約して利用することをオススメ
タイムズカーシェアを利用するときは、短時間の利用であってもとりあえず6時間での予約がオススメです。

「とりあえず」と言うと適当な感じがしますが、これにはちゃんとした理由があります。

タイムズカーシェアはもしも利用時間を延長したいときは、車のナビで延長手続きができます。ただ、次の人がすでに予約していると延長できません

そして、タイムズカーシェアの料金は予約開始時間から実際の利用終了時間までで計算されます。6時間で予約しても仮に実際の利用時間が15分なら、15分の料金だけを支払えばOKなんです。

そのため、6時間という長い時間予約するデメリットは一切なく、メリットしかありません。

なお、タイムズカーシェアの料金を表にまとめると、以下のようになります。

ショート料金

クラス 車種 ショート料金 距離料金
ベーシック デミオ、プリウスなど 206円/15分 なし
プレミアム Audi、MINIなど 412円/15分

パック料金

メニュー 時間帯 パック料金 距離料金
6時間パック なし 4,020円 なし
12時間パック 6,690円 16円/km
24時間パック 8,230円
アーリーナイトパック 18:00~24:00 2,060円
レイトナイトパック 24:00~翌9:00 2,060円
ダブルナイトパック 18:00~翌9:00 2,580円

12時間のパック料金だと6,690円に加えて走行距離による料金もプラスされます。そのため、レンタカーの方が安くなることがあるので要注意です。

タイムズレンタカーが最大25%OFF

タイムズレンタカーで最大25%OFF

また、タイムズカーシェアリングサービスの会員になっていると、タイムズレンタカーの通常料金が最大25%OFFになるという特典もあります。

先ほどタイムズカーシェアは12時間以上の利用ならレンタカーよりも割高になる恐れがあると説明しました。そんなときは、タイムズレンタカーの料金と比較して料金が低い方を利用すればお得ですね。

ただ、タイムズレンタカーはほかのレンタカー会社とくらべると利用できる店舗が少ないので、タイムズカープラスよりも利用しづらいのが実際のところです。

でも、もしも自宅近くにタイムズレンタカーがあれば活用できます。

タイムズカーシェアのデメリット

ここまでタイムズカーシェアのメリットを中心に紹介してきました。でも、当然ですがどんなサービスでもデメリットはあります。

そこでここからは、タイムズカーシェアのデメリットを説明します。前もってデメリットを理解しておけば、さらに便利にタイムズカーシェアを利用できることは間違いありません。

ステーションが遠いと不便

タイムズカーシェアは、全国6,000か所以上のタイムズにステーションがあります。全国の大都市はもちろん、そこそこな規模の地方都市にもステーションがあるので利用しやすいとは思いますが、自宅近くにステーションがない可能性も十分にあります。

タイムズカーシェアを利用したい方のほとんどは車を持っていないと思いますので、自宅近くにステーションがなければ利用しづらいサービスになってしまいます(泣)

ただ、管理人のように普段は高年式の軽四やバイクに乗っていて、必要なときだけ普通車を利用したい方なら、自宅から多少遠くても活用できる可能性は十分にあります。

月額料金1,030円が必ずかかる

タイムズカープラスの会員になると、月額基本料金954円+税が必ずかかります

この月額料金は利用代金に充当できるので、毎月1時間15分以上タイムズカーシェアを利用すれば実質無料となりますが、逆に利用時間が短いと月額料金をいくらか負担する必要があります。

そのため、タイムズカーシェアは定期的にカーシェアリングサービスを利用する方のためのサービスだと言えますね。

長時間の利用はレンタカーの方が割安

ここまで何度か説明しているとおり、タイムズカーシェアは15分単位で料金がかかるため、短時間の利用だとレンタカーよりも割安になります。

ただ、12時間以上の利用だとレンタカーとほとんど変わらない料金になる上、走行距離に応じての料金も必要です。そのため、12時間以上の利用ではタイムズカーシェアとレンタカーとの料金比較を推奨します。

使いたいタイミングで使えない事がある

タイムズカーシェアは、タイムズの駐車場に置かれている車をみんなで共有して予約・利用するサービスです。そのため、タイミングによっては車が利用できないこともあります。

予約がいっぱいだと利用できないのはレンタカーも同じなのです。ただ、タイムズカーシェアは1つの駐車場に用意されている車が数台と少ないため、利用できない確率が上がってしまうわけです。

そのため、なるべく早めの予約をオススメします。

必ず元の駐車場に返す必要がある

車を片道だけ使いたい場合、レンタカーなら別の営業所に車を返すこともできます。しかし、現状タイムズカーシェアは、必ず借りた駐車場に車を返さなければならないので往復で車を利用しなければなりません。

全国に駐車場があるタイムズが運営しているサービスなので、今後は片道だけの利用ができるようになれば嬉しいですね。

全車禁煙になっている

タバコを吸わない人にはむしろメリットかもしれませんが、タイムズカープラスの車は全車禁煙となっています。タバコを吸う人が喫煙車を借りたいと思っても用意されていないので注意しましょう。

「絶対に喫煙車でないと困る!」という方は、レンタカーの喫煙車を借りるという選択肢しかありません。

ここまで挙げたように、タイムズカーシェアにもいくつかのデメリットがあります。しかし、定期的に日常の買い物やドライブなどで使う車を借りるのなら、手軽で便利なのではないでしょうか?

レンタカーで割引が受けられるアメックス

ここまで説明したタイムズカーシェアは、アメックスがあれば初期費用無料で入会することができます。

アメックスはたくさんの種類のカードが発行されていますが、この特典は以下9種類のカードで利用できます。つまり、アメックスが直接発行しているカードならすべてOKです。

また、この特典は本カードはもちろん、家族カードも対象です。そのため、ご夫婦やご家族でタイムズカーシェアの会員になりたいと考えているならお得ですね。

タイムズカーシェアの申し込み方法

アメックス会員サイトからの申し込みで優待が受けられます

アメックスのタイムズカーシェアでの優待特典を受けるためには、まずはアメックスカードを手に入れる必要があります。その上で以下のアメックス会員専用サイトから申し込むことが条件です。

アメリカン・エキスプレス公式サイト−タイムズカープラス「ご優待特典のご案内」

このページからタイムズカーシェアに申し込むことにより、カード発行手数料が無料となります。また、利用料金の支払方法にアメックスのカードを指定する必要があるので注意しましょう。

普通にタイムズカーシェアに入会すると、支払いのクレジットカードをアメックスを指定したとしてもカード発行手数料がかかってしまいます。ですから、必ず上記からタイムズカーシェアに申し込むようにしましょう。

カーシェアリングサービス利用のためのおすすめアメックス

タイムズカーシェアのカード発行手数料の特典を利用するためにはアメックスのカードが必要です。

では、カーシェアリングサービスと相性のよいアメックスは一体どれなのかというと、タイムズカーシェアを日常生活で利用するのか、それとも国内旅行や出張でレンタカーの代わりに利用したいのかによって変わります。

以下では、これらの用途に応じたおすすめアメックスを紹介していきます。

1.アメックス・グリーンは日常での利用にオススメ

アメックス・グリーンカーシェアリングサービスを日常生活で利用するなら、アメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックス・グリーン)がオススメです。

このカードは年会費12,000円+税と、もっともスタンダードなアメックスです。日常生活での買い物に年間500万円という手厚いショッピング保険であるショッピング・プロテクションが適用される上、紛失・盗難や不正利用の補償なども充実しています。

そのため、アメックス・グリーンはカーシェアリングサービスで借りた車でアメックスを使っての買い物に適しています。

年会費 12,000円+税
家族カード年会費 6,000円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど15社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、入会から3ヶ月以内のカード利用で最大10,000ポイントプレゼント!

2.ANAアメックスはカーシェアリングサービスの利用料金でANAマイルが貯まる

カーシェアリングサービスを国内旅行や出張で利用する機会が多く、またANAマイルを貯めるならANAアメリカン・エキスプレス・カード(通称:ANAアメックス)がオススメです。

このカードは、ANA便の搭乗でボーナスマイルが得られる上カード利用で貯めたポイントは高レートでANAマイルに移行できます。

そのため、ANA便での国内旅行や出張先でタイムズカーシェアを利用する方や、普段からANAマイルを貯めているという方にオススメです。

年会費 7,000円+税
家族カード年会費 2,500円+税
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高200万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANA
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、最大10,000マイルのボーナスマイルが!

3.アメックス・ゴールドはレストランやショッピングでの優待多数

アメックス・ゴールドカーシェアリングサービスを利用してレストランでの食事や買い物の機会が多い方には、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックス・ゴールド)という選択肢もあります。

このカードは申し込みができるアメックスの中でもっとも付帯サービスが充実しています。具体的には対象レストランのコース料理が1名分無料になる招待日和をはじめ、レストランやショッピングでの割引優待が多数用意されています。

年会費は29,000円+税とアメックスの中でも高額ですが、充実した優待サービスを活用することができれば決して高い金額ではありません。

年会費 29,000円+税
家族カード年会費 12,000円+税←1枚目は永年無料
入会資格 満20歳以上で安定した収入があること
限度額 審査により個別に決定
海外旅行保険 最高1億円(利用付帯)
国内旅行保険 最高1億円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
マイル移行可能な
航空会社
ANAなど15社
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、
入会後6か月以降に申し込みにより利用可)
発行日数 2〜3週間
キャンペーン実施中!!

当サイトを経由してカードをお申し込みいただくと、入会から3ヶ月以内のカード利用で最大20,000ポイントプレゼント!